テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/08/14
テレビ朝日 【ワイドスクランブル】
「白人至上主義」に怒り!全米で反対デモ拡大



関連記事
08/17(木)
(BS1[ワールドニュース アメリカ])
アメリカンフラッシュポイント
バージニア州シャーロッツビルの集会で起きた事件。
亡くなった女性の追悼式が行われた。
ナチス信奉者が反対派の群衆に車を突入させた際、犠牲になった。
ボルティモアでは夜間、南部連合のモニュメントが撤去された。
Cピュー市長は「南部連合の彫像などがある市はどこでも暴力が起こる懸念がある」と話した。
ニューヨーク市では南軍・ロバートリー将軍の記念碑が取り外された。
アラバマ州バーミングハムでは市長が南北戦争のメモリアルを隠すよう命じたが、州の司法長官は「法的措置を取る」としている。
トランプ大統領は15日の記者会見でモニュメント撤去について「今週は南軍・リー将軍とジャクソン将軍、この後はジョージワシントンやトーマスジェファーソンの番か」と語った。
ボストンでは19日に集会が予定されている。
Mウォルシュ市長は「ボストンに来るつもりのヘイトグループに伝える。
あなたたちを歓迎しない」と語った。
遺族、ジョージア州立大学講師・Mロリンソン、ボストンフリースピーチ連合、アンサー連合、ボストン市議会議員候補・Aカマチョのコメント。
奴隷制、ネオナチ、白人至上主義者、ユダヤ人、イスラム教徒、人種差別、宗教、極右、KKKについて言及あり。
08/17(木)
(BS1[ワールドニュース アメリカ])
アメリカンフラッシュポイント
バージニア州シャーロッツビルの集会で起きた事件。
トランプ大統領の発言に対して「白人至上主義者を擁護するのか」と非難の声が上がっている。
今週末にボストンで予定されている集会でも同じような衝突が起きるのではと、懸念する人もいる。
大統領の発言は大きい反発を招いている。
ビジネス界、宗教界、軍のリーダーたち、FOXニュースも。
大手企業リーダー11人が大統領の助言機関・製造業諮問評議会から辞任。
ホワイトハウスは評議会を解散せざるを得なくなる。
11月の大統領選挙本選でトランプ大統領を支持していたキリスト教福音派からの信頼も緩んでいる。
モーア大統領顧問はトランプ政権の対応を「助けにならない。
感情的すぎる。
無神経だ」と形容。
共和党保守派からも大統領の道徳的な曖昧さを非難する声が上がっている。
黒人共和党上院議員・スコット議員は「大統領はこの国の歴史を忘れている」と非難。
保守系団体・CLブライアントのコメント。
ネオナチ、左派、人種差別、ドイツ、極右について言及あり。
08/17(木)
(TBSテレビ[Nスタ])
米国・白人至上主義・波紋・経済界でもトランプ離れ
米国・バージニア州での衝突のトランプ大統領の対応への反発が米国各地で広がっている。
トランプ大統領が政権発足時に新設した大企業トップらの助言組織「米国製造業協議会」。
組織のメンバーの3分の1にあたる8人が16日までに辞任を表明した。
経済界でのトランプ離れが加速している。
こうした中、SNSでは事件直後にオバマ前大統領が投稿したツイッターに共感が集まっている。
オバマ前大統領は人種差別と闘った南アフリカ・マンデラ元大統領の言葉を引用した。
ツイッター史上最多670万件の「いいね」を獲得した。
トランプ大統領の反発はブロードウェイでも。
マイケルムーア監督が白人至上主義をめぐるトランプ大統領の姿勢について言及。
ムーア監督は自らが脚本を担当している舞台「私が降伏する条件」の中でトランプ政権によってもたらされた混乱を伝えている。
ニューヨークの映像。
宗教、ホワイトハウスに言及。
本日の「ワイドスクランブル」...

テレビえんすぽ テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.