テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/08/14
BS1 【ワールドニュース】
<オーストラリア・ABC>北朝鮮ミサイル発射・グアム標的に
関連動画
グアム観光局が来日会見 普段通り、安全アピール(17/08/21) (再生)
北朝鮮によるグアム島付近へのミサイル発射計画を受け、グアムの政府観光局長が来日し、安全性をアピールしました。 グアムへの観光客は日本人が全体の45%を占め、日本は最大のマーケットです。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

鳥取・琴浦町で弾道ミサイルを想定した住民避難訓練 (再生)
北朝鮮の弾道ミサイル飛来を想定した住民避難訓練が19日、鳥取県琴浦町徳万地区で行われた。北朝鮮は、米領グアム周辺への弾道ミサイル発射計画で中四国上空の通過を予告しており、住民ら約120人は真剣な表情で訓練に臨んだ。同地区のみどり保育園では、保育室で遊んでいた0~4歳の園児14人が保育士に連れられホールに走って避難。サイレンの音など異常な雰囲気に泣き出す子が多く、保育士が懸命になだめていた。

ミサイル対応自治体に説明 政府、発射備え態勢整備 (再生)
北朝鮮による米領グアム周辺への弾道ミサイル発射計画を受け、政府は17日、47都道府県の防災や危機管理の担当者に対し、全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達方法や自衛隊の対応に関する説明会を東京都内で開いた。
関連記事
08/22(火)
(日本テレビ[Oha!4])
北朝鮮が米韓軍事演習を非難・さらなる軍事挑発の可能性も
北朝鮮との有事を想定した米国軍と韓国軍の軍事演習が始まった。
これに対し北朝鮮の公営メディアは昨夜核戦争の火を放つことに目的があると非難した。
朝鮮中央通信は「朝鮮半島に核戦争の火を放つことに凶悪な目的がある」と非難した。
さらに米国の高官らが演習を視察するため韓国入りしたことなどを指摘し「戦争狂の無差別な騒動で予測できない危機に陥っている」と主張した。
北朝鮮は合同演習への反発を強めさらなる軍事挑発に出る可能性も指摘されている。
一方でミサイル発射計画発表後「米国の行動見守る」と様子見の姿勢に転じていて今後の対応を見極めている。
2013年の演習、ハイトン戦略司令官、宋永武国防相、グアムの映像。
08/21(月)
(BS1[BSニュース])
米韓合同演習・北朝鮮の軍事的挑発に警戒
北朝鮮がグアム島周辺に向けた弾道ミサイルの発射計画を明らかにしている中、米韓合同軍事演習がきょうから始まった。
グアム島では食糧や飲み物を備蓄。
窓ガラスが割れないように固定するシートを購入し、不足事態に備えている住民もいる。
韓国を訪れたのは、アジア太平洋地域を統括する米国太平洋軍のトップ・ハリス司令官。
毎年春、夏に行われる定例の合同軍事演習の1つ。
コンピューターを使った指揮系統の連携確認など図上演習が中心。
実際に部隊動員の春の訓練とは異なる。
米軍からの参加は去年より約7500人少なく、これ以上の緊張招かないためのメッセージとの見方。
米国・マティス国防長官は、演習の目的について、韓国の防衛のための演習。
北朝鮮はそれを知っていると述べた。
きょうの北朝鮮では集団で旗を振る女性の姿。
街中には米国を挑発するポスター。
「われわれの答えだ」というポスターとともに米国議会をミサイルで攻撃する様子が描かれている。
北朝鮮の国営メディアは合同軍事演習について“米が核の戦略兵器動員すればするほど核開発の道を前進していく”と強く反発。
演習期間中に弾道ミサイル発射。
韓国・ムンジェイン大統領は「北の挑発が続くため軍事演習が繰り返される悪循環を北は認識すべきだ」と述べた。
合同軍事演習は31日まで。
各国挑発に警戒強める。
グアム島、韓国ソウル・米国太平洋軍・入る司令官、資料、去年の米韓合同軍事演習、北朝鮮・ピョンヤン、労働新聞、朝鮮中央テレビ・金正恩委員長、弾道ミサイルの映像。
一般の方のコメント。
08/21(月)
(テレビ朝日[橋下×羽鳥の番組])
コメント力No.1決定戦SP・北朝鮮と米国は戦争になる?
ミサイル発射実験を続ける北朝鮮に対してトランプ大統領は強い口調で警告。
これに対し北朝鮮は中長距離弾道ミサイル4発を発射しグアム島周辺に攻撃する計画を発表。
米・トランプ大統領のコメント。
お題「北朝鮮と米国戦争に発展する可能性は?そして日本の取るべき対応とは?」観客から1番支持を得たのはカンニング竹山。
木村太郎「トランプ大統領はわざと威圧的な対応をしている。
米国は北朝鮮にうまく対応している。
米国と北朝鮮の戦争を日本は止められない。
日本は米国の軍事力に頼りか傍観するしかない」、小島慶子「いろんな不測の事態で戦争になる可能性もある」、西村博之「トランプ大統領はもっと早く北朝鮮を攻撃しておくべきだったとしている。
米国は先に攻撃する国」、カンニング竹山「戦争になる可能性がある。
平和憲法が日本の武器。
日本は外交努力をもっとするべき」、橋下徹「可能性は常にあると考えるのが大切。
北朝鮮の攻撃力と日本の防衛力を知るべき」とスタジオコメント。

テレビえんすぽ テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.