JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年12月11日(月)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/10/13
NHK総合 【ニュース・気象情報】
ロンドン高層住宅火災・支援でオークション開催へ

関連記事
12/11(月)
(BS1[ワールドニュース アジア])
パレスチナ・赤新月社によると、10日にエルサレム西岸地区・ガザ地区で起きた衝突でパレスチナ人157人が負傷。
ダマスカス門前の広場では「エルサレムをイスラエルの首都と認める」とした米国・トランプ大統領の決定に対する抗議を行っていたパレスチナ人について、イスラエル軍が排除を試みた。
ラマラ北部などでもイスラエル軍とパレスチナ人の衝突が発生。
イスラエル軍は実弾や催涙ガス弾を発射した。
抗議はレバノン、エジプト、ヨルダン、アルジェリア、チュニジア、モロッコ、スーダン、カタール、インドネシア、パキスタン、トルコでも行われている。
英国・ロンドン、ドイツ・ベルリン、デンマーク・コペンハーゲンなど欧州各地や、ブラジル・サンパウロでも抗議が行われた。
12/11(月)
(BS1[ワールドニュース])
ジョンソン外相がイラン・ロウハニ大統領と会談し、イランで収監されている二重国籍を持つ英国人の釈放を求めた。
その中には、スパイ容疑を賭けられた女性もいる。
英国とイランの協議についてリポート。
両国では様々な問題が話し合われた。
銀行に関して、イランは2つ懸念している。
1つ目は、ロンドンのイラン大使館が銀行口座を開設できないこと。
2つ目は、イランが英国に科している借金の返済。
12/11(月)
(BS1[ワールドニュース])
ジョンソン外相がイラン・ロウハニ大統領と会談しイランで収監されている2重国籍を持つ英国人の釈放を求めた。
その中にはスパイ容疑を掛けられた女性も含まれる。
ジョンソン外相はテヘラン訪問は価値があったと述べ女性の夫は妻がクリスマスには帰国できるよう望んでいると語った。
英国とイランの協議の進展について外相は慎重でイランにいる間は何も公式に発言しようとしないが英国外務省は声明を出し銀行問題や二重国籍者への扱いの懸念を様々な問題を話し合ったとした。
銀行に関してイランは2つ懸念している。
1つ目はロンドンのイラン大使館が銀行口座を開設できないこと。
英国の銀行が米国とのトラブルを恐れているため早期解決が可能。
2つめは英国はイランに4億ポンドの借金がありイランは返済を要求。
制裁に違反せずに返済する方法も合意に近づいているようだ。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング
注目番組