テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/10/13
NHK総合 【ニュース・気象情報】
JR常磐線・品川駅までの直通電車・増加
関連動画
「気付いたら線路にいた」 87歳男性が放置した軽トラックと列車が衝突 JR後藤寺線 福岡県  (17/10/17 11:45) (再生)
17日早く、田川市のJR後藤寺線で軽トラックと回送列車が衝突する事故があり、およそ3時間にわたって運転見合わせとなりました。警察やJRによりますと、17日午前5時半すぎ、田川市弓削田のJR後藤寺線で、線路に放置されていた軽トラックと下りの回送列車が衝突しました。列車に乗客は乗っておらず、運転士にもけがはありませんでした。軽トラックを運転していた川崎町の87歳の男性は、調べに対し「道に迷って気付いたら線路にいた。車が動かなくなったので後から連絡しようと思って自宅に戻った」などと話しているということです。この事故で後藤寺線はおよそ3時間にわたって運転見合わせとなりましたが、17日午前11時現在は通常通り運行されています。警察は、軽トラックを放置した男性からさらに話を聞くなど、事故の状況を詳しく調べています。

復元される旧国立駅舎 活用について市民が意見交換 (再生)
東京・国立市のシンボルとなっていた赤い三角屋根のJR中央線旧国立駅舎が2020年に復元されることを受け、復元後どのように活用していくか市民の声を聞く意見交換会が開かれました。旧国立駅舎はJR中央線の高架化に伴って約10年前に解体されました。その後、国立市は市民の声を受けて旧駅舎を復元する計画を進め、2020年春に駅舎が街に戻ってくる予定です。月14日に開かれた意見交換会には市民30人が参加しました。市民からは駅舎で音楽イベントを開くといったアイディアや歩行者天国を作るといったアイディアなど復元される旧駅舎をシンボルに街全体を盛り上げるためのさまざまな意見が出ていました。市は10月17日にも意見交換会を開く予定で、集まった意見は市のホームページに掲載されるほか、復元する際に盛り込まれるということです。

【CBC News】JR東海社長 データ改ざん「極めて遺憾」 (再生)
神戸製鋼が強度のデータを改ざんして出荷したアルミ製品が、東海道新幹線にも使われていた問題について、JR東海の柘植康英社長は、「極めて遺憾なこと」と話しました。 「誠に遺憾、極めて遺憾なことであると受け止めています」(JR東海 柘植康英社長) 神戸製鋼がデータを改ざんして出荷した製品は、東海道新幹線の台車の部品に使われていますが、柘植社長は、11日の会見で、設計上、十分な強度があることを確認したと述べました。 「データを確認したところ安全に影響はない」(JR東海 柘植康英社長) JR東海は、今後、定期検査などの際に対象の部品を交換する方針です。(11日18:36)

テレビえんすぽ テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(全ジャンル)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.