テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/10/13
NHK総合 【ニュース7】
神戸製鋼・データ改ざん・新たに改ざんなど出荷先は500社に
関連動画
記者会見する神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長 (再生)
神戸製鋼所は13日、データ改ざん問題に関し、鋼線や特殊鋼など新たに9製品で改ざんや検査の未実施といった不正があったと発表した。製品の出荷先はこれまでに不正が判明した製品分も含め、計500社程度に拡大する。これまで否定していた主力の鉄鋼製品でもデータ改ざんなどが行われていたことで、取引先の不信感が一段と強まるのは必至だ。 川崎博也会長兼社長は東京都内で記者会見し、一連の問題について「不適切行為で多大なご迷惑をかけ、おわびする」と謝罪した。新たな不正は「取締役会でも報告され、(以前から)認識していた」としたが、隠蔽(いんぺい)の意図は否定。経営責任に関しては「安全性の検証や、原因と対策に全力を注ぐ」と述べるにとどめた。【時事通信映像センター】映像素材の購入はこちらから https://www2.jiji.com/f/enq/form.php?pid=kiji

神鋼社長、データ改ざん謝罪 新たな不正の可能性も (再生)
アルミニウム製品の性能データを改ざんしていた神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長が12日午前、経済産業省で多田明弘製造産業局長と面会。川崎氏は不正の経緯を報告、謝罪した。記事詳細://www.47news.jp/news/2017/10/post_20171012111243.html
関連記事
10/18(水)
(フジテレビ[みんなのニュース])
日産車体湘南工場(神奈川・平塚市)で、国土交通省からの指摘を受けた後も無資格の従業員が検査を実施していたことがわかった。
完成車両の検査で一部資格のない従業員が検査を行っていた。
山三・棚橋正一整備検査員「ハンドルは人の命に関わる部分で重要」。
山三では資格を持つ整備士が国の定める基準で車の整備・検査を行っている。
日産・西川社長(2日)「工場の検査工程は9月20日以降全て登録認定検査員で100%そういう状況」。
しかし謝罪後今月11日まで無資格検査が行われていた。
自動車評論家・国沢光宏「認識が甘かった」。
日産は今回新たに無資格検査が明らかになった3800台についてはリコールを行わない方針。
国土交通省は今月末をめどに再発防止策の報告を求める。
日産車ユーザーにインタビュー。
日産車体のHP、東京江東区・山三の映像。
東洋ゴム工業の免震ゴムデータ偽装、化血研の血液製剤の未承認製造、旭化成建材の杭打ちデータ偽装、三菱自動車の燃費データ改ざん、日産自動車の新車の無資格検査、神戸製鋼の性能データ改ざんについて。
経済同友会・小林喜光代表幹事「日本のモノづくりの高いクオリティーがここ数年音を立てて崩れつつある」。
ジャーナリスト・鈴木哲夫スタジオコメント。
10/18(水)
(日本テレビ[Oha!4])
神戸製鋼が検査データを改ざんしていた問題で、こうした不正が数十年前から行われていた可能性が高いことが、関係者への取材で明らかになった。
複数の管理職が不正に関与するなど、不正は組織的に行われていたことになる。
一方この問題で米国の司法当局もデータ改ざんを問題視し、神戸製鋼に虚偽データに関する書類を提出するよう求めるなど影響が広がっている。
神戸製鋼は米国のGMやフォード、ボーイングなどに製品を納入していて影響は海外にも広がっている。
資料:米国司法省。
10/18(水)
(日本テレビ[Oha!4])
神戸製鋼が検査データを改ざんしていた問題で、こうした不正が数十年前から行われていた可能性が高いことが、関係者への取材で明らかになった。
複数の管理職が不正に関与するなど、不正は組織的に行われていたことになる。
一方この問題で米国の司法当局もデータ改ざんを問題視し、神戸製鋼に虚偽データに関する書類を提出するよう求めるなど影響が広がっている。
資料:米国司法省。

テレビえんすぽ テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(全ジャンル)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.