テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/10/14
フジテレビ 【めざましどようび】
イランの核合意「順守認めず」トランプ大統領が表明

Globali 海外メディア
米入国禁止令、有効となる直前に再び裁判所により差し止め
米国抜きの11ヵ国による新たなTPP枠組みが来月明らかに【米・英国メディア】
米長者番付、ビル・ゲイツ氏が24年連続トップ、トランプ大統領は順位下げる
トランプ大統領、アジア初歴訪時にドゥテルテ大統領と会談予定も、人権問題は話題にせず(?)【米・フランス・フィリピンメディア】
イラン核合意から離脱と発言するトランプ大統領に、米高官・EU代表のみならずイランまでも揺さぶり【米・英・フランス・ロシア・中国メディア】
関連動画
「メキシコ国境の壁」試作はできたが、実物は不透明(17/10/18) (再生)
アメリカのトランプ大統領が目玉政策に掲げるメキシコとの国境の壁の建設ついて、その試作品が公開されました。 国境の壁の試作品は高さと幅がそれぞれ9メートルで、コンクリート製や鉄製など合わせて8種類がまもなく完成します。トランプ大統領が提案した太陽光パネルを設置した壁はありません。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/
関連記事
10/18(水)
(日本テレビ[情報ライブ ミヤネ屋])
北朝鮮の挑発が懸念される中、中国共産党大会が開幕。
元国連・北朝鮮制裁委員会メンバー・古川勝久(テロ対策・大量破壊兵器・危機管理のスペシャリスト)が、スタジオで新たな暴挙の可能性、北朝鮮情勢について解説。
金正恩委員長“斬首作戦”は、まさかの危機。
北朝鮮からとみられるハッキング攻撃によって、斬首作戦の内容が記された「作戦計画5015」を含む軍事機密文書が大量に流出していた。
流出した内容は、金正恩委員長など北朝鮮指導部の移動状況、北朝鮮指導部の隠れ、空中強襲作戦、北朝鮮指導部を確保。
除去した後の離脱。
今後の展開について、ティラ^ソン国務長官は「トランプ大統領は、戦争を目指しているわけではない。
最初の爆弾が落ちるまで、外交努力は続く」とコメント。
CNNによると、北朝鮮はミサイルが完成するまでは米国政府と交渉する考えはないとみられる。
今月~来月の東アジアの主な日程は、米韓合同軍事演習、中国共産党大会など。
オランプ大統領は来月、日本・韓国・中国を訪問予定。
(中継)東京・ミヤネ屋汐留st。
弁護士・本村健太郎は「Jアラートは見たくない」、アンミカは「国のトップに侮辱の言葉を使うのは、ありえない」とスタジオコメント。
■予告・超危険・世界の悪質ドライバー。
10/18(水)
(TBSテレビ[ひるおび!])
北朝鮮・朝鮮中央テレビで「愛好家競馬がし烈に繰り広げられた」と放送。
15日、平壌近郊で競馬が開催。
金正恩党委員長は乗馬クラブの建設中、10回以上視察。
コリアレポート・辺真一編集長は「外で外貨が手に入らないと北朝鮮国内で外貨を持っている富裕層たち、ここらへんをターゲットにして外貨を調達」。
一方、オランダツアー会社「Culture Road」による北朝鮮10日間の旅。
約40人のツアーで、一人あたり約20万円。
米国・CNNテレビは、北朝鮮当局者の話として「地上での核実験とグアムまたはそれ以上の距離が射程に入る発射実験が必要」と伝えた。
当局者によると、米国・韓国合同軍事演習かトランプ大統領のアジア歴訪中に実験の可能性。
金日成主席、金正日総書記の映像。
Martin Smolder撮影。
10/18(水)
(日本テレビ[スッキリ])
「コリアレポート」編集長・辺真一によるスタジオ解説。
中国ではきょうから1週間、共産党大会が行われる。
米韓合同軍事演習も行われている。
来月、米国・トランプ大統領が東アジアを歴訪する。
来月5、6日に日本、7日に韓国、8日に中国を訪問予定(10日にベトナム、12日にフィリピン)。
ミサイル発射、核実験の可能性について、辺真一によると、共産党大会期間中は避ける可能性がある。
攻撃を誘発しかねない。
中国は北朝鮮に原油の供給を続けている。
辺によると、可能性が高いのはトランプ大統領が韓国に訪問する7日。
北朝鮮のミサイルは配備され待機段階となっている。
金正恩委員長は「史上最高の超強硬対応措置の断行を慎重に考慮する」と先月21日に声明。
国連でイヨンホ外相が超強硬対応措置とは太平洋上の水爆実験かもしれないと述べていた。
核実験、複数のミサイル発射などを連続的に行う可能性がある。
先月の新たな制裁決議は原油、石油精製品の輸出制限、繊維製品の禁輸、北朝鮮労働者の新規契約禁止。
北朝鮮は1995年の洪水により食糧不足が深刻化、3年間で約240万人が餓死(人口の10%)。
ワシントン、習近平国家主席、ティラーソン国務長官、米韓合同軍事演習、CNN、憲法、エネルギーに言及。
宮崎哲弥のスタジオコメント。

テレビえんすぽ テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.