JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年11月18日(土)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/10/18
TBSテレビ 【ゴゴスマ~GOGO!Smile!~】
Nスタ・どうなる投票率・若者は?「選挙割」など投票促す動きも・全国ニュースは午後5時50分から
関連動画
小池知事の盟友語る 突然の党代表辞任、希望の党の今後 (再生)
14日に「希望の党」の代表を辞任して都政に専念するとした小池知事ですが、都議会でも厳しい局面となりそうです。 希望の党の結党メンバーで、衆議院選挙後に政界を引退した若狭勝さんにTOKYO MX NEWSのスタジオで話を聞きました。 若狭さんは2014年の衆議院選挙で自民党から出馬し、比例で初当選しました。2016年の東京都知事選挙では、党が推薦する候補ではなく小池百合子氏を支援しました。その後、2017年7月には自民党を離党し、小池知事が代表を務めた「希望の党」の立ち上げに深く関わるなど、若狭さんの政治活動は、まさに小池知事と共にありました。<「都政専念」に都民は…> 希望の党の代表を辞任し「都政に専念する」とした小池知事の決断を、東京都民はどのように受け止めたのでしょうか。新橋駅前で聞きました。 都民からは「(代表辞任は)ちょっと無責任過ぎる。責任者として党を立ち上げ、途中で投げ出している。創業者責任というのであれば、最後までやるべき」「責任を持って党を運営していく気がなかったんだなという感じ。衆院選にも出なかったし。本来、党の代表であれば出るべきだった」「今後、知事には頑張ってほしい。豊洲などいろいろ問題はあるし、全然一つも東京が良くなっていないと思うので、都政に専念してもらいたい」「小池知事を応援していたが残念。衆院選に勝てなかったでしょ。それがうまくいっていれば小池さんの意図がつながったと思うけれど、ちょっとあの人数では…。都知事なのだから、都政に優先してもらいたい」など、さまざまな声が聞かれました。 希望の党の代表を突然辞任した小池知事について、また希望の党の人事や今後について、若狭さんが語りました。動画でご覧ください。

小池知事 「希望の党」代表辞任を表明 (再生)
東京都の小池知事が、自ら立ち上げた国政政党「希望の党」の代表辞任を表明しました。 代表辞任は、14日に開かれた希望の党の両院議員総会で小池知事が明らかにしました。この中で小池知事は「国政は国政の皆さんに任せたい。創業者の責任として代表でスタートしたが、これからは皆さまにお任せして、方向性は決まっているのでしっかりと進めてもらうことを基に、代表の座を降りて、しかるべき形でサポートできるようにしていきたい」と述べました。 衆議院選挙を前に自らが立ち上げた政党の代表を、わずか1カ月半で辞任することになりました。 衆院選を直前に控え、9月に小池知事が立ち上げた希望の党は、反自民の新たな受け皿として期待されましたが、民進党との合流を巡る小池知事の「排除します」発言から風向きが変わりました。 衆院選で希望の党は、東京の小選挙区の候補者23人のうち、当選者は1人だけで、比例代表でも3人の当選にとどまりました。それでも小池知事は「党を立ち上げた責任がある。これから次に国政を党として固めていく中で、代表を退くのはかえって無責任」として、党代表にとどまる意向でした。 しかし党の代表と都知事の二足のわらじによる都政停滞の懸念を指摘する声はやまず、都政に専念する意向を示していました。 結局、14日の両院議員総会で代表辞任を表明した小池知事は「1000万人が希望の党と書いた重みをみんなでシェアしたい。そして、希望の星として皆さん一人一人が輝くように必要なお手伝いをしたい。代表から離れるということで、玉木共同代表にこの後を任せたい」と、所属議員らに呼び掛けました。

都民ファ初の区議選で当選は1人だけ 葛飾区議選 (再生)
12日に東京・葛飾区で区長選挙と区議会議員選挙が行われました。翌日開票された結果、区長選挙は現職の青木克徳氏が3回目の当選を果たしました。一方、区議会議員選挙は、小池知事が特別顧問を務める都民ファーストの会が都議会議員選挙以外で初めての地方選に挑みましたが、当選は立候補した5人のうち、わずか1人にとどまりました。 葛飾区議会議員選挙は定数40に対し、59人が立候補しました。東京都の小池知事が特別顧問を務める地域政党・都民ファーストの会からは、初めての区議選に候補者5人が出馬しました。 小池知事は7月の都議選で大勝した当時、自らの政治塾に関するインタビューの中で「(塾生で)区市町村の議員や長に立候補したい人については、地域を考えながら進めたい」と述べ、区市町村の議会への進出に意欲を示していました。 しかし、小池知事は10月の衆議院選挙で、自らが代表を務める国政政党・希望の党が低迷したことを受け「知事の公務に専念する」として、今回の区議選では候補者の応援演説に立つことはありませんでした。11月2日の定例会見で「区議選の応援演説などアクションを取る予定は」と問われると「今のところ、予定を入れておりません」と答えていました。 開票の結果、都民ファーストの会の候補5人のうち、当選したのは臺(うてな)英明さん1人だけでした。 都民ファーストの会の候補の当選が1人にとどまったことについて、小池知事は「それぞれの運動が十分に乗らなかったということ。大変残念」とした上で「地方議会の議員は、より地域に密着している必然性もあるので、これからも都民ファーストの皆さんがより多くの活動をすることを期待している」と述べました。<葛飾区議選は「衆院選の勢い」そのままに> 葛飾区議選では、衆院選の結果を反映するかのように自民党、公明党が強さを見せました。政党別では、最も多い16人の候補者を擁立した自民党は12人が当選、公明党は9人全員が当選したのに対し、小池知事が事実上率いる「都民ファーストの会」は、7月の都議選の勢いはなく、5人の候補のうち1人だけが当選という結果になりました。<「風はない」 都民ファ候補が感じた選挙戦> 都民ファーストの会で唯一当選を果たしたのが、元職の臺英明さん(39)です。選挙戦は、都民ファーストを巡る「風の変化」を感じながらの戦いとなったようです。 葛飾区出身の臺英明さんは、民主党の葛飾区議会議員として2009年から1期務めましたが、前回の区議選では敗れ、今回は都民ファーストの会から出馬しました。 臺さんは街頭で「東京都議会の第1党・都民ファーストの会、小池知事としっかり連携ができる」として、「防災街づくりを考えた時、葛飾区の予算単体ではなかなか前に進めていくことはできない。東京都を使っていかなければならないという思いで、都民ファーストの会の立場を活用したい」と訴えました。 地域政党の都民ファーストの会は7月の都議選で小池知事が代表となり、55議席を獲得して都議会第1党に躍進しました。その後、特別顧問となった小池知事が10月の衆院選を前に「希望の党」を立ち上げると、都民ファーストの会は荒木代表が希望の党の決起集会に駆け付け「都民ファーストの会の所属議員は総力を挙げて、共に勝ち抜きたいと思っている」と語るなど、希望の党を全面的に支援しました。しかし、小池知事の「排除致します」発言などが影響して希望の党は失速し、衆院選で議席は伸びませんでした。 今回、都民ファーストから出馬した臺さんは、区内に吹く“風”が変化していると感じていました。臺さんは「都議選の時の“風”はない。都民ファーストの会の名前より、僕の名前を見て手を振ってくれる人が多くいる。自分を見てくれる人を増やしていかないと。風頼みではとても戦えないことは確か」と語りました。 臺さんは、地元地域などをくまなく歩き回り、子育てや教育に関する政策の充実などを訴えました。そして投開票の結果、2965票を獲得し、都民ファース
本日の「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」...
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
アクセスランキング
注目番組