JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年11月19日(日)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/11/12
BS-TBS 【週刊報道 LIFE】
米国・トランプ大統領アジア歴訪・際立つ“商談”

Globali 海外メディア
関連動画
米朝首脳の言い争いを非難 ドイツで“非核化”集会(17/11/19) (再生)
ドイツ・ベルリンで18日、世界の非核化を求める集会が行われ、核開発を進める北朝鮮とトランプ大統領の対応を強く非難しました。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

米原子力空母「ニミッツ」の艦載機FA18などの発着艦訓練を公開 (再生)
トランプ米大統領のアジア歴訪中に日本海で行われている米原子力空母3隻による異例の軍事演習について、米海軍は11月13日、朝日新聞など一部メディアに空母「ニミッツ」での訓練を公開した。
関連記事
11/19(日)
(テレビ朝日[ビートたけしのTVタックル])
「米国・トランプ大統領の狙いはお金?北朝鮮と揉めている方が良い?」「頭の中はビジネスだけ?トランプ大統領の本音は」「米国からの武器購入、価格は適正?」「日米が武器を売買、景気への影響は」「米国が注視するのは中国の動き」。
元外交官・孫崎享が「北朝鮮の脅威と言い、トランプ大統領は昨年より政府案を600億ドル上げ、議会の中でも北朝鮮の脅威が大変だと言った。
軍需産業が大儲けした」、上智大学教授・前嶋和弘が「トランプ大統領は国内の支持基盤を固めようとしている」、自民党参議院議員・山本一太が「トランプ大統領のアジア歴訪は貿易不均衡の是正が主の目的」、エコノミスト・武者陵司が「北朝鮮が武器、ミサイル開発ができるのは中国がバックにいるから。
米中貿易摩擦が起ころうとしている」、希望の党衆議院議員・渡辺周のスタジオコメント。
暴力団、韓国、米韓軍事演習、空母、爆撃機、ミサイル、核、共和党、中国、イージス艦、SM3ブロック2A、F35、嘉手納基地、イージスアショア、ヘリコプター、フランス、日米同盟、安全保障、株、円安ドル高、為替相場について言及あり。
11/19(日)
(NHK総合・東京[日曜討論])
北朝鮮問題への対応について。
公明党・幹事長代行・斉藤鉄夫は「あくまでも今は圧力の段階と申し上げたのは、国際社会の動きの中で今、北朝鮮が持っている核とミサイルについてはこれを認めて、これ以上開発を進めないようにするという所で落ち着かせようという動きがある。
しかしそれは日本や韓国にとって最悪のシナリオ。
核とミサイルの完全な放棄まで持っていかなくてはならないと思う。
それを平和的手段で外交手段でやっていく。
国際社会が一貫して特に中国、ロシア、米国、韓国、日本、この5各国が連携していくことが1番大事。
そこにほころびを見せることが戦略の破たんに結びつく。
全面放棄さえすれば国際社会で北朝鮮の立ち直りを支援していくことをわからせて放棄させる。
そういうことを一生懸命訴えていくことが大事」、立憲民主党・幹事長・福山哲郎は「国際社会がこの十数年間、北朝鮮問題に対応してきて今の状況にある。
圧力を高めるのは結構。
アジア諸国で連携するのも大切。
しかし圧力を高めることが北朝鮮にどういうシグナルを送っているのか、圧力を日米で高めることが韓国や中国とどれ程連携が取れているのか。
日中の首脳会談の中で北朝鮮に対する更なる圧力強化とか、中国に対する強い言葉がトランプ大統領からどの程度あったのかについてあまり見えない。
米韓首脳会談の中でも北朝鮮に対して温度差があった。
こういったギャップを埋めていく努力を、日本の外交としてもしていかなければいけない」とスタジオコメント。
11/19(日)
(TBSテレビ[サンデーモーニング])
米国・トランプ大統領のアジア歴訪。
終盤の注目は南シナ海の領有権をめぐる米中の駆け引きだった。
10日間に及ぶアジア歴訪を振り返り自画自賛するトランプ大統領。
13日、歴訪の締めくくりとなるASEAN(東南アジア諸国連合首脳会議)がフィリピンで開幕。
この会議の大きな課題の1つと見られていたのが、南シナ海の領有権問題。
フィリピンやベトナムなどと領有権を争う海域に人工島を作り軍事施設を建設し、実効支配を強める中国。
9月に行われた国連総会の演説でトランプ大統領は「ウクライナから南シナ海に至るまで主権を脅かす行為は排除せねばならない」と名指しこそ避けたものの、海洋進出を進める中国をけん制。
米国・ティラーソン国務長官は10月19日ワシントンの講演で「国際法への直接的な挑戦だ」と中国を批判。
ところがASEAN首脳会議の前日に行われたベトナム・チャンダイクアン国家主席との会談では「仲裁や調停で手助けできるなら知らせてほしい」と9月の排除の発言から一転し「手助けできるなら」とトーンダウンともとれる発言をした。
ベトナム・ハノイ、国防総省HP、南沙諸島の人工島(デジタルグローブ・ゲッティ=共同提供)の衛星写真、フィリピン・マニラの映像。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
アクセスランキング
注目番組