JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年11月24日(金)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/11/13
テレビ朝日 【グッド!モーニング】
<ニュースまとめ24h>トランプ「正恩をデブと呼ばない」

Globali 海外メディア
関連動画
「10代前半だと知ってた」 ツイッター書き込み少女 わいせつ目的 誘拐 男が供述 札幌市 (17/11/24 19:25) (再生)
わいせつ目的で少女を誘拐したとして11月23日に逮捕された男は、ツイッターのプロフィールで、少女は10代前半であると知っていたと話しています。 田辺桃菜アナウンサー:「男は下を向いたままです。表情を見ることはできません。」 わいせつ目的誘拐の疑いで送検されたのは、札幌市南区の会社員佐々木隆光容疑者(34)です。 佐々木容疑者は「家出したい。誰か助けて」とツイッターに書き込んだ10代前半の少女を11月16日、わいせつ行為をする目的で誘い出し、自宅に連れて行き、誘拐した疑いがもたれています。 佐々木容疑者は容疑を認めていて、ツイッターのプロフィールを見て、少女が10代前半であると知っていたと話しています。 警察は、佐々木容疑者の余罪についても調べを進めています。


いつまでアメリカの属国でいるのか 西部邁×伊藤貫 『世界大分裂を語る!!!』 TOKYOMX西部邁ゼミナール+隔月刊誌「表現者」1月号 特別連動企画 (再生)
【表現者+西部邁ゼミナール特別企画】西部邁×伊藤貫『世界大分裂を語る!!!』〔放送予定〕2017年12月9日16日23日三週連続〔毎週土曜日〕7:05~7:30TOKYOMX1〔毎週日曜日〕8:30~8:55TOKYOMX2〔番組概要〕トップ0.1%の富裕層が富を独占的に奪って格差が広がり、政治・経済・外交・軍事まで支配する態度に国民の不満が大爆発しトランプ大統領を誕生させた。破壊的創造と化した「資本主義」の暴走、歴史感覚や伝統精神が蒸発し、マスメディアに煽られ世論の気分で動く「民主主義」の頽廃。 『世界の大分裂』がそれぞれの国家の内部分裂をも引き起こす中で、今後の日本は国家として如何にあるべきか、ワシントンD.C.から見た没落するアメリカの実情を交え『世界の大分裂』を語る!!!〔番組ゲスト〕 評論家・伊藤貫〔ワシントンD.C.在住〕〔番組出演者〕 評論家・西部邁 番組助手・今村有希〔女優〕〔番組テーマ〕 「世界大分裂を語る!!!」【雑 誌】 表現者2018年1月〔76〕号 12月16日〔土〕発売【特 集】 世界大分裂の中の日本―改憲から核武装まで【寄 稿】日本人に「自立」の意志はあるかー改めて問う  上島嘉郎戦争を仕掛けるプーチン政権  中村逸郎「核兵器のない世界」の悪夢と防衛体制の再構築 藤原昌樹【特集原稿】馬鹿と奴隷の国の中で          藤井聡「保守」の消滅が国家の分断を引き起こす 柴山桂太「本気」の欠如について         浜崎洋介(ディスク・オンデマンド)ストアで番組DVD発売中 http://amzn.to/2wD0bdo〔ゴマブックス×MXエンターテインメント〕.11 憲法改正論点総浚い【富岡幸一郎・澤村修治・東谷暁】 価値ある物事の考え方を世に広める TOKYOMXの大冒険西┃部┃邁┃ゼ┃ミ┃ナ┃ー┃ル┃━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛://s.mxtv.jp/nishibe/
関連記事
11/24(金)
(BSフジ[プライムニュース])
中国共産党・習近平国家主席の特使として宋濤党中央対外連絡部部長が平壌を訪問。
環球時報は社説で「宋濤は魔術師ではない。
朝鮮半島情勢が緩和するか否かのカギは米朝の掌中にある」と報じた。
神田外語大学教授・興梠一郎は「環球時報は人民日報の傘下にあり、人民日報が本音で言えないところを強く言う。
中国側は期待が高まったことを負担に感じている」、共同通信社編集委員・元平壌支局長・磐村和哉は「北朝鮮は米国と中国を相手にパワーゲームをやろうとしている。
かつての中ソ対立の時代に金日成主席が中国、ソ連の対立を利用しながらやり抜いた」とスタジオコメント。
サウスチャイナモーニングポスト、米国・トランプ大統領、ツイッター、韓国、北朝鮮・金正恩委員長、核、制裁、ワシントン、大陸間弾道ミサイル(ICBM)、Jアラート、中距離弾道ミサイル「火星12型」、冷戦、核弾頭に言及。
11/24(金)
(BSフジ[プライムニュース])
今月17日~20日まで中国共産党・習近平国家主席の特使として宋濤党中央対外連絡部部長が平壌を訪問。
共同通信社編集委員・元平壌支局長・磐村和哉(1984年共同通信社入社。
ソウル支局、中国総局(北京)、平壌支局長、外信部担当部長などを経て現職。
論説委員を兼務)は「宋濤は党大会直後にラオスとベトナムをまわっている。
北朝鮮側としては米中首脳会談が終わってから、そのやり取りの報告を聞きたいということでずれた時期に平壌に入った。
17日、朝鮮労働党・崔竜海党副委員長は党大会の内容を聞いた。
18日、李洙ヨン党副委員長はカウンターパートだが写真を見ると睨んでいる。
18日の会談でおそらく米中首脳会談のやり取りを聞き、米国と中国が手を組んで潰そうとしているという受け止め方をしたのではないか」、神田外語大学教授・興梠一郎は「宋濤中央対外連絡部部長は習近平のメッセージをそのまま伝える人としては的確」とスタジオコメント。
米国・トランプ大統領、北京、経済制裁、ツイッター外交、国連安保理、香港、サウスチャイナモーニングポスト、韓国、北京に言及。
11/24(金)
(BSフジ[プライムニュース])
今月17日~20日まで中国共産党・習近平国家主席の特使として宋濤党中央対外連絡部部長が平壌を訪問。
中国が特使を送ったタイミング、特使の訪朝に対する米国の見方について聞く。
朝鮮労働党・崔竜海党副委員長、李洙ヨン党副委員長の映像。
神田外語大学教授・興梠一郎(専門は現代中国論。
1996~1999年外務省専門調査員(香港総領事館)、2002~2004年外務省専門分析員として中国の調査、研究に従事)は「いつも北朝鮮が先なのに後に持ってきたのは習近平国家主席、トランプ大統領の会談が終わった後。
北朝鮮はあまり気持ちがよくないのではないか。
従来は政治局委員が行っていたが、対外連絡部部長は格下」、笹川平和財団上席研究員・渡部恒雄(専門は外交と安全保障、米国の政治、政策など。
米国戦略国際問題研究所(CSIS)上級研究員、東京財団などを経て現職)は「トランプ大統領が中国に行き、中国に対してソフトなことを言ってきた。
タイミングとしては、その後のテロ指定国家解除をするには良いタイミング。
北朝鮮というよりは中国に対しては考えていたのかもしれない」とスタジオコメント。
空港、中国共産党大会に言及。
本日の「グッド!モーニング」...
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組