JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年01月17日(水)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2018/01/14
NHK総合 【気象情報・ニュース】
東京五輪・パラ紹介・独自の教材
関連動画
4年ぶり相撲奉納、女子高生も「のこった」 高知・室戸 (再生)
四国霊場第24番札所の最御崎寺(高知県室戸市室戸岬町)で1月13日、虚空蔵様初祭りがあり、子どもたちによる奉納相撲が4年ぶりに復活した。一役買ったのは室戸高校の女子硬式野球部員たち。真剣な表情で相撲を取り、にぎやかな歓声が冬空に響いた。 最御崎寺の初祭りでは、1938年から地元の小中学生による奉納相撲が続いてきた。だが少子化で子どもの数が減り、2014年を最後に中断。島田信弘住職が女子硬式野球部の西内友広監督に協力を要請し、4年ぶりの復活が実現した。 この日は部員15人が参加し、境内の土俵で団体戦と個人戦があった。吹き抜ける北風の中、見守る檀家やお遍路さんたちから「ガンバレ」「負けるな」と声援が飛んでいた。

どうなる日ハム新球場 球団と北広島市 パートナー協定 締結 イベントなど連携 北海道 (18/01/15 17:29) (再生)
ファイターズの新球場構想候補地の一つ、北広島市と球団は1月15日、スポーツや教育の分野で両者が連携してイベントを行うなど、新たな協定を結びました。 15日正午、北広島市とファイターズのパートナー協定の締結式が行われました この協定は、教育やスポーツの分野で今後、両者が連携していくもので、ファイターズOBや球団職員を招き、子どもたちに特別授業を行うほか、6月に北広島市内で行われるロードレース大会で、球団と連携したイベントを行う予定です。 北海道日本ハムファイターズ 竹田憲宗社長:「一軍、または二軍の試合の誘致を検討していきたい」 北広島市 上野正三市長:「共同してスポーツを核とした街づくりをする。次代を担う子どもたちに、夢と希望を与えたい」 現在、北広島市には、試合を誘致するための球場施設はなく、2018年3月に出されるファイターズ新球場構想の結果を受け、今後の街づくりの方針を検討したいとしています。

【CBC News】豊田市旭高原の雪そりゲレンデ賑わう (再生)
愛知県豊田市の旭高原で雪そりを楽しめるゲレンデが、子どもたちで賑わっています。 標高650メートルの旭高原に人工雪で造られたゲレンデは、長さ100メートル、幅30メートルの愛知県で唯一のそり滑り専用ゲレンデで、人気を集めています。13日も朝から大勢の家族連れが訪れ、勢いよく斜面を滑っていました。 そり専用ゲレンデは3月末まで営業され、期間中、3万人以上の人出が見込まれています。(13日17:50)
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組