JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年05月24日(木)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/05/18
日本テレビ 【news every.】
【アメリカンフットボール】“危険タックル”真相は?
関連動画
札幌でも強い違和感 日大アメフト監督とコーチの会見「後出し言い訳」「指導者が悪い」 北海道 (18/05/24 19:50) (再生)
日大アメフト部の危険なタックル問題で前監督とコーチの会見、釈然としない思いでご覧になった方、多かったのではないでしょうか。 指導者の「反則行為を指示していない」という言葉に、スポーツ界が改めるべき課題を指摘する声も聞かれました。 日大アメフト部 宮川泰介選手:「相手のクォーターバックを潰せば試合出してやると言われた」 日大アメフト部 内田正人前監督:「信じてもらえないと思いますが私からの指示ではございません」  日大アメフト部 井上奨コーチ:「僕としては彼に思い切っていけと」 指導者と選手の間の深い溝に、スポーツの世界に限らない社会の不条理を感じた…。そんな声が聴かれました。 街の人:「生徒が会見して、後出し会見しても言い訳にしかなっていない」「意見発した彼(宮川選手)日大に潰されてしまうかも」「さらに上のチームを作っている人の考え方変わらないと何も変わらない」 日本大学OBで現在、札幌国際大学で氷上部監督を務める新井貢教授は、スポーツ指導者が改めて噛みしめるべき問題が突きつけられたと感じています。 札幌国際大学氷上部 新井貢監督:「普段からのコミュニケーション不足が要因となっている。素直に悪いことは悪いと謝罪するのが良かったと個人的には思う」

「真実解明していく」スポーツ庁 日大から聞き取り(18/05/24) (再生)
アメフトでの危険なタックルを巡って24日午後、日本大学の幹部がスポーツ庁を訪れました。問題の経緯などを説明しているとみられます。 アメフトで日大の選手が関西学院大学の選手に危険なタックルをしたことについて、スポーツ庁は今回の経緯を確認するために日大側に説明を求めていました。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

アメフット問題で日大が記者会見 (再生)
アメリカンフットボールの悪質タックル問題で、日本大の内田正人前監督、井上奨コーチが23日、東京都内で記者会見を開き、関西学院大選手にけがをさせるよう指示したかどうかについて、内田前監督は「私からの指示ではない」と日大の宮川泰介選手に反則行為を命じたことを否定した。 19日付で監督を辞任した内田氏は、日大の第三者委員会の調査終了まで常務理事職を一時停止して謹慎し、「その後は大学の調査の結果、ご判断に任せる」と語った。井上コーチは辞任の意思を表明した。【時事通信映像センター】映像素材の購入はこちらから https://www2.jiji.com/f/enq/form.php?pid=kiji
関連記事
05/24(木)
(NHK総合・東京[ニュース7])
悪質タックル問題。
昨夜、日本大学が緊急に開いた記者会見。
アメリカンフットボール部・内田正人前監督と前コーチは選手への反則行為の指示を否定した。
内田前監督が試合直後に「選手はよくやった」などと反則行為を容認するような発言をしていたことがわかった。
関西学院大学に日本大学から回答書が届き再発防止策などが盛り込まれているという。
内田正人前監督は「私からの指示ではない」、井上奨前コーチは「監督からけがをさせてこいという指示はなかった」、反則行為をした日大選手は「コーチから伝えられた言葉は“潰せ”。
けがをさせるという意味で言っていると認識した」とコメント。
内田前監督は会見のあと、心身の疲労のため入院した。
けがをした関西学院大学の選手の父親が自らのフェイスブックに「ひどすぎる。
指導者2人に対し震えが止まらない。
反則行為をした選手の減刑と前監督、前コーチの厳重処分を求める嘆願書を出そうと思う」と怒りを表した。
現役部員のコメント紹介。
YouTubeより。
05/24(木)
(テレビ朝日[スーパーJチャンネル])
アメリカンフットボールで日本大学の選手が関西学院大学の選手に危険なタックルをした問題。
監督やコーチの指示があったのかが問われたきのうの日大の記者会見。
日本大学本部で会見した内田正人監督は「私からの指示ではない」、井上奨コーチは「けがを目的とした指示はしていない」と話した。
日本記者クラブで会見した反則プレーをした選手は「監督から『やらなきゃ意味ない』と言われた」と話した。
壇上の2人以上に注目を集めた司会者、日本大学広報部・米倉久邦。
企業の危機管理に詳しいエイレックス・江良俊郎社長は「どっちが信用できるか、おのずと分かるのではないか。
ダメージはより深刻になっている」と話した。
日本大学教職員組合は声明を発表し、「23日の内田前監督らの会見は司会者の不遜な態度を含め、大学側の不誠実さを広く世に知らしめた。
日本大学の信用は地に落ちるばかりであり、大学、付属校の存続にも関わりかねない」との立場を表明した。
日本大学学生のコメント。
映像提供:関西学院大学アメリカンフットボール部、SEASERPENTS TV。
05/24(木)
(TBSテレビ[Nスタ])
今月6日の定期戦、日本大学と関西学院大学の試合での日本大学アメリカンフットボール選手による悪質タックル問題。
タックルを行った日大選手の宮川泰介の会見翌日の昨日、日本大学アメフト部・内田正人前監督と井上奨コーチが会見。
両者とも、反則プレーは指示していないとしており宮川と食い違う主張。
会見開始わずか1時間前にマスコミ各社に会見の通知。
謝罪のあと本人側からの詳細な説明はなく質疑応答。
日大の対応にも批判が集まっている。
司会を務めていた日大広報部・米倉久邦は何度も会見を打ち切ろうとした。
米倉久邦の会見中、会見後の発言内容紹介。
日大は対応の遅さにも批判が集まっている。
試合4日後にアメフト部の公式HPに謝罪コメント、試合9日後に関学大に回答、試合13日後に内田前監督が関学大側に直接謝罪悪質タックルについて経緯の説明はなし、試合17日後に内田前監督と井上奨コーチが会見。
内田前監督はすぐに謝罪に行かなかった理由について「関学大からのアクションを待っていた」。
ジャパンタイムズ運動部長NFL解説者・生沢浩スタジオ解説。
提供・関西学院大学アメリカンフットボール部。
本日の「news every.」...
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組