JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年06月26日(火)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/06/14
TBSテレビ 【Nスタ】
期限・非核化「2年半で」実現は?
関連動画
カジノ 法案 北海道の最有力は苫小牧!? 「人の負けたお金で活性化とは…」 治安悪化に不安の声も (18/06/18 16:10) (再生)
6月15日午後、衆院の内閣委員会がカジノを含む統合型リゾートの実施法案を可決しました。この法案、衆院を通過する見込みで、地域に大きな影響を与えるカジノが北海道にも誕生するんでしょうか。 歴史的な米朝首脳会談が行われたシンガポール。 そのマチの中心にそびえ立つ巨大ホテルがカジノを備えた統合型リゾート・IRです。 IR法案とはこうしたカジノやホテル、劇場、ショッピングモールが一体となった複合施設を日本にも作ろうというものです。 北海道では苫小牧市、釧路市、留寿都村が誘致に名乗りを上げています。 事業者の計画を元に苫小牧市が取りまとめた計画では、空港からのアクセス道路や、道央道のインターチェンジの新設の計画も盛り込まれています。 IRの売り上げは年間1600億円に達すると試算しています。 苫小牧市国際リゾート戦略室 町田雅人さん:「カジノの弊害を心配する声がある。IR施設全体の事を説明する必要がある。ファミリー層向けの施設にする計画を出す事業者が多い。遊園地、アミューズメントパーク、音楽のエンターテインメントとかいろんな提案を受けている」 懸念されるのがギャンブル依存症の問題。市では対策に実績がある事業者を選ぶとしています。カジノに対する市民の受け止め方は様々です。 苫小牧市民:「絶対に反対ですね。ギャンブルに走ったら怖いですよ。あちこちで破産宣告だとか」「カジノも面白いじゃないですか。とにかく人が減って来ているからカジノを作って人を増やす」 カジノが出来れば治安が悪化する恐れがあると反対する市民も。 カジノ誘致に反対する苫小牧市民の会 小形尚子さん:「環境が悪くなるんじゃない?治安が悪化するんじゃない?こういうことに何一つ答えていない。人の不幸を踏み台にして、どうして経済が活性化するのか。人の負けたお金で、地域を活性化するのは、なんとせこいことか」

正恩氏が突然、夜の観光へ外出…周囲は騒然 (再生)
【シンガポール=田中洋一郎、杉目真吾】史上初の米朝首脳会談を目前に控えた11日夜、突如、シンガポール観光に繰り出した北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に、周囲は騒然とした=ソウル支局撮影 2018年6月12日公開番組、CM、イベントで動画を利用する場合はこちらから →http://www.yomiuri.co.jp/policy/application/20180321-OYT8T50001.html

シンガポールを観光する金正恩朝鮮労働党委員長 (再生)
米朝首脳会談を前日に控えた11日夜、シンガポール市内観光する金正恩朝鮮労働党委員長の姿を本紙カメラマンがとらえた。マリーナベイ・サンズでは大勢の観光客が見守る中、正恩氏は人民服姿で登場。笑顔で手を振ると観衆から歓声が上がった
関連記事
06/25(月)
(テレビ朝日[報道ステーション])
国会。
北朝鮮問題についても議論に。
参議院予算委員会で立憲民主党・福山哲郎幹事長が「最近総理は金正恩委員長に対して評価をして前向きな言葉を使うようになった。
手応えを米国・トランプ大統領との電話会談等でつかんだのか」と質問し、安倍晋三総理大臣が「北朝鮮の委員長がトランプ大統領に直接『完全な非核化』と述べていると、米国が理解していると説明を受けている」、福山幹事長が「拉致問題も同様。
金委員長から何らかの形でオープンな議論をしてもいいという反応があったのか」と質問し、安倍首相は「やり取りについてここで紹介することは控えたい」と答弁。
米朝首脳会談について言及あり。
06/25(月)
(NHK総合・東京[ニュースウォッチ9])
米国・トランプ大統領は、米朝首脳会談の成果について「ミサイルはもう飛ばない。
私は日本で英雄扱いだ」と発言。
北朝鮮の脅威は過ぎ去った。
日本の安全保障環境に触れて自画自賛した。
トランプ政権は、すでに中止を決めた8月の定例の演習に加え、向こう3か月間に計画していた米韓の海兵隊による2つの交流訓練を、無期限に延期する方針を決定。
北朝鮮との外交交渉を後押しするためだとしている。
一方で北朝鮮に対するむちも忘れていない。
約10年にわたって続けている資産凍結などの制裁を、さらに1年延長することを決定。
北朝鮮の非核化について、トランプ大統領は「交渉は続けている。
ポンペイオ長官は見事な働きぶりだった」と発言。
トランプ政権は、できるだけ早い時期に、ポンペイオ国務長官を再び北朝鮮に派遣し、非核化の協議を急ぐ方針を示している。
シンガポール、北朝鮮・キムジョンウン委員長、TBN、朝鮮中央テレビ、米国・ワシントンの映像。
独立記念日について言及。
06/25(月)
(テレビ朝日[スーパーJチャンネル])
今日は、北朝鮮が「反米闘争の日」と位置づける「朝鮮戦争開戦の日」。
米朝首脳会談の影響か、これまでとは違った変化がみられた。
1950年6月25日(68年前)、突如、北朝鮮軍が38度線を越えて侵攻し朝鮮戦争が勃発。
北朝鮮では昨年まで、この日を「反米闘争デー」として平壌と地方で大規模な反米市民大会とデモ行進が行い、労働新聞なども米国を非難する社説や記事を掲載していた。
今日、朝鮮中央通信は今朝の労働新聞について「労働新聞は7件の関連記事を掲載したが、米国を名指しで非難せず米帝の表現も一切使っていない」と報道。
一方、米国・トランプ大統領も今の友好的な状況を自画自賛。
テレビ番組(TBN)で「この6~7か月間、ミサイルが日本上空を飛んでいない。
それ以前は独立記念日の花火のように打ち上げていた。
日本では私は世界的な英雄だと思われている」と発言。
しかし、米朝首脳会談から2週間近く経った今も実務者協議が開始されたとの発表がない。
韓国メディアは「北朝鮮側は米兵遺骨の引き渡しでトランプ大統領の顔を立て非核化交渉は長期戦に引っ張る可能性があるという分析が出ている」と報道。
朝鮮戦争開戦68年の記念式典(韓国・ソウル)、反米決起集会(去年9月、平壌)の映像。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組