JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年07月22日(日)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/07/14
BS1 【BSニュース】
“ロシア疑惑”ロ軍当局者ら12人起訴

Globali 海外メディア
関連動画
W杯スタジアム建設に北朝鮮人労働者 安価で過酷な実態 (再生)
サッカー・ワールドカップ(W杯)が幕を閉じたロシア。サンクトペテルブルクでの新スタジアムの建設作業には、北朝鮮人の労働者も関わっていた。はるか6千キロ以上離れた異国の地。安価な労働力として使われ、収入は本国へ送られるという。その実態を探った。 バルト海を望む真新しいスタジアム。1年前に完成したばかりの巨大施設を前に、建設を担当したピョートル・マクサコフ技師長は言った。「確かに、ここで北朝鮮人が働いていました」 地元ジャーナリスト、アルチョム・フィラートフ記者によると、工期末の迫った2016年秋ごろから100人以上の北朝鮮人労働者が建設に加わったという。1人が心臓発作で死亡。過酷な労働環境にあると報道され、国際サッカー連盟(FIFA)も調査に乗り出した。 工事は昨年に完了した。だが、まだ北朝鮮人労働者が働いている現場が近くにあると聞き、取材に訪ねた。スタジアムから車を30分ほど走らせた、サンクトペテルブルク郊外。巨大な住宅団地が次々と建設されている。組み立て中の鉄骨の上に、蛍光色のベストを着た労働者の姿が見える。アジア系の顔をした褐色肌の男たちが目立つ。 現場監督の男性に尋ねると、「ここでは15人の北朝鮮人が働いている」。1日3交代で働いているという。建設現場内に建てられたコンテナ内に住み、自炊して生活しているという。 偶然、近くのスーパーでヘルメット姿の中年男性を見かけた。「ノースコリア?」と尋ねると「ダー(はい)」。さらに「アンニョンハセヨ」とあいさつが返ってきた。 しかし、こちらが記者だとわかると何も買わずに慌てて店の出口へ。その後の問いかけにも答えず、手を振って逃げるように工事現場へと戻っていった。

サケ・マスひき網漁 競りに ベニザケ 1キロ当たり8640円 過去 最高値  北海道 (18/07/17 19:24) (再生)
ロシア200カイリ内で禁止されたサケ・マス流し網漁に代わる引き網漁で獲れたサケマスが7月17日朝、競りにかけられ、ベニザケには過去最高値がつきました。 6月15日からカムチャツカ半島南のロシア海域でサケマスの引き網漁が行われていました。サケマスの水揚げは、16日花咲港で行われ、漁獲量は約48トンで、内、ベニザケは3トン程と、全体量ともに、2017年の3.7倍となりました。 17日朝の競りでは、漁体の良さなどを反映しベニザケが高値で取り引きされ、1キロ当たり8640円と2017年より1620円高く、過去最高を更新しました。 ベニザケは、以前の流し網漁当時、1キロ当たり1500円程度でしたが、流し網漁禁止以降、6000円を超える高値で推移しています。

ロシアW杯 :フランスがクロアチアを破り2回目の優勝 (再生)
サッカーの第21回ワールドカップ(W杯)ロシア大会は15日、モスクワのルジニキ競技場で決勝が行われ、フランスがクロアチアを4-2で破って、自国開催だった1998年大会以来5大会ぶり2回目の世界一となった。【撮影・長谷川直亮】2018年7月16日公開
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組