JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年10月19日(金)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/10/12
TBSテレビ 【Nスタ】
<5:15NEWS>平成最後の年賀状切り札「嵐」デザイン版・来月販売
関連動画
杉並区の郵便局に刃物強盗 犯人は逃走中 (再生)
東京・杉並区の郵便局に刃物を持った男が押し入った。↓記事はこちらから://www.fnn.jp/posts/00403374CXプライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

豪雨で川の流れ変化 長良川鵜飼、中止は過去最多42日 (再生)
10月15日に閉幕した岐阜市の長良川鵜飼。平成最後となる今季は豪雨や台風にたびたび見舞われ、観覧船の運航中止が全157日中、過去最多の42日にのぼった。地元温泉街では宿泊のキャンセルも相次ぎ、来季に向けて立て直しを迫られる。 これまで観覧船の中止が最も多かったのは、伊勢湾台風があった1959年の26日。今季はそれを16日も上回り、乗船者数も7万6330人と、統計を取り始めた65年以来、初めて10万人を割った。 中止が多かった大きな要因は、度重なる豪雨で川の流れが変わったことだ。7月の西日本豪雨では観覧船乗り場に大量の土砂が流れ込んだ。土砂の量が多く、川の本流に続く航路が狭くなった。この影響で水流が速くなり、以前は運航できた水位でも危なくなったという。 台風も重なり、水かさが増すたび土砂の堆積場所も変わった。市鵜飼観覧船事務所の林素生所長は「出水があるたび、川の状態を確認し、観覧船が出せるかどうか判断を繰り返した」と話す。 鵜飼いは実施できたが観覧船を出せなかった日が、今季は15日あった。観覧船事務所を運営する岐阜市は来季に向け、土砂を取り除いて元の航路を造り直す復旧作業などを予定している。一方、観光関係者からは「観覧のスタイルを見直す時期かもしれない」との声も上がっている。京都の鴨川のように河原に川床を造って観覧してもらう案などがあるという。

地震で建物損壊 一時閉鎖 千歳・支笏湖郵便局 車両型 で再開 ATMも完備 北海道 (18/10/16 19:21) (再生)
胆振東部地震で建物が損壊し、一時閉鎖している北海道千歳市の支笏湖郵便局に16日、車両型の郵便局が到着し、営業を始めました。 千歳市支笏湖温泉の支笏湖郵便局は、胆振東部地震から続く一連の地震で、建物にヒビが入るなどし、安全が確保できないとして、10月6日から閉鎖しています。 16日から営業を始めた2トン車型の移動郵便局には2人の職員が常駐していて、現金自動預払機・ATMも備えています。 営業は平日の午前10時から午後3時までで、預貯金の預け入れや払い戻しのほか、郵便物引き受けなどの窓口サービス、切手やはがきも販売します。 日本郵便によりますと、建物修復のめどは立っていないということで、当面の間、車両郵便局で営業を続けるということです。
関連ページ
いま経済は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組