JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年11月17日(土)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/11/09
BSテレ東 【ガイアの夜明け】
一世風靡したドーナツ店・北の国から反撃開始
関連動画
施工不良が原因?信号機倒れたJR新札幌駅 アンカー8本の裾閉じたまま抜ける 社長「疑いを持って点検」 (18/11/14 19:03) (再生)
9日にJR北海道・千歳線で起きた、信号機が倒れて線路をふさいだトラブルについて、施工に問題があった可能性があることが分かりました。 JR北海道 島田修社長:「多くの人に心配をおかけしました。関係の方に深くお詫びします」 9日、JR千歳線の新札幌駅の構内で信号機が倒れ、線路をふさいだトラブル。 列車128本が運休する大きな影響が出ました。 JR北海道の島田社長は14日の会見で、陳謝しました。 1980年に設置された今回の信号機。 8つのボルトでコンクリートの高架に固定されていました。 ボルトを差し込むアンカーと呼ばれる部品が高架の中で裾のように広がることで、抜けにくくする構造です。 しかし、公開された写真では、アンカーの裾は閉じたままの状態で抜けています。 JRの担当者:「(Q.固定されているスリットは8本いずれも開いていなかったのか?)ほぼ同様の状態です。(Q.一度開いたものが再び閉じるのは考えづらい設置時から固定不十分だったのでは?)現時点で特定できる材料はない。重要な要素の一つとして究明してまいりたい」 6月の点検ではボルトなどを確認したものの、異常はなかったといいます。 トラブル後、JRは補強材を取り付けるなどの対応をしました。 JR北海道 島田修社長:「立っているものは倒れることがある。目線で点検の中で疑いを持って見ていく」 運輸安全委員会は固定が不十分だったことが原因となった可能性があるとしたうえで、施工に問題があった可能性もあるとしています。

施工ミス の可能性を指摘 JR新札幌駅の信号機倒壊で運輸安全委 北海道 (18/11/14 17:05) (再生)
JR北海道・千歳線で11月、信号機が線路上に倒れたトラブルで、原因は信号機を設置した際の固定が不十分だった可能性があることが分かりました。 このトラブルは、9日、JR千歳線の新札幌駅構内で信号機が倒れ線路をふさいだもので、国の運輸安全委員会が重大インシデントとして調査を続けています。倒壊した信号機は、固定していた8本のボルトすべてが抜けていました。 信号機の土台は高架にボルトで固定します。ボルトを差し込む「アンカー」と呼ばれる部品は、スカートのように広がり抜けにくくする構造ですが、倒壊した信号機のアンカーは全て広がっていませんでした。 運輸安全委員会は、固定が不十分だったことが倒壊の原因だった可能性があるとしたうえで、施工に問題があった可能性があるとしています。 JR北海道も、この可能性を否定せず、調査を続けています。
最新TV情報
関連ページ
いま経済は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組