JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年12月16日(日)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/12/08
TBSテレビ 【新・情報7daysニュースキャスター】
<7DAYS REPORTS>改正水道法・成立・民営化で料金高騰か?!
関連動画
空き倉庫生まれの小松菜、アイス化で地域おこし 東京・江戸川区 (再生)
日増しに冷え込みが強まる中、東京・江戸川区では区内発祥の野菜・小松菜が収穫のピークを迎えています。この小松菜を売り込もうと、区内の民間企業が新たな商品開発に乗り出しました。地域おこしを狙って作られたのは「小松菜入りのアイスクリーム」です。 都内トップの収穫量を誇る、江戸川区の特産品・小松菜は今が旬です。小松川地域が発祥の小松菜は、海に面した土壌に栄養となるミネラルを豊富に含み、特にこの時期のものは甘みが乗るといいます。区内の直売所でも人気商品の一つです。 小松菜のおいしさをもっと広めようと、区内では今年からある取り組みが始まりました。倉庫の空きスペースに並ぶのは、LEDライトに照らされた水耕栽培の小松菜です。江戸川区で生まれ育ったという、この倉庫を経営する島村商店の嶋村文男社長は「(発芽期間は)生育を早める効果があるライトを使用して、発芽後のライトと使い分けて育てている」と話します。季節にもよりますが、露地栽培の場合には種まきから2カ月程度で収穫となるものが、水耕栽培なら露地栽培の半分の1カ月ほどで、スーパーで売られるサイズにまで成長します。 そして、収穫された新鮮な小松菜はアイスクリームへと加工されます。淡い緑色で小松菜の香りが感じられますが、小松菜独特のえぐみは少ない味わいです。小松菜をアイスクリームにした、商品開発の理由について嶋村さんは「伝統野菜の小松菜がアイスクリームになると子どもたちに知ってもらい、今度は小松菜も食べてみようとなり、少しでも野菜嫌いの子どもがいなくなれば一番いい」と話します。 収穫して乾燥させた小松菜は、電動臼でひいて粉状にし、さらに手作業でふるいにかけてパウダーの粒を細かくしていきます。アイスクリームづくりの主な工程は、千葉県にある障害者の就労支援施設に委託しています。新鮮な牛乳に小松菜の粉を混ぜ、冷やして固め、仕上げます。嶋村さんは「すごくこだわって作った。最初の試作の時はものすごくえぐみがあって、社員に『社長、これは駄目です』と言われるぐらいだった」と苦労を語りました。そして「3色アイスの定番がバニラ・チョコ・抹茶ではなく、バニラ・チョコ・小松菜と言われるぐらいの意気込みで」と目標を話しました。 地域の伝統野菜や産業を次世代につなげていきたいという熱い思いは、冷たくて甘~い「小松菜アイスクリーム」に込められていました。

関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組