JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年12月15日(土)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/12/08
テレビ朝日 【サタデーステーション】
<今週の“気になった”ランキング>1位・“あおり運転”裁判・無罪を主張
関連動画
息子を衰弱死させた夫婦に懲役6年の実刑判決(18/12/14) (再生)
埼玉県桶川市で当時1歳の息子に食事を与えずに衰弱死させた罪に問われている両親の裁判員裁判で、さいたま地裁は2人にそれぞれ懲役6年の実刑判決を言い渡しました。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

<ヒラマツカイセツ>裁判員裁判でなかったら判決は違っていたかも (再生)
FNN PRIME onlineの4コマビジネス用語でおなじみの、オオシバくんは、いつも会社でドジをして上司のニコラス氏に怒られているので、もっとニュースに詳しくなって、賢い犬になりたいと思っています。今回は、あおり運転裁判の判決について、フジテレビ社会部の平松デスクに教えてもらいます。(解説:フジテレビ 社会部デスク 平松秀敏)プライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

“真摯に反省してない”あおり運転で懲役18年判決(18/12/14) (再生)
東名あおり運転の裁判で被告の男の危険運転が認められた。亡くなった夫婦の長女は「気持ちを考慮してくれた判決で良かったです」とコメントしている。 あおり運転が社会問題化するなか、注目されたこの裁判。判決は懲役18年という厳しいものだった。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/
関連記事
12/15(土)
(日本テレビ[ズームイン!!サタデー])
去年6月、東名高速であおり運転の末、夫婦が亡くなった事故の裁判員裁判。
危険運転致死傷罪の成立を認定。
強固な犯意に基づく執拗な犯行として被告に懲役18年を言い渡した。
弁護側は危険運転致死傷罪については無罪を主張していた。
遺族のコメントを紹介。
被告の弁護側は控訴について検討するとしている。
12/14(金)
(BSフジ[プライムニュース])
裁判員裁判、対象となる犯罪について説明。
法政大学法科大学院教授・今井猛嘉「裁判員裁判を入れる時のきっかけは人の故意の行為によって他人が死亡したり重大障害を負うような市民社会の一員として皆が関心を持って抑止していくべき事項について認識を高めるというのが目的。
危険運転致死罪は私達の足である車で身近に起こりうることなので裁判員裁判の対象になっていることは良いことだと思う」。
裁判員の記者会見のコメント紹介。
弁護士・高山俊吉「危険運転致死罪の裁判員裁判の場合、裁判員が分からなくて黙っている率が高い。
危険運転致死傷罪が裁判員裁判はまずいと言う弁護士は多い。
科学的論議についていけず黙って受け止めるだけという状況の方も多い中で控訴審で初めて細かい科学的分析を弁護人が言えて裁判官が耳を傾けて議論になるケースもある。
裁判員裁判が持っている矛盾が特に危険運転致死罪の場合に凝縮して突きつける形になる」。
衆議院法務委員長・元警察官僚・葉梨康弘「裁判員に対する負担が大きい制度、いかに軽減するかも考えなければいけない。
危険運転致死罪について言えば車が身近であり凶器であるということ」。
弁護士・高山俊吉「5人の内4人が出頭しない、とんでもないことになっている。
裁判員裁判と言う形にしても結局何が生まれるのかという失望感を裁判員が持ち始めている」。
12/14(金)
(BSフジ[プライムニュース])
東名高速あおり運転事故裁判。
“東名あおり運転”死亡事故の経緯:去年6月5日、“東名あおり運転”事故発生、夫婦2人が死亡。
10月10日、神奈川県警が過失運転致死傷罪などの疑いで被告を逮捕。
31日、横浜地検が危険運転致死傷罪などで起訴。
今年9月6日、横浜地検が予備的訴因として監禁致死傷罪を追加。
12月3日、横浜地裁で初公判。
きょう、判決(危険運転致死傷罪を適用、懲役18年)。
ご意見・質問募集:「『東名あおり運転事故』について言いたい事、聞きたい事」。
弁護士・高山俊吉(交通法科学研究会事務局長、憲法と人権の日弁連をめざす会代表、日本民主法律家協会理事などを務める。
著書に『入門交通行政処分への対処法』など)は「県警は危険運転致死傷罪では問えないと判断。
警察の判断を検察が23日間の捜査の中で変えたということになる。
変えた理由がどれだけあったかが問題。
過失運転致死傷罪の限度は懲役7年で軽い。
裁判員裁判は市民感覚のため支持をしてくれるのではないか。
少なくとも支持しているように裁判所に映るはずで状況を変えることが可能ではないかと検察が起訴したと思う。
県警の姿勢と検察庁の姿勢に大きなズレがある」とスタジオコメント。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組