JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年12月16日(日)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/12/09
日本テレビ 【Going! Sports&News】
<マストピ>小学生はね“逃走”無免許の会社員逮捕
関連動画
在外邦人の保護や救出の訓練 自衛隊が公開 (再生)
2016年3月に施行された安全保障関連法で可能になった自衛隊による在外邦人の保護や救出の訓練が航空自衛隊美保基地(境港市小篠津町)を中心に12月11日から始まり、13日に報道陣に訓練の様子が公開された。 訓練は「在外邦人等保護措置訓練」。これまでに国外ではタイとジブチで各2回、国内では航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)と陸上自衛隊相馬原駐屯地(群馬県榛東村)で各1回開かれており、今回は7回目。西日本では初めての開催で、陸上自衛隊(約200人)と海上自衛隊(約250人)、航空自衛隊(約70人)が参加した。 初日の11日は、外務省など関係機関との連携などについて美保基地で机上訓練を実施。12、13日は海上自衛隊の護衛艦「ひゅうが」も参加し、外国にいる邦人らを保護して救出して国内に戻る訓練や、一時集合場所を取り囲んだ暴徒やバリケードなどへの対処を訓練した。武器使用を想定した訓練もあったという。 13日に日光演習場(伯耆町)で公開されたのは、在外邦人の一時集合場所のJICA(国際協力機構)事務所が暴徒に包囲されたと想定、事務所内に取り残された邦人役の隊員約10人を救出する訓練。 7回目の訓練で初めて使用するドローンで暴徒などの状況を確認し、機関銃を搭載した車両で事務所に接近した折衝役の隊員が暴徒らに「壁をたたくのをやめろ」「あなた方の行為は不法行為だ」などと英語で警告。在外邦人には日本語で「皆さんを保護するためにきました。窓から離れて安全な場所に退避して下さい」などと呼びかけ、車を事務所そばにつけて邦人役の隊員を保護、救出した。 海外の民間空港に見立てた美保基地の格納庫では、出国手続きをするECC(退避統制所)の訓練として、保護した在外邦人のセキュリティーチェックやパスポート確認などを行い、出国手続きと輸送機乗り込みまでの手順を確認した。邦人役の約25人は、実際に航空自衛隊のC2輸送機に乗った。

関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組