JCCテレビすべて
最新のTV情報
2018年12月19日(水)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2018/12/09
TBSテレビ 【サンデーモーニング】
ソフトバンク・携帯電話で通信障害
関連動画
ソフトバンク東証1部上場 初値、公開価格下回る (再生)
携帯電話大手ソフトバンクが19日、東京証券取引所第1部に株式を上場した。初値は1463円を付け、公開価格の1500円を下回った。記事詳細://www.47news.jp/news/3090468.html

ソフトバンク上場も売り出し価格下回る 背景は?(18/12/19) (再生)
携帯電話大手のソフトバンクが19日、東証1部に上場しました。しかし、初値は1株1463円と売り出し価格を下回りました。 (経済部・西田晋一郎記者報告) 今年最後の超大型上場で大きな注目を集めましたが、投資家の期待を裏切るスタートとなりました。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

携帯会社のソフトバンクが新規上場 初値は1463円(18/12/19) (再生)
ソフトバンクグループの携帯通信子会社「ソフトバンク」が東証1部に上場しました。 1500円の公開価格に対して初値がいつ、いくらで付くのか注目されていましたが、19日午前9時の取引開始直後に1株1463円で初値が付きました。公開価格に対して2.5%下回りました。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/
関連記事
12/19(水)
(TBSテレビ[ひるおび!])
携帯電話の30年。
ソフトバンクが過去最大の株式上場を果たすなど巨大な存在となったが、平成はまさに携帯が進化した時代だった。
ひとたび通信障害が起これば私たちの生活に重大な影響を与える携帯電話は、今や重要なインフラとなったが平成の初期はまだ特殊な商品だった。
携帯電話の先駆けになったショルダーホンが登場したのは昭和60年(1985年)。
当時は高級品でバブル期のステータスだったが重さは約3kg。
平成元年度の携帯電話、PHSの契約数は約49万台(総務省)。
大きな転換期を迎えたのは平成11年のこと。
携帯電話をインターネットに繋いだ「iモード」を機に、様々なサービスが登場。
着メロ、写メールが大流行。
平成14年度の携帯電話、PHSの契約数は約8100万台。
日本独自の進化を遂げた携帯電話はガラケーと呼ばれるようになった。
平成20年、iPhoneが日本上陸。
携帯電話の端末はガラケーからスマートフォンにシフト。
インスタ映えという流行語も誕生。
携帯電話が24時間、人をつなげるようになったのが平成の30年間だった。
ソフトバンクモバイル・孫正義社長(当時)のコメント。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組