JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年04月26日(金)
最新TV速報
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【最新のTV情報】
2019/03/25
BSテレ東 【FOOT×BRAIN】
【サッカー】日本初の施設も爆誕!復活支えた人の願い
関連動画
背筋伸ばし、堂々と車に=保釈のゴーン被告、変装なし (再生)
日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)は25日夜、東京拘置所から保釈された。帽子やマスクを身に着けて作業員に変装した3月の保釈時とは一変し、ノーネクタイの白いワイシャツに紺色っぽいスーツ姿。背筋を伸ばし、堂々とした様子で、迎えの黒いワゴン車に乗り込んだ。【時事通信映像センター】映像素材の購入については時事通信フォトへお問い合わせください https://www.jijiphoto.jp

2020年春オープン予定! アイヌ文化発信拠点「ウポポイ」 建設現場を公開 北海道白老町 (19/04/24 10:38) (再生)
アイヌ文化発信の拠点として、2020年4月に北海道白老町にオープンする予定の、民族共生象徴空間「ウポポイ」の建設現場が23日報道陣に公開されました。 この施設は白老町に北日本初の国立博物館として整備が進められているものです。 広大な敷地内には中核となる、アイヌの歴史や文化を紹介する国立アイヌ民族博物館を始め、アイヌ民族の伝統芸能が上演される体験交流ホール、昔ながらのアイヌ集落が再現される「伝統的コタン」など、アイヌ民族の文化を複合的に学べるようになっています。 23日は、建設が進む博物館や慰霊施設などの様子が報道陣に公開されました。 博物館は2019年秋ごろ完成し、2020年4月のオープンへ向け展示物の搬入などが行われます。

新名神橋桁落下事故 元現場所長に有罪判決 (再生)
神戸市北区の新名神高速道路の建設現場で橋桁が落下し、作業員ら10人が死傷した事故で、業務上過失致死傷の罪に問われていた元現場所長の男に対し、神戸地裁は23日、禁錮3年執行猶予5年の判決を言い渡しました。業務上過失致死傷の罪に問われていたのは、大阪府泉大津市に住む福持陽光被告(45)です。福持被告は、2016年4月の新名神高速道路の橋桁落下事故の発生当時、工事を請け負った建設会社・横河ブリッジで現場責任者として従事。しかし、工事計画に反して事前の地盤調査を怠るなどした結果、長さおよそ120メートル重さおよそ1400トンの橋桁を落下させ、作業員2人を死亡させ、8人に重傷を負わせました。日の判決公判で、神戸地裁の小倉哲浩裁判長は「地盤調査や改良など安全面の細心の配慮を怠り被害結果は誠に重大」としたうえで、「反省の弁を述べていて、示談交渉も進められている」などとして、福持被告に対し禁錮3年執行猶予5年の判決を言い渡しました。
関連ページ
気になるスポーツ


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
最新の画像  営業マン横道日記
人気ランキング
注目番組