テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
2019/06/15
NHK総合 【おはよう日本】
衆参同日選挙踏み切らない構え・動向見極め最終判断か
関連動画
“選挙戦”突入へ 解散風に翻弄された通常国会が閉会 (再生)
政府は、26日朝の臨時閣議で、参議院選挙の投開票日を7月21日と決めた。↓記事はこちら://www.fnn.jp/posts/00419830CX/201906261220_CX_CXプライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

アントニオ猪木参院議員が政界引退を表明 体調不良(19/06/26) (再生)
アントニオ猪木議員が体調不良などを理由に来月の参議院選挙には出馬せず、政界を引退する考えを表明しました。 国民民主党・アントニオ猪木議員:「元気ですか!長いような短いような、ちょうど体調を壊したもんですから。元気を売れなくなっちゃったけど、国会がこのままで、次の皆さんが本当に改革っていうのを言葉だけじゃなく、実行してもらいたいと思います。選挙もそうですけど、そういう意味での意表を突くとか、そういうことが一つの長い歴史で、人生のなかで、そのなかで今回の野党連合がそういう知恵がないというか。本当に政権を取ってやろうという何か仕掛けていくとか、そういうプロデューサー的な役割がいなかった」 猪木氏は、これまで取り組んできた北朝鮮問題については「この何十年の歴史でチャンネルを持っている。自分なりの外交をやっていく」と意欲を示しました。猪木氏は1989年の参院選でスポーツ平和党を結成して初当選し、レスラー出身初の国会議員となりました。その後、1995年に落選しましたが、6年前の参院選で政界に復帰し、今年2月から国民民主党の参議院会派で活動していました。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

通常国会会期末 7月4日公示 21日投開票の参院選へ(19/06/26) (再生)
今年1月末に召集された通常国会は26日に閉幕します。今後、与野党対決の舞台は参議院選挙へと移り、選挙戦を通じた論戦が本格化していきます。 (政治部・大石真依子記者報告) 参議院選挙を見据えて政府・与党は法案の数を絞り、対決法案も少なくして今の国会に臨みました。ある与党幹部は今の国会を振り返り、「しっかり安全運転ができた」と胸を張っています。ただ、与党内からも「あまりに淡々と終わっていった。得点も失点もなかった」と論戦の低調ぶりを嘆く声も聞かれました。一方、野党側は終盤国会で「老後2000万円問題」が噴出し、一気呵成(かせい)に攻めの姿勢を見せました。「総理による説明が必要だ」として予算委員会を再三にわたり要求しましたが、結局、開かれませんでした。野党側は「予算委員会を開かずに逃げ回った」と政府・与党の姿勢を批判しましたが、タイムオーバーとなった形です。今後、参議院選挙に舞台が移るなか、年金制度改革など与野党ともに建設的な議論が繰り広げられるのかが注目されます。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

テレビえんすぽ テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.