テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
2019/06/15
日本テレビ 【ズームイン!!サタデー】
<ニュース6・・→7>東京都・政府が緊急対策へ
関連動画
「安心感ある」防げ高齢ドライバー事故!安全サポート車を体験 北海道 (19/06/18 19:30) (再生)
高齢ドライバーによる、アクセルとブレーキの踏み間違いなどによる事故が全国的に相次ぐ中、自動ブレーキなどを搭載した技術の体験会が18日、帯広市で開かれました。 参加者:「うわあ!」 主催者:「今アクセル踏んだままでも車にブレーキかかったのわかりましたよね?」 これは、自動ブレーキの模擬体験の様子。 18日、帯広市で開かれたこの体験会は、安全運転サポート車の有効性を理解してもらおうと開かれ、約80人の高齢ドライバーが参加しました。 参加者は、専用のゴーグルをつけて、アクセルとブレーキを踏み間違えたことを想定したサポートブレーキなどの体験をしました。 参加者(75):「やはり不安。(免許の返納について)せめて80歳くらいまでは運転していきたい」 参加者(81):「自分では大丈夫だと思っていても何かしらの体の不調が出てくると思う。それをカバーしてくれるんだなと安心感はある」 帯広警察署 横田剛士交通官:「加齢に伴う身体機能や注意力の低下が原因とみられるので、不足している部分をサポート車で補うということを意識してほしい」 北海道警察によりますと、65歳以上の高齢ドライバーによる人身事故は、今年道内で1103件起きていて、去年の同じ時期と比べ21件増えています。

81歳暴走事故から約2週間 「高齢ドライバー講習」希望者増える 福岡市 (19/06/17 20:15) (再生)
81歳の男性が運転する車が暴走し、9人が死傷した福岡市早良区の事故から18日で2週間となります。事故をうけた免許返納の動きが広がる一方で、ベテランドライバー向けの講習会の受講者も増えています。今までかけたことがないという急ブレーキを体験した、福岡市の武末孝一さん79歳。運転歴は56年で、これまで事故もなく運転には自信があると話します。【武末 孝一さん(79)】「自分では大丈夫と思っているけど、第3者の目で見てもらってその結果で(運転を)続行するか辞めるか考えたい」武末さんは全国で相次ぐ高齢者の事故を受けて、自分の運転技能を再確認するために17日の体験型の講習会に参加しました。定員の2倍を超える応募の中から選ばれた21人の参加者は、日常から行うべき車の点検や正しい運転姿勢を学んだ後、実技講習に臨みました。普段運転している車で、スラローム走行や急ブレーキのかけ方を実践したほか、事故の被害を軽減するサポートカーの機能を体験しました。今回用意された車は、カメラやレーダーで障害物を感知して警報音で知らせるほか、衝突の危険がある場合には自動的にブレーキがかかります。【武末 孝一さん(79)】「びっくりしました。すごいショックですね。 シートベルトがガッと来ました」福岡県内では2018年、80人のお年寄りが交通事故で死亡している他、6月4日には福岡市で81歳の男性の車が暴走し9人が死傷するなど、高齢者が加害者になるケースが全国で相次いでいます。JAFでは自らの運転技能を知り、能力を過信しないことが重要だと指摘します。【JAF福岡支部 永松純一 課長】「長年運転すると、運転に対して過信が出たり慣れが出たりしてきます。 現在の技量がどれほどかということを確認し、日頃の運転に活かして長く運転していただきたい」武末さんは運転技術を再確認したことをきっかけに、さらに安全運転に努めるとしています。JAFは今後も講習会を続け、高齢ドライバーの事故防止につなげる方針です。

テレビえんすぽ テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(全ジャンル)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.