テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
2019/06/14
BS日テレ 【深層NEWS】
香港“100万人デモ”の背景は?
関連動画
どう違う?中国・香港・台湾 出身者が本音座談会(19/06/23) (再生)
今回の香港での大規模デモを自分のことのように注目しているのが台湾。ご存じの通り、欧米や日本などの多くの国は台湾を中国の一つの「地域」とし、正式な国家承認をしていません。台湾は第二次世界大戦後、共産党の毛沢東に追われた国民党の蒋介石が中国大陸から移り、独立政府を宣言したのが始まりです。中国化の波に抵抗する香港の戦いは台湾にとっても他人事ではありません。番組AD・トンちゃんもそう語ります。中国と深い関係を持ちながらもそれぞれの文化も異なるのです。 そこで、もしも中国・香港・台湾出身者たちが座談会を開いたらどうなるのか。ということで今回、東京マンダリンアワード事務局さん協力のもと、餃子パーティーという名目でそれぞれ集まって頂きました。参加してくれたのは中国出身のリンさんとシンさん。香港出身のルイーズさんと林さん。台湾出身のリさんと、夏鈴さん。そして、オブザーバー参加の三谷紬アナウンサーと番組AD・トンちゃん。皆さんにきょうは餃子パーティーだと伝えると、いきなり本場・中国出身のシンさんが・・・。 中国・シンさん:「餃子よりワンタン食べている」 中国・リンさん:「そうですよね。私もワンタン、よく作ります」 のっけから餃子は却下。 さらに。 香港・ルイーズさん:「必ずエビが入る。エビが入っているのがワンタン」 香港・林さん:「肉が入っているのはワンタンじゃない。香港人にとっては」 ワンタンの定義も違うようです。でも、せっかく用意したので。 中国・リンさん:「余らせることが一つの文化。裕福。お客様が食べきれないくらい」 余らせるのが文化だという中国の礼儀に対して、香港と台湾が反論します。 香港・ルイーズさん:「食べきれない方が嫌い」 台湾・リさん:「全部、食べた方が失礼ではないと思う」 さらに、食べ方でも香港は独特。効率を優先するそうです。 香港・林さん:「ほぼ全部、丼」 香港・ルイーズさん:「餃子とかを頼んだら(丼の)上にのってます」 香港・林さん:「効率優先」 テーブルの餃子には手を付けずにトークは大学受験の話題に。ここでも違いが。 香港・林さん:「大学の入学試験はめっちゃ厳しい。大学に入れる人数は約1万6000人。受験生は約7万人。だから、ここ(日本)に来ました」 中国・リンさん:「人生で唯一、自殺を考えたのが受験の時。大体、一人っ子世代なので、“良い大学に入って良い就職を”という時代」 番組AD・トンちゃん:「台湾は逆に何もしてない感じ」 台湾・夏鈴さん:「大学が多すぎて密度が世界一。何もしなくてもちゃんと大学に入れる」 中国では、この学歴が結婚に直結してくるそうで・・・。 中国・シンさん:「お見合いの時に学歴は必ず見る」 中国・リンさん:「大学を出てないのはまず論外」 しかし、香港の結婚の条件は違うそうで・・・。 香港・林さん:「第一声が“マンション持っていますか?”」 香港・ルイーズさん:「マンションを持っていないなら、どうやってあなたと生活できるのか?マンションを買えないと(結婚候補から)落ちます」 では台湾は。  台湾・リさん:「どうしても結婚したい(なら結婚する)人が増えている」 最後にそれぞれのクレームがないかと尋ねたところ・・・。口を開いたのは中国のリンさん。香港にクレームがあるとのこと。 中国・リンさん:「特に香港のタクシー。あのサービスの悪さは何なんだ!」 香港・林さん:「すぐ出発します」 中国・リンさん:「香港人に対しても(態度は)同じ?」 香港・林さん:「香港人に対しても(態度は)同じです!」 香港・ルイーズさん:「しょうがないです。香港、効率、効率優先」 中国・リンさん:「台湾の方がホテルまでとかタクシーが親切。サービスが日本以上」 なかなか餃子には手を付けてくれない座談会となりました。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

香港デモ 返還22周年の7月1日に向け、政府への圧力強化 (再生)
香港の学生や市民団体などが21日、政府や警察総部(警察庁)の庁舎を取り囲み、抗議活動を展開、一部の幹線道路を占拠した。香港政府トップの林鄭月娥(りんていげつが)行政長官は、香港で拘束した刑事事件の容疑者を中国の司法当局に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正案の審議継続を断念したが、学生らは林鄭氏の辞任や改正案の「完全撤回」などを求めており、応じる姿勢を見せない林鄭氏との対立は深まっている。【撮影・福岡静哉】2019年6月21日公開

香港市民デモ 警察本部を取り囲み抗議 (19/06/22) (再生)
容疑者の中国本土への移送を可能にする条例改正を巡り、香港では市民らが21日から22日朝まで警察本部を取り囲んで抗議しました。 香港から中国本土への容疑者の引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」の改正案を巡り、香港では21日も市民らが大規模なデモを行いました。先週のデモの際、警官隊が市民に対して催涙弾などを使用したことへの批判が強まっていることから、市民らは「警察本部」を取り囲んで朝まで抗議を続けました。デモを受けて、香港政府は「改正作業はすでに停止している」と声明を出しました。しかし、「撤回」については言及していません。市民らは改正案の即時撤回や逮捕されたデモ参加者の釈放を求めていて、来月1日にも大規模なデモを呼び掛けています。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

テレビえんすぽ テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.