テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
2019/06/15
日本テレビ 【ウェークアップ!ぷらす】
“衆参ダブル”は回避?・財政検証は参院選後?年金・広がる世代間のギャップ
関連動画
【HTBニュース】参院選北海道選挙区 2議席獲得目指す野党 (再生)
http://www.htb.co.jp/news/北海道テレビで放送されたニュース動画です。

参院選のポスター掲示板 設置始まる QRコードで選挙公報の確認も 7月4日に公示見通し 福岡県 (19/06/24 12:10) (再生)
7月4日に公示される見通しの参議院議員選挙を前に、候補者のポスターを貼る掲示板の設置作業が始まりました。このうち、福岡県の北九州市役所前では24日午前9時から市の委託を受けた業者が、掲示板の組み立てと設置にあたりました。掲示板は北九州市内の1733カ所、福岡県内全体では8929ヵ所に設置される予定です。北九州市や福岡市などでは掲示板にQRコードが表示されていて、スマートフォンで読み取ると参院選に関する情報を確認できるということです。今回、福岡選挙区では3つの議席が争われることになっていて、県内の有権者数は423万5000人あまりと前回の参院選と比べて約1万4000人増えています。参院選は7月4日に公示され、21日に投開票される見通しです。

参院選ポスター、印刷佳境 日程未定だけど「7・21」 (再生)
参院選に向けて、選挙ポスターの掲示板製作が追い込みを迎えている。古紙を再利用した掲示板を製作しているシナノスクリーン工芸(長野県千曲市)では、今回の選挙で長野、東京、愛知など12都県から約1万5千枚を受注。山口和夫社長によると、統一地方選が終わった5月から作業に取りかかり、製作を進めてきたという。 投票日は有力視される7月21日で印刷し、違った場合はシールを貼って対応する。衆院が解散した場合についても「受注が予想される枚数分のボードは確保している」といい、万全を期して準備を進める。
関連記事
06/25(火)
(テレビ朝日[大下容子ワイド!スクランブル])
野党5党派は、安倍内閣に対する内閣不信任決議案を衆議院に提出した。
一方であすの日仏首脳会談などに影響が出ないよう、きょう中に処理されることを織り込んだスケジュールで、不信任案は午後の衆議院本会議で否決される見通し。
野党は麻生財務兼金融担当大臣と安倍首相に対して、問責決議案などを提出していたが、全て否決されている。
先月、菅官房長官は「内閣不信任案を出すことは、解散の大義になる」と話していた。
野党がようやく出す決断をした理由は、野党の仕事であるため。
立憲民主党・枝野代表は「本気でしっかりと安倍政権に退陣を求めていく」と述べた。
与党は2007年の参院選で、「年金問題」の影響で大敗している。
今回の「老後2000万円問題」が浮上したことで、その時のトラウマがあるとみられる。
衆参ダブル選挙になると、大きく議席を減らす可能性もある。
ジャーナリスト・東海大学教授・末延吉正、共同通信社編集委員兼論説委員・太田昌克のスタジオコメント。
国会内、野党党首会談の映像。
06/25(火)
(BS1[BSニュース])
政府与党は今日中に不信任決議案を否決できれば会期を延長しない方針で参議院選挙は来月4日公示、21日投票の日程で行われる見通し。
国会はきのう参議院本会議で野党側が提出した安倍首相への「問責決議案」を反対多数で否決された。
野党側はきょう党首会談を開き、内閣不信任決議案の提出をめぐり協議を行い最終的な対応を決めることにしている。
立憲民主党・福山幹事長は「不信任決議案の提出で野党側の安倍政権に対する意思を明確にすべきだ」と話した。
これに対し自民党・萩生田幹事長代行は「仮に提出されれば解散の大義であることは否定できない」と話した。
安倍首相は衆参同日選挙について「頭の片隅にもない」と述べ踏み切らない構えを変えていない。
06/25(火)
(NHK総合・東京[おはよう日本])
参議院選挙をにらんで、与野党の攻防が激しくなっている。
きのうは参議院で安倍総理に対する問責決議案が否決された。
国会が終われば、参議院選挙が控えている。
その参議院選挙で、野党側は全国に32ある1人区すべてで、候補者を一本化することで合意している。
それだけに、野党第1党の立憲民主党などは、安倍政権との対決姿勢を明確にするため、不信任決議案を提出したい考え。
安倍総理大臣は衆参同日選挙には踏み切らない構えを変えていないが、国民民主党の一部には、不信任決議案を提出すれば解散を誘発しかねないという警戒感があって、慎重論も出ている。
一方で、立憲民主党と足並みをそろえて対応すべきだという声もあることから、国民民主党は党首会談に先立って、幹部が改めて対応を協議する方針。
自民党の萩生田幹事長代行は、「(不信任決議案が)提出されれば衆議院解散の大義になることは否定できない。
出す以上は覚悟を持ってもらいたい」と述べた。
政府与党としては、不信任決議案が提出されれば、直ちに否決する考え。
きょう中に否決できれば、会期も延長しない方針で、参議院選挙は来月4日公示、21日投票の日程で行われる見通し。
あすの会期末を前に、国会では与野党の攻防がヤマ場を迎えることになる。

テレビえんすぽ テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.