テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
2019/06/15
BSテレ東 【日経プラス10サタデー】
特集・年金へ飛び火・安倍政権によぎる苦い過去
関連動画
「即位礼正殿の儀」で使う舞台や装束などを公開へ(19/06/20) (再生)
政府は、10月22日に行われる天皇が国の内外に即位を宣言する儀式「即位礼正殿の儀」で使う舞台や装束などを東京と京都で一般公開すると決定しました。 安倍総理大臣:「即位礼正殿の儀で用いられる高御座等の一般参観を東京国立博物館本館と京都御所において、それぞれ20日間ずつ行うことを決定しました」 公開されるのは、新天皇が即位を宣言する舞台となる「高御座」です。儀式で使う装束などと合わせて今年12月から来年3月にわたって東京国立博物館と京都御所でそれぞれ20日間、無料で公開されます。平成になった際には京都で10日間展示しただけでしたが、今回はより多くの人に親しんでもらおうと東京でも公開します。また、儀式終了後の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」については、午後3時半に皇居を出発することを決めました。国会議事堂正門前を通り、午後4時ごろに赤坂御所へ到着します。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

年金資金不足2000万円問題【キャスター西野志海の「もっとみたい!ニュースの疑問」】ゲスト:明治大学 飯田泰之准教授 (再生)
BSテレビ東京で土曜9時から放送している「日経プラス10サタデーニュースの疑問」の番組内でお伝えしきれなかったことを、西野キャスターがもっとみた~い!という視点で、ゲストに直球勝負、時には変化球で聞いていきます!記念すべき1回目のテーマは、金融庁の報告書で話題になった「老後年金資金不足2000万円問題」です。ゲストは、社会保障問題に詳しい明治大学の飯田泰之准教授。老後の備えに、若い間にしておくべき投資とは?://www.bs-tvtokyo.co.jp/plus10_sat/

党首討論で及び腰 野党を批判 (再生)
安倍総理大臣と野党党首によるおよそ一年ぶりの党首討論を受けて、自民党内からは、衆議院の解散について触れなかった、立憲民主党の枝野代表らの及び腰ともいえる姿勢を批判する発言が相次いでいます。
関連記事
06/20(木)
(TBSテレビ[あさチャン!])
昨日行われた安倍総理との党首討論を受けて、立憲民主党・枝野幸男代表は「政権の対応が不誠実で、予算委員会からも逃げている」などと指摘、衆議院での内閣不信任決議案の提出を検討する考えを明らかにした。
不信任決議案をめぐっては、枝野代表が提出に消極的との批判が野党内で相次いでいて、方針を修正した形。
また、国民民主党・玉木雄一郎代表は、内閣不信任決議案の提出について「野党として戦う姿勢を失ってはいけない」「大事なことを隠す(安倍政権の)姿勢は、何らかの形で厳しく問うていかなければならない」と述べている。
枝野幸男代表のコメント。
06/20(木)
(TBSテレビ[はやドキ!])
安倍総理との党首討論を終えた立憲民主党・枝野幸男代表は「安倍政権の対応は不誠実で、予算委員会からも逃げている」などと指摘。
衆議院での内閣不信任決議案の提出を検討する考えを明らかにした。
不信任決議案をめぐっては、枝野代表が提出に消極的との批判が野党内で相次いでいて、方針を修正した形。
また、国民民主党の玉木代表は内閣不信任決議案の提出について「野党として戦う姿勢を失ってはいけない。
大事なことを隠す姿勢は何らかの形で厳しく問うていかなければならない」と述べている。
06/20(木)
(TBSテレビ[はやドキ!])
国会ではおよそ1年ぶりの党首討論が行われた。
野党が追及したのは金融庁の報告書が指摘した「年金と老後資金の(2000万円の)問題」だった。
国民民主党・玉木雄一郎代表、立憲民主党・枝野幸男代表安倍総理とのやり取り。
安倍総理は「国民に誤解が生じた」と認めつつも年金を持続可能とする姿勢を強調した。
野党側は「政府の対応が国民の不安を増幅させた」と批判。
安倍政権、アベノミクスに言及。
議論は平行線をたどり、最後に衆院解散について日本維新の会・片山虎之助共同代表から「この国会では解散をされるんですか、されないんですか」とストレートな質問が飛んだ。
これに対し安倍総理は「解散という言葉は私の頭の片隅にございません」と述べた。
党首討論後、枝野代表は衆議院での内閣不信任決議案に含みを持たせた。
参院選を見据えた与野党の攻防が激化している。

テレビえんすぽ テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.