JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年07月22日(月)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/06/25
TBSテレビ 【はやドキ!】
米国対イラン追加制裁に署名

Globali 海外メディア
関連動画
イラン革命防衛隊 タンカー拿捕時の映像を公開(19/07/21) (再生)
イランの精鋭部隊「革命防衛隊」は、中東のホルムズ海峡でイギリスのタンカーを拿捕(だほ)した際の映像を公開しました。 革命防衛隊が20日に公開した映像には、イランの小型船舶がイギリスのタンカーに接近しつつ、上空のヘリコプターからは複数の兵士が甲板に降下する様子が映っています。イラン側は拿捕の理由についてタンカーがイランの漁船と衝突事故を起こした後、漁船からの救難信号を無視したためだと説明しています。事件後にイランとイギリスの外相が電話会談し、イラン側は「タンカーは航行規則に違反したため、法的手続きを踏まなければならない」と述べ、解放の要求には即座に応じない姿勢を見せています。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

報復か? イラン 英タンカーを拿捕 「調査の必要あり」と正当化 (再生)
イランが中東のホルムズ海峡でイギリスのタンカーを拿捕(だほ)し、現地をめぐる緊張は一段と高まっている。↓記事はこちら://www.fnn.jp/posts/00421138CX/201907210150_CX_CXプライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH#ホルムズ海峡 #イラン #拿捕 #FNNプライムオンライン

イランが英タンカーを拿捕 ホルムズ海峡で報復か(19/07/20) (再生)
中東のホルムズ海峡でイランの精鋭部隊「革命防衛隊」がイギリスのタンカーを拿捕(だほ)しました。今月上旬にイランのタンカーが拿捕されたことへの報復とみられています。 イランメディアによりますと、革命防衛隊は19日、イギリスのタンカーをイラン側の警告を無視し、国際的な航行規則に従わなかったため拿捕したということです。タンカーには船員23人が乗っていて、UAE(アラブ首長国連邦)を出港してホルムズ海峡を通って、サウジアラビアに向かう予定でした。4日にはイランのタンカーがシリアに向けて石油を運んでいたとしてイギリスの海兵隊らに拿捕されていて、イランの最高指導者・ハメネイ師はイギリスへの報復を宣言していました。これに対して、イギリスのハント外相は「拿捕は受け入れられない」と述べ、イランに速やかな解放を求めています。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp
関連記事
07/22(月)
(テレビ朝日[大下容子ワイド!スクランブル])
来日している安全保障を担当する米国・ボルトン大統領補佐官が総理官邸で、谷内国家安全保障局長と会談。
ホルムズ海峡付近で起きたタンカーの襲撃やだ捕を受け、米国は船舶の安全を確保するため有志連合への参加を同盟国に呼びかけていて、議題になるかどうか焦点となっている。
ボルトン補佐官は午後には河野外務大臣や岩屋防衛大臣と会談する予定。
イラン国営放送のツイッターから、米国・トランプ大統領の映像。
07/21(日)
(BS1[BSニュース])
米国・ホワイトハウスのNSC(国家安全保障会議)・マーキー報道官は、20日ツイッターで「ボルトン大統領補佐官が日本と韓国を歴訪するため米国を出発した」と明らかにした。
ボルトン補佐官は日本での滞在中、太平洋戦争中の徴用をめぐる問題や日本の輸出規制などで悪化している日韓関係をはじめ、緊張が続くイラン情勢などについて日本側と意見を交わすものと見られる。
日韓関係については、米国・トランプ大統領が両国の緊張緩和に向けた仲介に意欲を示していて、ボルトン補佐官としても日米韓3か国の連携を重視する立場から日韓双方に対話による問題の解決を促すねらいがある。
対イラン強硬派として知られるボルトン補佐官は中東・ホルムズ海峡の安全確保のため米国が検討している有志連合の構想などについても説明し、日本に参加を呼びかける可能性もある。
07/21(日)
(BS1[BSニュース])
米国・ホワイトハウスのNSC(国家安全保障会議)・マーキー報道官は、20日ツイッターで「ボルトン大統領補佐官が日本と韓国を歴訪するため米国を出発した」と明らかにした。
ボルトン補佐官は日本での滞在中、太平洋戦争中の徴用をめぐる問題や日本の輸出規制などで悪化している日韓関係をはじめ、緊張が続くイラン情勢などについて日本側と意見を交わすものと見られる。
日韓関係については、米国・トランプ大統領が両国の緊張緩和に向けた仲介に意欲を示していて、ボルトン補佐官としても日米韓3か国の連携を重視する立場から日韓双方に対話による問題の解決を促すねらいがある。
対イラン強硬派として知られるボルトン補佐官は、中東・ホルムズ海峡の安全確保のため米国が検討している有志連合の構想などについても説明し、日本に参加を呼びかける可能性もある。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組