JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年08月25日(日)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/08/16
TBSテレビ 【ひるおび!】
<ひるトク!>日本批判抑え北朝鮮に秋波・韓国経済低迷で苦境か

Globali 海外メディア
関連動画
きょう日米首脳会談 北朝鮮や日韓関係も協議へ(19/08/25) (再生)
G7(主要7カ国首脳会議)でフランスを訪問している安倍総理大臣は日本時間の25日夜にトランプ大統領と会談し、北朝鮮問題や日韓関係などについて協議する見通しです。 安倍総理はドイツ、カナダの首脳と相次いで会談し、国際情勢で意見交換しました。フランスのマクロン大統領主催のG7各国との夕食会では、イランや北朝鮮など外交、安全保障の問題について意見交換したものとみられます。また、日本時間の25日夜にはトランプ大統領との会談を予定しています。日米貿易交渉が主なテーマとなる見通しですが、韓国がGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄し、その後に北朝鮮が弾道ミサイルを発射したこともあり、東アジア情勢についても時間を割くことになりそうです。日米韓の連携悪化を危惧するトランプ大統領に対し、安倍総理は冷静に対応していくという日本の立場を説明するものとみられます。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

岩屋防衛大臣 北朝鮮が「間隙をついた」 (再生)
北朝鮮がけさ、弾道ミサイルを2発発射したことをめぐり、岩屋防衛大臣は、北朝鮮の意図について、日韓関係悪化の「間隙を突いた」との見方を示しました。韓国が日本との軍事情報協定の破棄を通告した直後に北朝鮮がミサイルを発射したことについて、岩屋大臣はこのように述べたうえで、日本政府の情報収集に破棄通告は影響を与えなかったとの認識を示しました。一方、アメリカのトランプ大統領は、記者団に、これまで通り短距離ミサイルの発射は問題視しない姿勢を示しました。#岩屋防衛大臣#ドナルドトランプ#金正恩#弾道ミサイル

“北”短距離弾道ミサイル発射 日韓で情報共有 (再生)
北朝鮮は24日朝、短距離弾道ミサイル2発を発射した。韓国が「GSOMIA」破棄を通知した直後だが、日韓両国は情報を共有して対応している。↓記事はこちら://www.fnn.jp/posts/00422897CX/201908241158_CX_CXプライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH#北朝鮮 #GSOMIA #FNNプライムオンライン
関連記事
08/24(土)
(TBSテレビ[新・情報7daysニュースキャスター])
連日記者に囲まれているのは、近く行われる内閣改造で法相に起用されるチョグク。
韓国メディアが報じた疑惑とは、「チョグクの娘は高校はもちろん、大学と医学専門学校に入学する際、筆記試験を一度も受けていない」(朝鮮日報8月20日付)、さらに息子については兵役逃れの疑惑が。
記者の追及にチョはこれを認めているという。
側近のスキャンダルは時に、政権の命取りともなる。
パククネ前大統領も、側近のスキャンダルで失脚している。
親友が娘を大学に裏口入学させ、大統領との関係を悪用した職権乱用や収賄疑惑などが発覚。
するとパク大統領の弾劾を求め10万人のデモがおこなわれた。
文大統領はこの二の舞にならないよう、国民の目をチョのスキャンダルからそらすためGSOMIAの破棄を利用したのではないかとの見方が広がりつつあり、野党も厳しく追及する構えを見せているという。
過去にも政権がピンチになるたびに利用されてきた反日感情。
安全保障の分野にも及んだ亀裂。
北朝鮮は日米韓の連携の乱れをあざ笑うかのように、きょうもまたミサイルを発射した。
コリアレポート編集長・辺真一のコメント。
08/24(土)
(テレビ朝日[スーパーJチャンネル])
今朝午前6時44分と7時1分に北朝鮮が飛翔体を発射。
いずれも弾道ミサイルで日本の排他的経済水域の外に落下したとみられる。
韓国がきのう、GSOMIA破棄を通告し日韓の軍事的連携が緩むことはむしろ北朝鮮にとっては都合がいいはず。
なせ発射する必要があったか。
北朝鮮はここ3週間のうちに4回、ミサイルとみられる飛翔体を発射させた。
共同通信・前平壌支局長で編集委員の磐村和哉によるとここ3週間の飛翔体発射は韓国に向けて「ちゃんと実行しろ」と圧迫しているとし「文在寅大統領の色んな閣議での発言、対外的に8月15日の光復節の演説に対する返事」とコメント。
6日の発射の前日5日には大統領府の首席秘書官補佐官会議で文在寅大統領が「南北の経済協力で平和経済を実現すれば日本を一気に追い抜くことができる」と強調したと報じられている。
また16日の発射の前日15日は、日本の植民地支配からの解放を祝う光復節で文在寅大統領は「南北統一によって我々は誰も揺さぶることができない国をつくることができる」と演説。
今朝の弾道ミサイル発射について磐村和哉は「GSOMIAの破棄を決定するとこれまら90日間は元に戻すことができる期間。
心変わりするなという発射だったと思う」とコメント。
岩屋毅防衛大臣のコメント。
韓国大統領府、韓国・ソウル、防衛省の映像。
08/24(土)
(BSジャパン[日経プラス10サタデー])
韓国大統領府は22日、2016年に日本と締結した軍事情報包括保護協定、GSOMIAを破棄する決定をした。
光復節で文在寅大統領は「2045年までにワンコリアができるよう約束する。
ソウルと北朝鮮・平壌で2032年の五輪共催を目指す」と演説。
翌日北朝鮮は先月25日以降6回目のミサイルを発射→米韓軍事演習に反発。
慶應義塾大学教授・西野純也が「文政権は米韓同盟は強固なものであり、韓国の防衛は韓国で担うという強い意志を見せている。
日本との安全保障協力は当面無くても大丈夫と判断した」などスタジオコメント。
東アジアについて言及あり。
北朝鮮・金正恩委員長、安倍総理大臣、米国・トランプ大統領、中国・習近平国家主席の映像。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組