JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年09月22日(日)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/08/24
テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
北朝鮮・弾道ミサイル発射

Globali 海外メディア
関連動画
米朝協議の代表に金明吉氏 ボルトン氏解任を評価(19/09/21) (再生)
非核化を巡るアメリカと北朝鮮の実務協議で、北朝鮮側は金明吉(キム・ミョンギル)前駐ベトナム大使が首席代表を務めることを表明しました。 朝鮮中央通信は20日、金氏の談話を伝え、米朝実務協議で北朝鮮の首席代表を務めることを明らかにしました。金氏はトランプ大統領が対北朝鮮強硬派のボルトン補佐官を更迭したことについて「面倒な厄介者がいなくなった」「懸命な政治的決断を歓迎する」と評価しました。また、「近く行われる協議にアメリカがまともな計算法を持って臨むものと期待し、結果について楽観したい」と北朝鮮の段階的な非核化をアメリカが受け入れることへの期待を示しました。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

日朝関係「悪化の一途」 北朝鮮大使、金丸氏次男に (再生)
北朝鮮の宋日昊・朝日国交正常化交渉担当大使は18日、平壌を訪問している故金丸信・元自民党副総裁の次男、信吾氏らと懇談した。宋氏は「朝日間の関係は正常な関係はおろか悪化の一途をたどっている」と述べた。記事詳細://www.47news.jp/news/4012541.html

金丸信氏の生誕105年祝う 訪朝の次男が出席 (再生)
北朝鮮・平壌を訪問している故金丸信・元自民党副総裁の次男、信吾氏は17日、信氏の生誕105年の祝賀会に出席した。
関連記事
09/22(日)
(NHK総合・東京[日曜討論])
河野太郎防衛大臣は、北朝鮮への対応について「今は短距離弾道ミサイルの発射だが、これはもう完全に安保理決議違反。
今、日米で認識を同じくし、この発射が繰り返される中でミサイル技術が高度化されるというのは、東アジアのみならず米国をはじめ様々な地域にも影響が出ること。
日本としては、あらゆる状況に対応できるようなミサイル防衛能力をしっかり強化していきたいと考えている。
そのための準備をしっかりやっていきたい」とスタジオコメント。
09/22(日)
(NHK総合・東京[日曜討論])
茂木敏充外務大臣は、日本韓国関係について「未来志向の日韓関係を築くことについては、両国の共通認識だと思っている。
国際法に違反する状態は是正してほしいと思っている。
そういった中で外相間での対話であったりとか、外交当局間での意思疎通、これはこれからもしっかり図っていきたいと思っている」、北朝鮮への対応について「9月16日にポンペオ長官と電話会談を行った。
北朝鮮を巡る拉致、核、ミサイルの解決に向けて、引き続いて日本米国で緊密な連携を取っていきたいと思っている。
北朝鮮によるあらゆる射程の弾道ミサイルの発射は米安保理決議違反であって極めて遺憾。
動向をこれからも注視していきたい。
日本として今、進んでいる米朝プロセスをしっかりと後押しをしていきたい。
日米、日米韓で緊密に連携をすると。
また中国、ロシアをはじめとする国際社会と協力しながら、北朝鮮のCVIDの実現に向けて安保理決議の完全な履行を求めていきたい」とスタジオコメント。
09/22(日)
(フジテレビ[日曜報道 THE PRIME])
ロケットやミサイル発射実験を繰り返す北朝鮮、11日、朝鮮中央テレビが報じた飛翔体発射実験、その中に空撮写真が1枚だけあった。
今回の発射場所はケチョン付近。
見つけた滑走路と北朝鮮が公表した写真を比べると道の特徴が一致。
元防衛省分析官・西村金一はこの場所から撃ったことに意味があるという。
今回の飛距離は330km、ケチョンから330kmの射程はソウルが入る。
精密誘導機能が備わっており、目標を正確に捉えることができ、青瓦台を撃てることを見せつけたかったという。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
人気ランキング
注目番組