JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年09月21日(土)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/09/14
NHK総合 【NHKニュース】
台風15号被害・15万戸余停電・停電長期化に不安の声も
関連動画
台風上陸から10日 懸念広がる被災住宅への影響 (再生)
千葉県では、きのう、午後を中心にまとまった雨が降りました。台風で屋根や壁に大きな被害を受けた家ではブルーシートを張って一時的に雨をしのいでいますが、補修には時間がかかるため、家屋への影響が懸念されます。台風の直撃から10日経った今も、爪痕が色濃く残る千葉県。現在も3万戸近くで停電が続き、5 000戸余りが断水しています。さらに心配されるのが、屋根に被害を受けた家屋です。住民:「ここが一番ひどい。天井に溜まっていた水がずっと落ちてきた」。屋根瓦が飛ばされたこちらの家。台風の5日ほど後になって、業者にブルーシートを張ってもらいました。その間、雨は降らなかったものの、台風の時に溜まった雨が、毎日家の中に落ちてきました。住民:「天井の白いのはたぶんカビ。もうじき剥がれそう」。1階も2階も関係なく、ほとんどの部屋で天井が傷み、補修が必要な状態です。屋根に被害が及ぶなど一部が損壊した家屋は、千葉県内でおよそ7 000棟。応急処置で手一杯の状況が続いています。住民「(業者は)今はブルーシートを張るのが精一杯。また土日月と雨という。ブルーシートかけても完全には防げない。あきらめている」。なぜ、建物の補修に時間がかかっているのでしょうか?不動産事情に詳しい専門家は・・・。長嶋修氏「恒常的に人と資材が不足している。若い職人が圧倒的に少なくて高齢化が進んだ」。今は一時的にブルーシートをかけて雨や風をしのいでいる状況ですが、その状態が長引けば、建物への影響も大きくなってきます。長嶋修氏「建物は基本的には水にめっぽう弱いので、長らく放置されているとカビが入る温床になったり、もっと時間がたつと腐ってしまうとかシロアリの温床になる可能性がある」。さらに、壁が被害を受けていれば、壁の中にある筋交いや耐震ボードが傷ついている可能性もあります。長嶋修氏「建物の構造、ひいては耐震性みたいなところが心配」。

多くの住宅に“ブルーシート” 千葉・南房総市で講習会も (再生)
台風15号の影響で千葉県では大規模停電が続いている。南房総市では、住宅の屋根が壊れたまま、ブルーシートで雨をしのぐ様子がいたるところで見られる。↓記事はこちら://www.fnn.jp/posts/00424258CX/201909190618_CX_CXプライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH#台風 #千葉県 #停電 #FNNプライムオンライン

「安全でより早く」ブルーシート張り方指導に愛知県の男性が千葉県へ出発 (再生)
台風15号で被害を受けた千葉県の被災者を支援しようと、愛知県春日井市のボランティアの男性が千葉県に向け出発しました。 現地で行うのは「ブルーシートの張り方講習」です。 台風15号で大きな被害を受けた千葉県では、今も、屋根が壊れたままの住宅が多く、雨風を防ぐためのブルーシートが必要です。 しかし、設置する業者が足りず、作業が進んでいないうえ、18日も断続的に雨が降りました。 愛知県春日井市の赤池博美さん(49)は、東日本大震災をきっかけにボランティア団体を設立。 これまでの経験を活かし、ブルーシートを安全で効果的に張る方法を指導する講習会を開くことを決め、千葉県木更津市へ出発しました。 「安全でより早くブルーシートを張る方法を、多くの人に伝えて支援が行き届けば」(災害ボランティア愛・知・人 赤池博美代表) 赤池さんは、9月末まで支援活動を行う予定です。(18日18:38)------------------■そのほかの東海地方のニュースは「CBCニュース」にて配信中。://hicbc.com/news/?ref=yt■LINE NEWSでもニュース配信中。友だち登録はこちらから。://line.me/R/ti/p/%40oa-cbctv
関連記事
09/21(土)
(日本テレビ[ズームイン!!サタデー])
東京電力が公開している今朝の停電情報(市原市、八街町、茂原市、君津市、鴨川市、南房総市、袖ケ浦市、木更津市、富津市、鋸南町)。
約4600件。
台風17号が日本列島を北上する見込み。
気象庁は早めに対策をとるよう呼びかけている。
(中継)沖縄・那覇空港。
千葉県・南房総市の家では台風直撃から12日目の昨日もまだ停電が続いていた。
冷蔵庫に何も入れられないという。
長引く停電の原因は、台風15号の影響で鉄塔や多くの電柱が倒れた千葉県。
周辺の木が覆いかぶさるように倒れている。
このため復旧作業が長期化している。
要因の一つとして、東京電力の作業員が倒木撤去に不慣れなことがあげられる。
東京電力パワーグリッド・菅野欣浩は「樹木の伐採は普段慣れていない」とコメント。
当初東京電力がメインで行っていた復旧作業。
防衛省によると自衛隊と東京電力の連携が開始したのは台風直撃~6日たった今月15日から。
防衛相経験者は「基本的には知事からの要請でしか自衛隊は動けない」とコメント。
千葉県の森田知事がもっと早く連携を求めるべきだったとの声があがっている。
政府の自衛隊派遣は原子力災害時などに限り自治体の要請なしで可能。
台風は対象外。
政府主導の派遣はできなかった。
森田健作知事は「遅くはない情報網が少なかった。
被害を掴むことが出来なかった」とコメント。
千葉・君津市、南房総市、沖縄・那覇市、気象庁・中村直治予報官の映像。
ブルーシートに言及。
09/20(金)
(テレビ朝日[報道ステーション])
あすから3連休だが台風17号が列島を直撃し、広い範囲で荒れた天気となりそう。
台風15号の被害を受けた千葉県は農産物の産出額全国4位の農業県。
八街市で葉物野菜を育てる大槻は124棟あるビニールハウス全てが被害を受けた。
被害は千葉県全域に及ぶためビニールハウスを直すための資材が足りず、復旧のめども立たない。
農作物やビニールハウスなど台風15号による被害額は283億円を超えた。
台風17号は前線とともに北上するため3連休中は台風から離れた千葉でも雨や風が強まるおそれがある。
気象庁は被災地へ注意を促す臨時の会見を開いた。
中村直治予報官は「停電や住宅の被害が長期化している地域においても雨や風が強まるおそれがある」と話した。
鋸南町・白石治和町長からは「ブルーシートも、張る人手も足りない」との訴えも。
千葉では約1万軒で停電が続いている。
政府は台風15号での被害を激甚災害に指定する方向で調整を始めた。
本来は補償の対象外である屋根の一部損壊についても補助する方針。
農業生産法人旦千花代表・大槻真一郎のコメント。
ラジオ、テレビについて言及あり。
千葉県・森田知事の映像。
09/20(金)
(NHK総合・東京[ニュースウォッチ9])
台風17号について気象庁が会見。
気象庁・中村直治予報官は「台風の北上に伴い、前線も北上して活動が活発となる見込み」、台風15号の被災地について「千葉県や伊豆諸島など停電や住宅の被害が長期化している地域でも雨や風が強まるおそれがある。
ブルーシートが10mを超える風になると飛散しやすい。
対策を早めに」と述べた。
被災地では、台風の接近を心配する声。
壊れた屋根にブルーシートを張る作業などが急ピッチで進められていた。
千葉・館山市の映像。
住民のコメント。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
人気ランキング
注目番組