JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年10月19日(土)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/10/12
TBSテレビ 【新・情報7daysニュースキャスター】
台風19号・関東縦断中・記録的大雨に暴風続く
関連動画
台風直撃から6日、復旧進む被災地に影 週末は大雨に警戒 (再生)
台風19号が関東地方を直撃して6日がたつ中、東京都内でも復旧作業が続いています。住民の不安は「次に降る大雨」です。 市内を流れる秋川が氾濫した東京・あきる野市では、護岸が流された山田地区を中心に床上浸水52件、床下浸水29件の被害が出ました。川のすぐそばにあった男性の家は、河川が氾濫して床上70センチのところまで水が流入したということです。水を吸った床はめくれ上がり、1階にあった家具や家電はほぼ全滅しました。 不安視されているのが次の週末の雨です。10月17日から降ったりやんだりを繰り返し、19日までに100~150ミリのまとまった雨が降るとみられています。気象庁はこの雨で、前回被害があった地域に土砂災害の恐れがあると注意を呼び掛けています。<被災者向け相談窓口を設置 東京・大田区> 多摩川の氾濫で浸水被害のあった大田区は、本庁舎の中に区民の相談を受け付ける窓口を設けました。 多摩川の氾濫で590件の浸水被害が出た大田区田園調布では、週末にまとまった雨が降る予報が出ているため、住民は復旧を急いでいます。この事態に、大田区は16日から区役所2階に相談窓口を開設しました。相談内容は罹災(りさい)証明書の発行やごみの回収方法のほか、被災建物の助成についての相談もあるということです。窓口では25日まで相談を受け付けます。

ソフトクリームロボで人手不足に勝つ セブン&アイグループ (再生)
セブン&アイ・フードシステムズは、たこ焼きとソフトクリームの調理ロボットを関東地域の飲食店に初めて導入する。人手不足に対応することに加え、エンターテインメント性を演出し誘客につなげる。ロボットはコネクティッドロボティクス(東京都小平市)が開発した。【日経電子版】 http://www.nikkei.com/※日本経済新聞社の動画について改ざんや、許可なく商用・営利 目的で利用することを禁じます。

【台風19号】那珂川氾濫の水戸市 水没の店舗、再開めど立たず (再生)
那珂(なか)川が氾濫した水戸市の常磐自動車道水戸北スマートインターチェンジ付近では、ホームセンターやレストランなどがほぼ沈む被害に見舞われた。15日午前に水が引き始め、住民らが復旧作業の様子を見守った。 水が引いた道路の周辺は、腐臭のような酸っぱいにおいがかすかに漂い、ホームセンターで販売されていたとみられるポリタンクや肥料が入った袋、花などが散乱していた。 ホームセンターの男性従業員は「店はほとんど水没し、今朝、ようやく近寄ることができた。まだ中の様子も見ておらず、危険なので何もできない。店の再開はいつになるか分からない」と声を落とした。
関連記事
10/18(金)
(テレビ東京[ワールドビジネスサテライト])
東日本を中心に深刻な被害を与えた台風19号の上陸から明日で1週間を迎える。
今なお10人が行方不明で生活再建に向けた復旧作業も進むなか被災地の一部ではボランティアの受け入れ態勢が整いつつあり、支援の輪が徐々に広がっている。
宮城県丸森町の中心部では災害ゴミが山積みになり、被災した住宅では片付けが進んでいない。
そんななか復旧作業を加速させる力として期待されるのがボランティア。
明後日から県外からのボランティアの受け入れを開始。
廃業したドラッグストアの店舗を受け入れ拠点にするため、泥の掃き出しや机の搬入などが急ピッチで進められている。
またより多くのボランティアに来てもらおうと地元のベンチャー企業も動き出した。
ローニンハウスの代表・嶋崎康二は運営する有料のゲストハウスを災害ボランティアに無償で提供する事に決めた。
また支援の輪を広げようと他の宿泊施設にも呼び掛け、現在10軒ほどと協議。
専用のウェブサイトでボランティアに紹介している。
ただ明日は被災地も含め東海や関東、東北の太平洋側を中心に大雨となる見込みで、気象庁は警戒を呼び掛けている。
被災者のコメント。
10/18(金)
(テレビ朝日[報道ステーション])
台風19号で観測史上最大、1000mmを超す雨が降った神奈川県箱根町。
スタジオで気象予報士・喜田勝が解説(雨の範囲と強さ、雨風の予想など)。
西のほうでは記録的短時間大雨情報が出た所もある。
三重県尾鷲市では1時間に120mm以上の雨が降り、三重県と徳島県に土砂災害警戒情報が出ている。
あす朝にかけて近畿地方から関東にかけて強い雨が降りやすい状況。
台風15号の被災地でもある千葉県でも激しい雨が降りやすく、場合によっては突風、竜巻のおそれもある。
その後雨雲は関東地方を抜け、昼頃にかけて東北地方でピークを迎え、夜には北海道が本降りの雨になりそう。
被災地では復旧作業が続いている。
房総半島などでは150mmの雨を予想。
どういったポイントに注意したらいいか、山間部では少量の雨でも崩れやすく、地下水位が上昇しているため大きな土砂崩れにつながるおそれもある(東京大学・堀田紀文准教授)。
堤防の強度が落ちてより壊れやすくなっている。
住宅地では側溝などに泥が埋まっているところが多くあると思われ、少量の雨でも冠水のおそれがある。
新たに台風20号が発生。
来週にかけて沖縄県に近づきそう。
(中継)神奈川県箱根町。
10/18(金)
(NHK総合・東京[ニュースウォッチ9])
台風19号の被災地で、再び雨が降り出した。
あす夕方にかけて、関東甲信や東北でも局地的に非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれがある。
新たな災害に警戒が必要。
復旧作業や家の片づけが阻まれている。
千曲川の決壊で甚大な被害が出た長野・長野市穂保地区では、雨が降りだす前に少しでも片づけを進めようと住民たちが作業に追われた。
この地区に住む男性の自宅を取材。
この3日間で泥の水分が少しずつ抜けて軽くなり、敷地の入り口から玄関先まで泥を取り除くことができた。
水を含んだ泥の部分もまだ残っている。
重い家具は運び出せないまま。
雨でまた泥が水分を含むと作業の妨げになるのではと不安を募らせている。
穂保地区には今も自宅前の水が引いていない所があった。
自宅前の設備に泥が詰まり排水できない状態。
このまま雨が降ると再び浸水してしまうのではないかと心配している。
雨が降りだす前に片づけを進めようにも仮置き場は電化製品や布団などが山積みの状態。
雨が降り出し住民たちは作業を切り上げ避難先などへ戻っていった。
水が引いていない男性の自宅を再び訪ねると息子さんが胸の内を語った。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組