JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年10月24日(木)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/10/13
フジテレビ 【FNN Live News days】
中継・長野市・千曲川・堤防決壊で大規模浸水被害
関連動画
NBSみんなの信州 報道特番 検証“千曲川氾濫”~被災地からの報告 復旧・生活再建の道筋は~ (再生)
台風19号の影響で千曲川が氾濫し、長野県では人的被害は死者3人、行方不明者2人、負傷者124人、住宅被害は全部で9 300棟以上と甚大な被害となり、900人以上が不便な避難生活を余儀なくされている。://www.fnn.jp/posts/00426055CX/201910231522_NBS_CX※営利目的での映像のエンベッドを禁じます。

千曲川が決壊した長野市 雨で中断の復旧作業を再開(19/10/23) (再生)
台風19号の影響で千曲川が決壊した長野市では、22日に雨で中止されていたボランティアの受け入れが再開して復旧作業が進められています。 (中野希友未アナウンサー報告) 多くの住宅に浸水被害があった地区は、22日までの雨で道路の土が水を含んでぬかるんでいます。祝日の22日は雨でボランティアの受け入れが中止され、復旧作業はストップしていましたが、雨が上がった23日から再開しました。被災した住宅で水を含んで重たくなった泥の片付けなどを手伝っています。 被災した住民:「(片付け作業は)何とかなっている。皆さんが協力してくれるので助かっている。きょうは冷蔵庫の中のリンゴを片付けるのと、重機を持ってきてもらえるので、大きい物の片付けをお願いしようと思っている」 ボランティア:「助けないといけない。自分たちの身近で起きていることなので(ボランティアに)来た」 ボランティアの手を借りて片付け作業は再開しましたが、重い泥を雪かきやバケツで運んでいる人もいます。泥を運ぶ一輪車が足りないなど、片付けに使う物資が不足していると話す住民もいて、作業はまだ時間がかかりそうです。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

台風19号被災地に強い雨 丸森町で小中学校再開へ (再生)
台風20号から変わった温帯低気圧の影響で、台風19号の被災地に強い雨が降った。日までに降った雨により、千曲川の水位が上がり、支流の浅川へ水が逆流する、いわゆる「バックウオーター」現象が起きる可能性があり、浅川の水門が閉じられた。そのため長野市は、午後3時40分すぎ、浅川流域の一部にあらためて避難を呼びかけた。その後、ポンプ車による排水作業が行われ、千曲川の水位が下がったため、午後9時前に完全に水門を開いたという。一方、宮城・丸森町の小・中学校では、23日から授業が再開されるのを前にそれぞれの学校で準備が進められた。そのうち、金山小学校は校舎が被災したうえ、グラウンドが災害ごみの仮置き場となっていて、丸森小学校の教室を借りて授業を再開することになっている。↓記事はこちら://www.fnn.jp/posts/00426037CX/201910230622_CX_CXプライムオンライン://www.fnn.jp/チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH
関連記事
10/23(水)
(テレビ朝日[報道ステーション])
今日は日本列島の広い範囲で晴れ間が広がり台風の被災地でも青空の元ボランティアが加わり復旧作業が行われた。
ボランティアの数が足りていないとのこと。
福島・郡山市の3つの小学校は浸水被害で休校が続いていたがバスで近くの別の小学校や中学校へ移動し今日から授業を再開した。
長野県内では台風被害で一部区間が不通になっているしなの鉄道に代わり北陸新幹線やバスで代替輸送が始まった。
対象となるのは通学定期を持つ生徒。
約1週間ぶりに朝からよく晴れた長野市では住民やボランティアが窓やカーテンを開放し浸水した家具を運び出していた。
昨日の雨で中断していたりんごの処分作業も急ピッチで行われた。
宮城・丸森町では学校から帰って来た子どもたちも含め住民総出の作業を行った。
被災地では昨日雨で中止になっていたボランティアの受け入れが再開した。
住民が気になっているのは今後の天気。
ボランティアの受け入れが亡くなり作業効率も下がってしまう。
明日以降被災地では雨が降る予報。
台風19号で被災した地域が広くボランティアが足りていない。
県外からの災害ボランティア受け入れ自治体は1都9県46自治体、高速道路無料措置(NEXCO東日本、首都高速など6社)、無料ボランティアバス、宿泊費支援(兵庫県)、ドラえもん募金について解説。
福島・郡山市、長野・佐久市、佐久平駅、長野市、宮城・丸森町、長野・佐久穂町の映像。
ジャーナリスト・後藤謙次のスタジオコメント(厚生労働省、社会福祉協議会、全国災害ボランティア支援団体ネットワークについて)。
10/23(水)
(NHK総合・東京[ニュース7])
台風19号の被害。
片づかない大量の泥、土砂、災害廃棄物。
住民の苦闘が続いている。
福島・田村市では、土砂の片づけ作業中の事故で、男性が死亡していたことが分かった。
台風19号で亡くなった人は、NHKの取材で全国で84人、9人が行方不明になっている。
決壊した千曲川の堤防の仮の堤防は、本来の堤防より強度が低いため、鉄板を使って囲う工事が24時間態勢で行われている。
被災地が抱える大きな悩みが、災害廃棄物。
長野市はきょう、新たに仮置き場を開設した。
宮城・大郷町の映像。
重機に言及。
10/23(水)
(テレビ朝日[スーパーJチャンネル])
非常に強い台風21号が迫っているが、19号の被害はまだ癒えていない。
人気の温泉地からは悲鳴、秋の味覚にも深刻な影響が出ている。
吉田川の堤防が決壊した宮城県大郷町。
全国的に有名な地域のブランド「仙台牛」を出荷する牛舎が深刻な事態に直面。
千葉昌史は台風19号による被害で牛舎などが水没し、生産する牛の7割を失った。
宮城県では旬を迎える松島のカキが高波などにより3~4割被害を受けた。
これからシーズンを迎えるカキ小屋も営業期間を変更。
善光寺参りの精進落としの湯として親しまれる戸倉上山田温泉(長野県千曲市)。
決壊した千曲川沿いに位置する人気の温泉地。
943人のキャンセルが出ている(信州千曲観光局調べ)。
千葉昌史、磯崎漁業組合組合長・赤間庄三、ホテル圓山荘社長・猪俣晃のコメント。
震災、津波、新幹線について言及あり。
宮城・松島町、地図(長野市など)の映像。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組