JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年11月16日(土)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/11/11
テレビ朝日 【グッド!モーニング】
<7時のニュースまとめ>儀式続く・一代に一度だけ「大嘗祭」とは?
関連動画
自民党派閥トップが政府に苦言 (再生)
来年の開催中止がきまった総理大臣主催の「桜を見る会」をめぐり今年4月の招待客をまとめた名簿の一部が既に廃棄されていることを受け、自民党石破派の会長を務める石破元幹事長は、過去の招待客の名簿を保存すべきだと訴えました。さらに石原派の会長を務める石原元幹事長も、桜を見る会をめぐって「長期政権の緩み」と批判される安倍政権に対し警鐘を鳴らしました。

“一世に一度”門外不出の秘儀 「大嘗宮の儀」とは (再生)
「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」について、フジテレビ宮内庁担当の宮崎千歳記者とお伝えします。日から15日にかけて行われる儀式だが、まず、日本を2つに分け、東の地方のコメなどを備える悠紀殿(ゆきでん)と、西の地方のコメなどを供える主基殿(すきでん)、対となった2つの建物でそれぞれ行われる。幄舎(あくしゃ)には、招待された三権の長などが参列を始めている時間帯かと思われる。膳屋(かしわや)では、神様に供える食事、「神饌(しんせん)」を準備。それから、全国からの特産品、これらを称して「庭積の机代物(にわづみのつくえしろもの)」が置かれる庭積帳殿(にわづみのちょうでん)。そして、いよいよ午後6時半ごろ、天皇陛下は廻立殿(かいりゅうでん)をお出になって、悠紀殿に入られる。皇后さまは、このときご一緒に悠紀殿には入られず、悠紀殿の隣の帳殿(ちょうでん)という建物に入られる。そして始まるのが「悠紀殿供饌の儀(ゆきでんきょうせんのぎ)」で、およそ3時間にわたる儀式が行われる。このあと天皇・皇后両陛下ともに、いったん廻立殿から宮殿のほうにお戻りになる。そのあと、日をまたいだ15日の午前0時半からは、今度は主基殿に入られて、同様に「主基殿供饌の儀」に臨まれる。これらの儀式は、移動される両陛下の様子は見ることができるが、儀式の様子は完全非公開となっている。悠紀殿の中で何が行われるのか。悠紀殿の内部の様子を表したイラスト。まず、寝座(しんざ)というのが、天照大御神(あまてらすおおみかみ)のための場所。天皇陛下は、御座(ぎょざ)と呼ばれるところにお座りになる。お座りになる向きは、伊勢神宮の方角を向いている。この先には神座(しんざ)というものがあって、この時点で、天皇陛下は神々と向き合われているという形をとっているという。隣には、「うねめ」と呼ばれる介添え役の女性がいて、その女性の手伝いを受けながら、陛下はコメやタイ、果物などを神々にお供えする。その後、五穀豊穣(ほうじょう)などを祈るお告文(つげぶみ)を読み上げて、供えた食べ物を口にされる「直会(なおらい)」と呼ばれる儀式を行う。(2019/11/14)プライムオンライン://www.fnn.jp/★チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

政府専用機でボヤ そのとき機内は?【官邸キャップ篠原の「永田町ウラ話」5】 (再生)
総理大臣が外遊に向かう際に搭乗する「政府専用機」。一般の人でも見られる機会はありますが、基本的には政府関係者や同行記者などしか搭乗する機会はありません。 そんな政府専用機で、今月上旬「ボヤ騒ぎ」が起こりました。高度数千メートルで、安倍総理大臣も搭乗中の機内は、どんな様子だったのでしょうか。 また政府専用機の実態についても、少しお話ししています。ボヤが起きた政府専用機に搭乗していたテレビ東京政治部の坂本圭記者とともに官邸キャップ篠原裕明記者が解説します。#政府専用機#機内#火事#ボヤ#安倍総理大臣#官邸キャップ#篠原裕明#坂本圭
関連記事
11/15(金)
(フジテレビ[めざましテレビ])
昨日から今日未明にかけて、皇居で、大嘗祭の中心的な儀式「大嘗宮の儀」が行われ、天皇陛下は御祭服を着て臨まれた。
儀式は、東日本を意味する悠紀殿、西日本を意味する主基殿で行われた。
天皇陛下は、昨日午後6時半過ぎ、三種の神器のうちの「剣璽」と呼ばれる剣と勾玉と共に「悠紀殿供饌の儀」に臨まれた。
皇后・雅子さまは、純白の十二単を着て、「おすべらかし」と呼ばれる髪型で、悠紀殿のそばに設けられた帳殿に入られた。
帳殿での拝礼を終えられた皇后さまは、その後、身支度をする廻立殿に向かわれた。
大嘗宮の儀には、秋篠宮ご夫妻ら皇族方も出席された。
安倍総理大臣や三権の長、国会議員など約500人が参列した。
秘儀とされる儀式では、天皇陛下は、御告げ文を大和言葉で読み上げ、陛下自らが神前にお供えしたものを口にされる直会が行われる。
この時使われる米は、斎田と呼ばれる田んぼで収穫されたもので、今回は、東日本は栃木県、西日本は京都府の米が奉納された。
大嘗宮には、各地の特産品も供えられた。
悠紀殿での儀式を終えられた陛下は、午後9時過ぎに悠紀殿を退出された。
その後、陛下は身を清められ、今日午前0時半過ぎから、主基殿に入られ、悠紀殿と同様の「主基殿供饌の儀」を行われた。
儀式は午前3時15分頃に儀式を終え、退出された。
大嘗祭は、約1350年前の天武天皇の時代に始まったとされる。
今回の儀式が行われた大嘗宮は、今月21日から来月8日まで一般公開される。
儀式に参列したフジテレビ・皇室担当・橋本寿史解説委員は「今回行われた大嘗宮の儀は、天照大神などの神々に五穀豊穣と日本の安寧を祈る儀式、新嘗祭と言われている儀式の拡大版」と説明し、儀式の様子などを説明した。
今回の大嘗宮の儀と平成の時の儀式の違いの説明。
シャインマスカットを納めた山形県のブドウ農家の人のコメント。
時事よりの写真。
11/15(金)
(テレビ東京[Newsモーニング・サテライト])
きのう夜から執り行われた大嘗祭の中心的儀式・大嘗宮の儀が終了した。
天皇陛下は皇居・東御苑に建てられた大嘗宮の廻立殿で身を清めたあと、悠紀殿供饌儀に臨み、栃木県で収穫された米、粟、酒などを神前に供え、自らも食べて五穀豊穣に感謝し、国民の安寧を祈られた。
皇后さまも白の十二単姿で帳殿に入り拝礼された。
陛下は主基殿供饌の儀に望み、京都産の米などが供えられた。
建物内部の儀式は秘事とされ、公開されていない。
儀式は夜通しで行われた。
悠紀殿での儀式には安倍総理大臣ら510人が参列。
主基殿の儀式には425人が参列。
大嘗祭は天皇代替わりに伴う一世に一度の祭祀として、7世紀後半から行われている。
大嘗宮は今月21日~来月8日まで一般公開される。
11/15(金)
(BSジャパン[Newsモーニング・サテライト])
きのう夜から執り行われた大嘗祭の中心的儀式・大嘗宮の儀が終了した。
天皇陛下は皇居・東御苑に建てられた大嘗宮の廻立殿で身を清めたあと、悠紀殿供饌儀に臨み、栃木県で収穫された米、粟、酒などを神前に供え、自らも食べて五穀豊穣に感謝し、国民の安寧を祈られた。
皇后さまも白の十二単姿で帳殿に入り拝礼された。
陛下は主基殿供饌の儀に望み、京都産の米などが供えられた。
建物内部の儀式は秘事とされ、公開されていない。
儀式は夜通しで行われた。
悠紀殿での儀式には安倍総理大臣ら510人が参列。
主基殿の儀式には425人が参列。
大嘗祭は天皇代替わりに伴う一世に一度の祭祀として、7世紀後半から行われている。
大嘗宮は今月21日~来月8日まで一般公開される。
本日の「グッド!モーニング」...
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組