JCCテレビすべて
最新のTV情報
2019年11月15日(金)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2019/11/11
日本テレビ 【スッキリ】
解説・即位パレードに込められた“配慮”・車列や音楽隊に秘密が
関連動画
「大嘗祭」夜通し続く儀式の裏側 宮内庁職員の苦労(19/11/14) (再生)
14日夜に行われます大嘗祭(だいじょうさい)、大嘗宮の儀についてお伝えしていきます。 このあと控えているのが「悠紀殿(ゆきでん)」と「主基殿(すきでん)」でそれぞれで行われる「供饌(きょうせん)の儀」です。悠紀は現在の東日本を、主基は西日本を指していて天皇陛下が神々に対して国の安寧(あんねい)や五穀豊穣(ほうじょう)を感謝して、自然災害が起きないよう祈る儀式です。そのなかで陛下は天皇の祖先とされる天照大神と神々に「神饌(しんせん)」と呼ばれる供え物を特別なお箸を使って、ひとつひとつ皿に並べられるとみられています。「悠紀殿」では栃木産の米「とちぎの星」などが、そして「主基殿」では京都産の米「きぬひかり」などが供えられます。儀式はそれぞれ数時間にも及びます。前回、平成の時には午後5時半ごろに悠紀殿での儀式が始まり、陛下が退出されたのは午後9時半ごろ。そして、間が2時間ほど空きまして主基殿での儀式が午後11時30分ごろに始まり、陛下が退出されたのは、翌日の午前3時半ごろでした。[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

“一世に一度”門外不出の秘儀 「大嘗宮の儀」とは (再生)
「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」について、フジテレビ宮内庁担当の宮崎千歳記者とお伝えします。日から15日にかけて行われる儀式だが、まず、日本を2つに分け、東の地方のコメなどを備える悠紀殿(ゆきでん)と、西の地方のコメなどを供える主基殿(すきでん)、対となった2つの建物でそれぞれ行われる。幄舎(あくしゃ)には、招待された三権の長などが参列を始めている時間帯かと思われる。膳屋(かしわや)では、神様に供える食事、「神饌(しんせん)」を準備。それから、全国からの特産品、これらを称して「庭積の机代物(にわづみのつくえしろもの)」が置かれる庭積帳殿(にわづみのちょうでん)。そして、いよいよ午後6時半ごろ、天皇陛下は廻立殿(かいりゅうでん)をお出になって、悠紀殿に入られる。皇后さまは、このときご一緒に悠紀殿には入られず、悠紀殿の隣の帳殿(ちょうでん)という建物に入られる。そして始まるのが「悠紀殿供饌の儀(ゆきでんきょうせんのぎ)」で、およそ3時間にわたる儀式が行われる。このあと天皇・皇后両陛下ともに、いったん廻立殿から宮殿のほうにお戻りになる。そのあと、日をまたいだ15日の午前0時半からは、今度は主基殿に入られて、同様に「主基殿供饌の儀」に臨まれる。これらの儀式は、移動される両陛下の様子は見ることができるが、儀式の様子は完全非公開となっている。悠紀殿の中で何が行われるのか。悠紀殿の内部の様子を表したイラスト。まず、寝座(しんざ)というのが、天照大御神(あまてらすおおみかみ)のための場所。天皇陛下は、御座(ぎょざ)と呼ばれるところにお座りになる。お座りになる向きは、伊勢神宮の方角を向いている。この先には神座(しんざ)というものがあって、この時点で、天皇陛下は神々と向き合われているという形をとっているという。隣には、「うねめ」と呼ばれる介添え役の女性がいて、その女性の手伝いを受けながら、陛下はコメやタイ、果物などを神々にお供えする。その後、五穀豊穣(ほうじょう)などを祈るお告文(つげぶみ)を読み上げて、供えた食べ物を口にされる「直会(なおらい)」と呼ばれる儀式を行う。(2019/11/14)プライムオンライン://www.fnn.jp/★チャンネル登録をお願いします!://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組