JCCテレビすべて
最新のTV情報
2022年01月17日(月)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2021/12/08
フジテレビ 【イット!】
<気になるギモン>冷たい笑顔で火花散らす・バイデンvsプーチン・懸案は
関連記事
01/17(月)
(テレビ朝日[大下容子ワイド!スクランブル])
日本時間昨日午前、米国・アリゾナ州で大勢の観衆を前に姿を現したのはトランプ前大統領。
“偉大なる米国を再び”と書かれた帽子を被り去年10月以来となる演説を行った。
議会襲撃事件から1年が経ち6日に予定していた記者会見を取りやめたため今回、その言動への注目が高まっていた。
去年起こった議会襲撃について民主党による責任追及の動きを批判した。
更に際立ったのはバイデン政権への批判。
外交についても中国やロシアの動きを取り上げ1年前にはなかった兆候行為だとバイデン政権による弱腰な外交政策を批判した。
1時間以上に渡り行われた今回の演説は今年11月の中間選挙に向け自身の考えに近い候補者を紹介するという意味合いもあるのだが2020年の大統領選挙の勝者は自分であると改めて訴えた。
米国・ワシントンの映像。
01/17(月)
(日本テレビ[Oha!4])
米国のトランプ前大統領が今年最初の支持者集会を開き、2024年に行われる次の大統領選挙の出馬に改めて意欲を示した。
トランプ前大統領は演説ではおととしの大統領選挙で改めて不正を主張したほか、バイデン政権の新型コロナ対策や外交も批判した。
トランプ前大統領は以前はプーチン大統領とウクライナ、習主席と台湾にも問題はなかった、金正恩総書記もミサイル発射を再開しているとコメント。
中間選挙については共和党として上下両院を奪還すると強い決意を示し、ホワイトハウスを奪還した後の最優先事項は国境警備隊の増員だとする政権復帰後の具体的な政策にも言及した。
米国・アリゾナ州の映像。
01/16(日)
(BS朝日[BS朝日 日曜スクープ])
一昨日午後、北朝鮮のミサイル発射を受け、総理官邸に関係者が慌ただしく入っていった。
朝鮮中央通信は「鉄道機動ミサイル連隊が射撃訓練を実施」と発表。
今年に入り、北朝鮮は既に5日、11日、14日と3度ミサイルを発射。
特に11日に発射したミサイルについて、岸防衛大臣は「最大速度はマッハ10」と発表。
マッハ5以上の速度で変則的な軌道を描くミサイルのことを「極超音速ミサイル」と呼ぶ。
このミサイルの開発を巡っては米国、中国、ロシアの3カ国がしのぎを削っている。
ロシアは2020年「ツィルコン」と呼ばれるマッハ9のミサイル発射実験に成功。
中国も既に2019年に「東風17」という極超音速ミサイルを軍事パレードで披露。
既に南極経由で米国を爆撃可能な技術の実験に成功していると報じられた。
そして米国は2021年10月「LRHW」というマッハ5以上の極超音速ミサイルを実験している。
これら4カ国が開発を進めている極超音速ミサイルの最前線を分析する。
プーチン大統領、習近平国家主席、バイデン大統領の映像。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組