JCCテレビすべて
最新のTV情報
2022年01月27日(木)
最新TV速報
【最新のTV情報】
2022/01/14
テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
北朝鮮またミサイル発射

Globali 海外メディア
関連記事
01/27(木)
(BS1[BSニュース])
韓国軍の合同参謀本部は「北朝鮮がきょう午前8時ごろと8時5分ごろ、東部のハムギョン南道ハムン周辺から北東の日本海に向けて短距離弾道ミサイルと推定される飛しょう体2発を相次いで発射した」と明らかにした。
飛行距離は約190キロ、高度はおよそ20キロだったとしていて米軍とともに詳しい分析を進めている。
岸防衛大臣は記者団に対し「現時点で、わが国の領域やEEZ(排他的経済水域)への弾道ミサイルの飛来は確認されていない。
航空機や船舶への被害は確認されていない」と述べた。
北朝鮮のハムンでは2019年8月にも短距離弾道ミサイル2発が発射されている。
このときのミサイルについて防衛省は「米国が保有するATACMSという短距離弾道ミサイルに類似していて、変則的な軌道での飛行が可能だとみられる」と指摘していた。
北朝鮮による発射は韓国軍の関係者がおととい明らかにした巡航ミサイルと見られる発射も含めれば、今年に入ってこれで6回目と極めて高い頻度で繰り返されている。
北朝鮮としては発射を重ねて軍事力を強化する姿勢を鮮明にすることで、米朝関係に進展がないまま発足から1年を迎えた米国のバイデン政権を強くけん制するねらいもあると見られる。
朝鮮中央テレビの映像。
01/27(木)
(NHK総合・東京[NHKニュース])
韓国軍の合同参謀本部は「北朝鮮がきょう午前8時ごろと8時5分ごろ、東部のハムギョン南道ハムン周辺から北東の日本海に向けて短距離弾道ミサイルと推定される飛しょう体2発を相次いで発射した」と明らかにした。
飛行距離はおよそ190キロ、高度はおよそ20キロだったとしていて米軍とともに詳しい分析を進めている。
岸防衛大臣は記者団に対し、「現時点で、わが国の領域やEEZ(排他的経済水域)への弾道ミサイルの飛来は確認されていない。
航空機や船舶への被害は確認されていない。
我が国および地域の安全保障にとって看過できないだけではなく、国際社会全体にとって深刻な課題だ」と述べた。
北朝鮮のハムンでは2019年8月にも短距離弾道ミサイル2発が発射されている。
このときのミサイルについて防衛省は「米国が保有するATACMSという短距離弾道ミサイルに類似していて、変則的な軌道での飛行が可能だと見られる」と指摘していた。
北朝鮮による発射は韓国軍の関係者がおととい明らかにした巡航ミサイルと見られる発射も含めればことしに入ってこれで6回目と極めて高い頻度で繰り返されている。
北朝鮮としては発射を重ねて軍事力を強化する姿勢を鮮明にすることで、米朝関係に進展がないまま発足から1年を迎えた米国のバイデン政権を強くけん制するねらいもあると見られる。
朝鮮中央テレビの映像。
01/27(木)
(BS1[BSニュース])
韓国軍は北朝鮮が今日午前、北朝鮮東部から日本海に向けて短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体2発を発射したと明らかにした。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組