テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2016/12/22
NHK総合 【ニュース シブ5時】
東京オリンピックパラリンピック・仮設施設整備費・自治体も負担する案示される
関連動画
自分にあったスポーツは? 最新の測定器で判定 福岡県 (17/11/18 12:00) (再生)
アメリカの最新の技術を使って、子供たちに適したスポーツ競技を探す、運動能力の測定会が福岡市で行われています。この測定会は東京オリンピックに向けたスポーツ文化への理解と、子供たちに自分にあった競技と出会ってもらおうと開催されました。測定会にはプロスケーターの安藤美姫さんと元メジャーリーガーの岡島秀樹さんも参加。福岡市内を中心に抽選で選ばれた小・中学生およそ250人が、「モーションキャプチャー」と呼ばれる三次元で測定ができる高性能センサーを付けて、敏しょう性やジャンプ力、視覚反応力など6種類の測定を行いました。この測定結果からサッカーや野球、水泳など自分にあったスポーツを知ることができます。主催者は「今後も測定会を続け、子供たちの隠れた才能を引き出したい」と話していました。

テロ対策で“新技”「素早い止血」指導 東京消防庁(17/11/18) (再生)
東京オリンピック・パラリンピックを前に、東京消防庁はテロ対策として爆発などでのけがに有効な新たな止血法の指導を救急隊員に行いました。 東京消防庁では、テロ対策として「ターニケット」と呼ばれる新たな止血帯を全救急隊に配備しています。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

バーチャルアナ登場! AIやVRの最新技術が生活を変える (再生)
国内外の放送機器を集めた年に1度の展示会が11月15日から千葉市の幕張メッセで始まりました。人工知能=AIや仮想現実=VRなど、生活の一部として定着し始めている最先端の技術を取材しました。 国際放送機器展は、前回の東京オリンピックの翌年から毎年開催されていて、53回目を迎えた今回は1100を超える企業が出展しています。 巨大な半球上のスクリーンはVRに関する展示で、8Kと呼ばれる超高精細映像に合わせて座席が動いたり風が吹き出したりして、仮想の世界をまるで現実のように感じることができます。担当者によりますと、お年寄りや体の不自由な人に気軽に旅の気分を楽しんでもらうなど、医療や福祉の現場にも活用の幅を広げていきたいとしています。 また、入力された文字情報を音声合成機能が自然なアクセントに変換してくれる「バーチャルアナウンサー」の技術も登場しました。 他にも、多言語の音声認識とAIを搭載した翻訳機能で、瞬時に音声が文字として表示される機器も展示されています。もともとは耳の不自由な人とのコミュニケーションのために開発されたもので、グローバル化のニーズに応えられるよう、18カ国19言語に対応しています。 私たちの暮らしをより豊かにする可能性を秘めた最新技術の展示は17日まで行われます。

テレビえんすぽ テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(全ジャンル)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.