テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
2017/01/06
日本テレビ 【news every.】
<野村修也の会議のミカタ>2020年に向けた東京のボランティア戦略
関連動画
東京五輪・パラ マスコット名前決定 (再生)
2020年東京オリンピックパラリンピック組織委員会は22日、大会マスコットの名前を発表しました。オリンピックのマスコットは「ミライトワ」パラリンピックはソメイティ」です! 千代田区で行われたマスコットのデビューイベントには、大会組織委員会の森会長や小池知事、それに千代田区の小学生らが参加しました。オリンピックのマスコット「ミライトワ」は「未来」と「永遠」の2つの言葉を結びつけて、素晴らしい未来が永遠に続くようにという願いが込められています。パラリンピックのマスコット「ソメイティ」は、桜を代表する「ソメイヨシノ」と非常に強いという意味の「ソーマイティー」の組み合わせから決まったということです。 小池知事は「日本、そして東京を代表するような名前が決まって、これからますます機運を高めていく、その準備が整ったという感じがする。世界中に“これが東京大会のマスコットだ”と伝わるようにいろいろ努力していきたい」と話しました。 デビューイベントの後には「ミライトワ」と「ソメイティ」が浅草で初仕事となる水上パレードを行いました。晴海ふ頭の選手村予定地を通り小学生が待つお台場へと向かいました。子供たちは「すごくかわいかった」「未来とか日本の文化とかを象徴しているかっこいいマスコットだと思った」「オリンピックでみんなにかわいいって言ってもらいたい」と楽しんでいました。 また、東京ミッドタウン日比谷では22日から、ぬいぐるみやTシャツなどのグッズを購入できる店が期間限定でオープンしました。

性別変更選手、東京五輪で出場可能に? ジリアン・ベアデンさん (再生)
2020年の東京で、性別変更をした選手が初めて五輪に出場する可能性が広がっている。国際オリンピック委員会(IOC)が性的指向による差別を禁じ、競技者の性別認定基準を緩和した。しかし、日本国内の対応は進んでおらず、情報も不足している。 米コロラド州コロラドスプリングスに住むジリアン・ベアデンさんは東京五輪の自転車女子ロードで米国代表を目指す。「またレースに出られるとは思ってもいなかった。五輪出場は子どもの頃からの夢。あきらめない」 12年まで男子で活躍した。プロ契約の話もあった。だが、性自認は女性。「うそをついて生きる自分」がいた。競技への意欲が消え、自殺も考えた。だが、妻と2人の幼い子どもがいる。14年、女性になることを決めた。妻は決断を受け入れてくれた。 ホルモン治療を始め、健康のために自転車の練習を再開した。IOCが性別変更した選手の五輪出場条件を緩和したというニュースを見た時は、ジムで練習中だった。手術から2年という条件がなくなった。「トレッドミルから転げ落ちそうになるくらい驚いた」 ベアデンさんはすぐに米自転車協会に電話で相談した。16年、レースに復帰。17年、性別変更した女性として初めてプロのレースに出場。2勝を挙げた。来年のパンアメリカン大会に出て、東京五輪への足がかりにする計画だ。 米自転車協会は、ベアデンさんの例をもとに17年、IOCより寛容な独自のルールを定めた。同協会のレース出場資格6クラスのうち、下位3クラスの性別は、自己申告制だ。性別を変えた選手は2桁を超えた。チャック・ホッジ技術委員長は「自転車競技を広めることが我々の方針」と話した。

「ミライトワ」と「ソメイティ」 東京五輪・パラ公式マスコットの名前決定 (再生)
2020年東京五輪・パラリンピックの公式マスコットの名前が「ミライトワ」(五輪)と「ソメイティ」(パラリンピック)に決まった。7月22日、大会組織委員会が発表した。この日、東京都内で開いたお披露目イベントで、等身大のマスコットが初登場。組織委の森喜朗会長と東京都の小池百合子知事が名前を発表した。://www.asahi.com/articles/ASL7M6G4WL7MUTQP035.html

テレビえんすぽ テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(全ジャンル)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.