テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/04/21
BS1 【BSニュース】
北朝鮮問題で日米韓高官が来週協議へ
関連動画
岸田大臣NYへ 北朝鮮への圧力、中ロに働きかけ(17/04/27) (再生)
圧力強化に向け、中国とロシアに働き掛けを行います。 岸田外務大臣:「中国、ロシア、北朝鮮に大きな影響力を持つ国々の役割が重要である。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

異例の会議 トランプ政権が北朝鮮問題で全議員集め(17/04/27) (再生)
トランプ政権は、ホワイトハウスにすべての上院議員を招いて北朝鮮への対応策を説明する異例の大規模な会議を開きました。 説明会は上院議員100人全員が参加して非公開で行われ、トランプ大統領も15分ほど出席しました。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

北朝鮮問題で温度差も 安倍総理がロシアと協議へ(17/04/27) (再生)
安倍総理大臣は緊迫する北朝鮮情勢などについて、ロシア、イギリスと首脳会談を行うため、27日朝に羽田空港を出発しました。 (政治部・吉野真太郎記者報告) 安倍総理としては、ロシアの北朝鮮に対する影響力を念頭に圧力をかけることへの協力を求めたい考えです。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/
関連記事
04/27(木)
(NHK総合・東京[ニュースウォッチ9])
米国・北朝鮮包囲網強化・舞台は安保理へ焦点は中国
北朝鮮に対する包囲網が米国を中心に強まっている。
米国が強めているのは軍事的プレッシャーだけではない。
外交面でも圧力を強めている。
米国・トランプ大統領が異例の会合を開催。
100人の上院議員全員を米国・ワシントン・ホワイトハウスに招き、北朝鮮への対応について説明する非公開の会合。
経済制裁に重点を置き外交努力を通して、北朝鮮への圧力を強める方針が説明された。
国連安全保障理事会に向かう岸田外相は「中国、ロシア、北朝鮮に大きな影響力を持つ国々の役割が重要。
安保理の常任理事国として責任のある対応をとってもらいたいと議長国・米国と共に働きかけを行っていきたい」とコメント。
国連安全保障理事会では、28日に閣僚級の会合が行われ、北朝鮮の核問題を話し合う。
米国・ティラーソン国務長官が議長を務め、北朝鮮への制裁措置を着実に実施することを目指す。
米国・ABCの映像。
04/27(木)
(NHK総合・東京[ニュースウォッチ9])
米国・北朝鮮包囲網強化
北朝鮮に対する包囲網が米国を中心に強まっている。
米国の動く基地、海の要塞、空母・カールビンソンは沖縄の東の海域で活動。
日本の海上自衛隊と共同訓練中。
米国太平洋軍・ハリス司令官によると空母の艦載機は2時間で朝鮮半島に急行できる。
空母も今後北上する。
韓国・釜山の港に入っているトマホークを150発以上搭載している原子力潜水艦・ミシガンは、数日後に終焉海域で活動を開始する。
日本海に新たにイージス艦が展開していることが判明。
迎撃ミサイルシステム・THAADは、韓国の配備が近く完了し、運用が可能になる。
04/27(木)
(NHK総合・東京[ニュースウォッチ9])
米国・北朝鮮包囲網強化・空母北上・ミサイル発射試験も
北朝鮮に対する包囲網が米国を中心に強まっている。
軍事、外交面でも圧力はさらに高まりそう。
米国空軍は米国・カリフォルニア州の基地から試験用の弾頭を搭載した大陸間弾道ミサイル「ミニットマン3」1発を太平洋に向け発射。
約6700キロ離れたマーシャル諸島周辺まで飛んだとしている。
米国空軍は発射試験を定期的に実施していて「今回の発射も事前に計画されていた」としている。
米国は北朝鮮が進める核、ミサイル開発を警戒。
米国太平洋軍・ハリス司令官は「実験のたびに米国を核で先制攻撃できる能力をつけつつある」と述べた。
抑止するため重要だと強調したのが、軍の即応態勢。
海上自衛隊と共同訓練を行う空母・カールビンソンが沖縄の東の海域から北上を続け、艦載機は2時間で朝鮮半島到達可能と明らかにした。
イージス艦が日本海に展開。
韓国・プサンに寄港している原子力潜水艦・ミシガンも数日後には周辺海域で活動を介するとしている。
撮影:米国空軍。
米国・トランプ大統領、米国議会下院公聴会の映像。
資料:米国軍のイージス艦。

テレビえんすぽ テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
注目ページ
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.