テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【ビッグニュース】
北朝鮮・核開発問題] (909件/週)

「北朝鮮に対し圧力強化を」日仏防衛相電話会談(17/09/14)(再生)

北朝鮮への圧力最大化を・・・総理インド首相と連携確認(17/09/14)(再生)

09/15 08:35 日本テレビ 【スッキリ!!】
速報・韓国軍は弾道ミサイル発射演習・北朝鮮への対抗措置か
北朝鮮は国連安保理の制裁決議に反発し「日本列島を核爆弾で海の中にぶち込むべきだ」と威嚇した。
朝鮮半島情勢に詳しい早稲田大学大学院・李鍾元教授がスタジオ解説。
韓国軍は弾道ミサイルの発射演習を実施。
今回発射されたミサイルの飛距離は3700キロ以上、最大高度は約770キロに達しグアムまでの距離を実証。
金正恩委員長、平壌・黎明通り完成記念式典、米韓合同軍事演習、大陸間弾道ミサイル「火星14型」、朝鮮中央テレビ、中国・習近平国家主席、ロシア・プーチン大統領の映像。
写真:ロイター/アフロ。
安全保障、空母、原油に言及。
韓国軍、石油の表記。

09/15 07:57 テレビ朝日 【グッド!モーニング】
速報・北朝鮮がミサイル発射・政府国家安全保障会議開催へ
コリアリポート・辺真一、朝日新聞教育コーディネーター・一色清のスタジオコメント。
トランプ政権、国連安保理の対応、核実験の可能性に言及。
火星14の映像。

09/15 07:53 NHK総合・東京 【おはよう日本】
北朝鮮ミサイル“襟裳岬東約2000キロに着水”
中国国営の新華社通信は、NHK報道を引用する形で北朝鮮のミサイル発射を速報した。
これまで中国政府の公式な反応はないが、中国外務省は北朝鮮に対して安保理決議を順守し、核ミサイル開発をこれ以上進めないよう求めていた。
さらに中国4つの大手国有銀行が北京・北朝鮮大使館などに外交官を含むすべての北朝鮮国籍の人の口座から預金を全額引き出すよう求め、大半の口座の取引を停止する措置を取っており、中国が北朝鮮に対する厳しい姿勢を内外に示したものと受け止められていた。
それだけに中国共産党大会の開催を来月に控えたこの時期にさらなるミサイルを発射した北朝鮮へのいら立ちを一層強めているとみられる。
一方、北朝鮮は今月強行した6回目の核実験に続き弾道ミサイル発射を強行することで国連安保理の新たな制裁決議に反発する姿勢を示すとともに自らの核ミサイル開発の進展ぶりを誇示し、米国トランプ政権を強くけん制する狙いがあるとみられる。
中距離弾道ミサイル「火星12型」(朝鮮中央テレビ)の映像。
(中継)北京。

09/15 07:50 テレビ朝日 【グッド!モーニング】
速報・北朝鮮がミサイル発射・襟裳岬の東約2000kmに落下
北朝鮮がミサイル発射。
北海道の襟裳岬の東約2000kmに落下。
破壊措置は実施されず。
韓国連合ニュースによるとミサイルは最大高度770km。
菅義偉官房長官は会見を開き、繰り返される北朝鮮の挑発行動を断じて容認できないと非難、NSC(国家安全保障会議)を開催し今後の対応について協議すると述べた。
海上保安庁によると、今のところ船舶への被害は確認されていない。
日本航空と全日空によると、空の便は国内線国際線共に運航への影響は今のところない。
原子力規制庁によると、北海道の泊原発1号機から3号機を含む全国の原発と核燃料サイクル施設などに被害はない。
コリアリポート・辺真一は「9月15日は日清戦争で平壌陥落した日。
日本に対する警告を発したと言えなくもない」とスタジオコメント。
米国・トランプ大統領に言及。

09/15 07:50 NHK総合・東京 【おはよう日本】
北朝鮮ミサイル“襟裳岬の東約2000キロに着水”
北朝鮮によるミサイル発射は今年に入り14回目、19発目で去年を上回るペース。
先日6回目の核実験を行ったが、ICBMに搭載する水爆の爆発実験だったとしており、核兵器の小型化軽量化が一段と進んだ可能性が高い。
北朝鮮の弾道ミサイルが日本上空を通過するのはこれで6回目。
日本政府としては速やかに北朝鮮に抗議し、国際的包囲網を強めて圧力をさらに強めると考えられる。
安倍首相や河野外相が中心となって韓国と連携して北朝鮮へ圧力を強める形になると思われる。
北朝鮮は69回目の建国記念日を迎え、来月には朝鮮労働党の創立記念日が控えている。
来年は建国70年という大きな節目。
これに向けて北朝鮮はICBMの完成、実戦配備を目指していると思われる。
そのためにミサイル実験が続き、日本上空通過が常態化することが懸念される。
中距離弾道ミサイル「火星12型」(朝鮮中央テレビ)の映像。

09/15 07:47 NHK総合・東京 【おはよう日本】
北朝鮮ミサイル“襟裳岬の東約2000キロに着水”
韓国連合ニュースによると、韓国軍は「北朝鮮が発射したミサイルは最大高度が770キロ、発射地点から3700キロ余り飛んで落下した。
前回北海道上空と通過した時は550キロだったので220キロ高くなっている。
ロフテッドではなく通常軌道の発射の可能性が高い。
落下地点も前回より1000キロ伸びており、火星12型で3回目の発射とみられる。
また高度がさらにあがっていることから14型の可能性も踏まえて分析する。
韓国軍合同参謀本部は北朝鮮が平壌郊外のスナン付近から東の方向へ何らかのミサイルを発射したと発表し、詳しい情報の収集を急いでいる。
韓国大統領府はこの後、国家安全保障会議を開き今後の対応を協議する。
米韓両国は北朝鮮が国連安全保障理事会で新たな制裁決議が採択されたことについて反発していたことから、警戒と監視を強めていた。
韓国・ムンジェイン政権は北朝鮮との対話に強い意欲を示してきたが、北朝鮮はこれを無視する形で核実験、弾道ミサイル発射を繰り返している。
このためムン政権は北朝鮮に対しもっとも強力な圧力と制裁を加えなければならないとの立場を打ち出すなど強硬姿勢へと舵を切っている。
一方、韓国政府は「人道支援は別」として国連機関を通じて、北朝鮮に対して800万ドルの支援を行うことを検討していると発表した。
(中継)ソウル。

09/15 07:41 テレビ朝日 【グッド!モーニング】
速報・北朝鮮がミサイル発射・襟裳岬の東約2000kmに着水
原子力規制庁によると、北海道の泊原発1号機から3号機を含む全国の原発と核燃料サイクル施設などに被害はない。
学研グループ特任講師地理科・村瀬哲史のスタジオコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.