テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【ビッグニュース】
天皇陛下の退位をめぐる有識者会議が最終報告] (49件/週)

04/26(水) BS1 【BSニュース】
退位・特例法案の名称・詰めの調整
天皇陛下の退位を可能にする特例法案の名称をめぐって自民党は法律の対象などをより明確にすべきだとして「天皇陛下の退位等に関する皇室典範特例法」とすることが望ましいとしている。
これに対して民進党は敬称を加えると1代限りの退位という意味合いが生じ将来の先例になるとは言えないと反発し衆議院の大島議長、川端副議長も含め詰めの調整が続いている。
安倍首相、有識者会議の映像。
共産党、公明党について言及。

04/26(水) NHK総合・東京 【おはよう日本】
退位・特例法案の名称・詰めの調整続く
天皇陛下の退位を可能とする特例法案の名称をめぐって、自民党は法律の対象などをより明確にすべきだとして天皇陛下の退位等に関する皇室典範特例法とすることが望ましいとしている。
これに対し、民進党は一代限りの退位という意味合いが生じ、将来の先例になると言えなくなると反発していて詰めの調整が続いている。
天皇陛下の退位をめぐり、政府は先月国会がまとめた考え方や有識者会議の最終報告を踏まえ、退位を可能とする特例法案を来月中旬~下旬に国会に提出することを目指している。
近く、与野党各党に法案の骨子案を正式に示すことにしている。
自民党、公明党、民進党は、国会の考え方を法案の名称や内容にどう反映させるかなど、これまで非公式に協議を続けてきた。
法案の名称について、国会としては「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」にするよう求めていたが、自民党は法律の目的や対象をより明確にすべきだとして「天皇」のあとに「陛下」の敬称を加え、「天皇陛下の退位等に関する皇室典範特例法」とするほうが望ましいとしている。
これに対し、民進党は“敬称を加えると一代限りの退位と言えなくなり、将来の先例になると言えなくなり、国会の考え方にも反する”とし、自民党の考えに反発していて、衆議院・大島議長と川端副議長らも含め、詰めの調整が続いている。
 

04/26(水) BS1 【BSニュース】
退位・特例法案の名称・詰めの調整
天皇陛下の退位をめぐり政府は先月、国会がまとめた考え方や有識者会議の最終報告を踏まえ退位を可能とする特例法案を来月中旬から下旬に国会に提出することを目指していて近く与野党各党に法案の骨子案を正式に示すことにしている。
これを前に自民党、公明党両党と民進党は国会がまとめた考え方を法案の名称や内容にどのように反映させるかなど、これまで非公式に協議を続けてきた。
この中で法案の名称について国会としては「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」にするよう求めていたが自民党は法律の目的や対象をより明確にすべきだとして天皇の後に陛下の敬称を加え「天皇陛下の退位等に関する皇室典範特例法」とするほうが望ましいとしている。
これに対し民進党は“敬称を加えると一代限りの退位という意味合いが生じ将来の先例になると言えなくなり国会の考え方にも反する”として自民党の考えに反発していて衆議院の大島議長と川端副議長も含めて詰めの調整が続いている。
有識者会議の映像。

04/26(水) NHK総合・東京 【おはよう日本】
退位・特例法案の名称・詰めの調整続く
天皇陛下の退位をめぐり、政府は先月国会がまとめた考え方や有識者会議の最終報告を踏まえ、退位を可能とする特例法案を来月中旬~下旬に国会に提出することを目指している。
近く、与野党各党に法案の骨子案を正式に示すことにしている。
自民党、公明党、民進党は、国会の考え方を法案の名称や内容にどう反映させるかなど、非公式に協議を続けてきた。
法案の名称について、国会としては「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」にするよう求めていたが、自民党は法律の目的や対象をより明確にすべきだとして「天皇」のあとに「陛下」の敬称を加え、「天皇陛下の退位等に関する皇室典範特例法」とするほうが望ましいとしている。
民進党は“敬称を加えると将来の先例になると言えなくなり、国会の考え方にも反する”とし、自民党の考えに反発。
衆議院・大島議長と川端副議長らも含め、詰めの調整が続いている。

04/26(水) NHK総合・東京 【おはよう日本】
退位・特例法案の名称・詰めの調整続く
天皇陛下の退位をめぐり、政府は先月国会がまとめた考え方や有識者会議の最終報告を踏まえ、退位を可能とする特例法案を来月中旬~下旬に国会に提出することを目指している。
近く、与野党各党に法案の骨子案を正式に示すことにしている。
自民党、公明党、民進党は、国会の考え方を法案の名称や内容にどう反映させるかなど、非公式に協議を続けてきた。
法案の名称について、国会としては「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」にするよう求めていたが、自民党は法律の目的や対象をより明確にすべきだとして「天皇」のあとに「陛下」の敬称を加え、「天皇陛下の退位等に関する皇室典範特例法」とするほうが望ましいとしている。
民進党は“敬称を加えると将来の先例になると言えなくなり、国会の考え方にも反する”とし、自民党の考えに反発。
衆議院・大島議長と川端副議長らも含め、詰めの調整が続いている。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.