テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【ビッグニュース】
レスリング栄氏が会見・伊調馨らに謝罪] (94件/週)

「栄氏 告発内容に答えず」パワハラ告発の弁護士(18/06/14)(再生)

レスリング栄氏が謝罪 伊調選手へのパワハラ(再生)

06/15 08:30 フジテレビ 【とくダネ!】
至学館大学レスリング部・栄和人監督のパワハラ問題。
きのう栄監督が謝罪会見を行った。
至学館大学と日大アメフト部の謝罪会見をパネルで比較。
危機管理広報会社栄レックス代表取締役・江良俊郎による解説と分析:至学館大学の会見は失敗しないことに注力した会見、日大の会見はやること自体がマイナスな会見。
第三者委員会は伊調選手について2件のパワハラ認定をしたが、謝罪会見で栄監督は「コミュニケーション不足でこのような事態になった」と説明。
田南部コーチの2件のパワハラ認定に関しては「行き違いがあった」と説明。
至学館大学・栄和人監督の映像。
グローバー、中瀬ゆかり、危機管理広報会社栄レックス代表取締役・江良俊郎のスタジオコメント。
コミュニケーション不足、事実関係について言及。

06/15 08:22 TBSテレビ 【ビビット】
伊調馨、田南部力コーチらへのパワハラ問題について、日本レスリング協会・栄和人前強化本部長が、謝罪会見を行った。
栄監督のパワハラ行為は、伊調への「よく俺の前でレスリングできるな」発言、田南部コーチへの「伊調の指導をするな」発言。
栄監督は、パワハラ行為について「コミュニケーション不足」と説明。
至学館大学・谷岡郁子学長の発言「選手が栄監督の指導を受けたいと言っている」について、栄監督は「選手の前で涙が出てきた」とコメントした。
田南部コーチは「『コミュニケーション不足』と、パワハラを素直に認めていない」「カメラの前だけのパフォーマンス」と、会見を批判。
パワハラ行為を告発した安達巧は「監督辞任や現場を離れるという言葉を聞きたかった」と批判。
栄監督は今後、日本協会の研修などを受け、指導者としての姿勢を見つめ直すという。
演出家・テレビプロデューサー・テリー伊藤は「会見は、谷岡学長に向けたものだと思う。
安倍首相の時の様に財務省の人が国会でしゃべった忖度を感じる」、眞鍋かをり(横浜国立大学卒)は「伊調のコメント『なし崩しに“和解”になるのは許せない』が全てを物語っている」とスタジオコメント。
■予告・紀州ドンファン急死・妻が語る夫婦生活。

06/15 08:21 日本テレビ 【スッキリ】
栄和人は当時、日本レスリング協会の強化本部長を務めていた。
ことし1月に内閣府に送られた告発状には日本レスリング協会幹部が五輪4連覇を果たした伊調馨らにパワハラ行為をしていると書かれていたが今年3月、栄はパワハラを否定。
そして栄が監督を務める至学館大学・谷岡郁子学長は会見で「私の怒りは沸点に達しました。
もう我慢できない」「その程度のパワーしかない人間なんです栄和人は」と述べた。
調査を進めた内閣府などは4件をパワハラ認定。
栄のもとを離れて練習拠点を東京に移した伊調に対し、「よく俺の前でレスリングできるな」と発言。
アジア大会の代表から伊調をはずしたり、伊調を指導していた田南部力コーチに対して「伊調のコーチをするな、目障りだ出ていけ」と発言。
こうした発言がパワハラにあたると認定された。
栄和人はきのうの会見でパワハラを認め真摯に受け止めるとした。
パワハラをした理由についてはコミュニケーション不足が生じたことと釈明。
谷岡学長も「伊調は言葉が足りない。
誤解をしたり行き違いがあったりすることはあろうかと思う」。
これに対し田南部力コーチは「コミュニケーション不足でそういうことが起こったわけではない。
それ以前の問題」。
東京・駒沢体育館の映像。
映像提供:AFP/アフロ、日刊スポーツ/アフロ、中京テレビ。

06/15 08:21 フジテレビ 【とくダネ!】
栄和人監督はきのう開幕した明治杯全日本選抜レスリング選手権に監督として臨んだ(東京・駒沢体育館)。
これまで試合中はセコンドとして選手の近くで指示を出してきたが、今回、至学館大学の選手の試合では吉田沙保里がセコンドについた。
栄監督は至学館大学・谷岡邦子学長と観客席で試合を見守った。
安達巧は「パワハラ認定された部分に対してまだ内閣府が答えを出していない。
その現状の中で活動を再開することに対してはいかがなものか」、田南部力は「厳しい処罰はしていかないといけない」とコメント。
エイレックス代表取締役・江良俊郎(危機管理のスペシャリスト。
特に企業の事件・事故・不祥事など企業危機の際の対応経験が多い)が栄監督と日大の謝罪会見を分析。
リオデジャネイロ五輪の映像。
写真:時事通信、共同通信。

06/15 08:21 TBSテレビ 【ビビット】
伊調馨、田南部力コーチらへのパワハラ問題について、日本レスリング協会・栄和人前強化本部長が、謝罪会見を行った。
会場は試合会場で、田南部コーチがいたが、直接の謝罪はなかった。
会見には時間制限が設けられ、生中継でなくなった。
■今日のラインナップ。
新事実・紀州のドンファン・37枚の写真・独占入手。
独自・浅田真央・新たな挑戦・太一に伝えたい事。
密着・狂喜乱舞の激安イベント・熱き戦い。

06/15 08:15 日本テレビ 【スッキリ】
パワハラ行為が認定された日本レスリング協会・栄和人前強化本部長が会見を行った。
栄和人は「コミュニケーション不足が生んだことがこのような事態になったと深く反省しております」と述べた。
これに対して田南部力コーチは「そういうことが起こったわけではない。
それ以前の問題」と電話コメント。
伊調馨の恩師の八戸クラブ・澤内和興会長は「わびの受け入れはしたくないということだった」と電話コメント。
きのう開幕した全日本選抜選手権で至学館大学の監督として現場復帰した。
会見の冒頭はパワハラ行った相手、伊調馨、田南部力コーチへの謝罪の言葉だった。
栄和人は「パワハラ認定を真摯に受け止める」として謝罪。
栄は伊調に直接謝罪できていないことを明かした。
澤内は「自分のことも大変でしょうけど。
選手のことを考えてくれたら、会見とかはまだ早い」。
田南部力コーチは「アクションはまだ私にはありません。
協会からも栄本人からも連絡はない」。
東京・駒沢体育館の映像。
映像提供:テレビ宮崎、青森放送、アフロスポーツ、日刊スポーツ/アフロ。
内閣府に言及。

06/15 08:14 TBSテレビ 【ビビット】
伊調馨、田南部力コーチらへのパワハラ問題について、日本レスリング協会・栄和人前強化本部長が、謝罪会見を行った。
栄監督は謝罪会見後、試合会場で至学館大学副学長・吉田沙保里、谷岡学長、千原兄弟・千原せいじらと談笑。
同じ会場にいた日体大・田南部コーチは「神妙な顔でいるのかと思ったら、正反対だった」「栄監督からアクションはなかった」と話した。
女子55キロ級優勝は至学館大学・向田真優、女子72キロ級優勝は至学館大学・松雪成葉。
伊調の恩師・澤内和興は「3日前、栄監督側が伊調と田南部コーチに謝罪したい旨の連絡が所属先・ALSOKにあった」と話した。
栄監督は事前に謝罪し、伊調と2人で会見に臨むつもりだったという。
謝罪の要請は、会見ありきだった可能性がある。
伊調は「謝罪でなし崩しに“和解”になるのは許せない」と、申し出を断ったという。
伊調は、直撃取材でパワハラ騒動については言及しなかったが、「東京五輪に向けて、少しずつ体を動かしている」と話した。
2020東京五輪では、史上初の5連覇がかかる。
米国・ニューヨークの映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.