テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【ビッグニュース】
千葉沖プレートでスロースリップを観測・地震活動に注意] (13件/週)

06/15 00:02 フジテレビ 【FNNプライムニュース α】
政府の地震調査委員会は、千葉県の房総半島の東方沖で、プレート境界の岩盤、約6.5センチすべり動いたと発表。
この「ゆっくりすべり」の地震が観測されている。
東大地震研・平田直教授のコメント。
資料:防災科学技術研究所。
千葉・勝浦市の映像。

06/14 17:02 フジテレビ 【プライムニュース イブニング】
今月政府の地震調査委員会は房総半島東方沖の地下にあるプレートの境界面の岩盤が南東に6.5センチ動いたと発表。
この動きが観測されたのは4年5ヶ月ぶりでフィリピン海プレートに引きずり込まれた陸のプレートの境界面がゆっくりとすべり戻る地殻変動と見られている。
「ゆっくりすべり」と呼ばれ数年おきに繰り返し起こるという。
東大地震研究所・平田直教授は今後1週間程度さらに大きな地震の可能性があると話す。

06/14 17:01 フジテレビ 【プライムニュース イブニング】
千葉県・房総半島東方沖のプレート境界面で「ゆっくりすべり」と言われる岩盤が滑り動く現象がみられた。
資料・防災科学技術研究所。
東大地震研究所・平田直教授はこの現象が起きると周辺の地震活動が活発化するとの見解を示したが、一昨日早々に勝浦市などで震度3の地震が発生、今日午前10時半過ぎと正午過ぎに勝浦市などで震度2の地震があった。
今後1週間程度、地震が起こる可能性があると指摘している。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.