テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【ビッグニュース】
トランプ大統領・激戦区で集会] (261件/週)

10/19 07:23 TBSテレビ 【あさチャン!】
米国大統領選挙まで2週間あまりとなるなか、トランプ大統領は激戦州で選挙集会を行った。
民主党のバイデン候補を批判、トランプ大統領は「私に投票してくれればさらに繁栄する」と強調し支持を訴えた。
さらに「知事は州の活動を再開しなきゃいけない」。
ウィットマーミシンガン州知事を批判し「州知事を刑務所に入れろ」と大合唱が起き、トランプも「全員投獄しろ」と応じる場面もあったという。
ウィットマー知事は「ミリシア」と呼ばれる自警団の男ら13人が誘拐を計画していたことが明らかになったばかり。
トランプ大統領はツイッターで「トランプ選挙監視員のボランティアに応募して」と投稿。
現地メディアによると、投票を監視するため“選挙監視員”として5万人のボランティアを募集する計画。
トランプ軍と呼ばれる支持者たちは投票所で妨害するおそれがあると専門家は指摘。
明治大学教授・海野素央は「トランプは激戦6州で武装集団が投票所で監視することを強く望んでいる。
(バイデン)票を減らす、それが狙い」。
また期日前の投票所ではすでに妨害が始まっているところもあるという。
ミシガン州では16日、大統領選当日に投票所で銃器を公然と携帯することを禁止すると発表。
最新の世論調査:バイデンは51.3%、トランプは42.4%(リアルクリアポリティクス調べ)。
フォーサイト・元編集長・堤伸輔のスタジオコメント。
ミシガン州、ウィスコンシン州の映像。
映像提供:ロイター/アフロ。

10/19 06:31 フジテレビ 【めざましテレビ】
トランプ大統領は17日、まずミシガン州で支持者集会を開き、演説を終えると、大統領専用機でウィスコンシン州の会場に移動し、支持者に投票を呼びかけた。
選挙戦が大詰めを迎えるなか、トランプ大統領は、勝敗を左右する激戦州にターゲットをしぼり、18日も、ネバダ州やカリフォルニア州を訪れて支持者らと面会した。
このあと、大規模集会を開催する予定。

10/19 06:02 フジテレビ 【めざましテレビ】
大詰めを迎えている米国大統領選挙で、支持率で劣勢が伝えられるトランプ大統領は連日、激戦州を回って支持を訴えている。
トランプ大統領は17日、ミシガン州で支持者集会を開き、演説を終えると大統領専用機でウィスコンシン州の会場に移動し、支持者に投票を呼びかけた。
トランプ大統領は勝敗を左右する激戦州にターゲットを絞り、18日もネバダ州やカリフォルニア州を訪れて支持者らと面会。
このあと、大規模集会を開催する予定。
共和党の表記。

10/19 05:18 テレビ朝日 【グッド!モーニング】
米国・トランプ大統領は激戦州で遊説。
トランプ大統領は「バイデン政権になれば警察予算が削られて治安は悪化する」「バイデンは中国に買収されている」と口撃。
バイデン優勢の世論調査について「実態を正確に伝えていない」と強気の姿勢。
バイデン攻撃で保守系支持者にアピールするも浮動票の取り込みに課題が残る。
トランプ再選に反対する集会やデモが全米各地で行われる。
ロサンゼルスでは1000人が参加。
米国・世論調査によると、バイデン支持の理由は「トランプではないから」が56%。
デモ参加者のコメント。
米国・ウィスコンシン州、ミシガン州、ロサンゼルスの映像。

10/19 05:15 日本テレビ 【Oha!4】
米国・トランプ大統領は17日、大統領選で苦戦が伝えられている中西部ラストベルトの2つの州で支持者の集会を開き再選を訴えた。
トランプ大統領は自動車産業がさかんなミシガン州で岩盤支持層の白人の労働者らにアピールしたほか、ウィスコンシン州でも「中国依存を辞める」として米国第一主義を訴えた。
トランプ大統領は4年前の選挙で制したラストベルトで今回は軒並み苦戦している。

10/19 04:54 TBSテレビ 【はやドキ!】
米国大統領選挙まであと2週間。
トランプ大統領は17日激戦州の中西部ミシガン州で選挙集会を行った。
トランプ大統領はバイデン候補について「彼が税金を引き上げることで、米国で歴史上最大の景気後退が起きる」などと攻撃した。
その上で「私に投票してくれればさらに繁栄する」と強調し、支持を訴えた。
新型コロナからの回復をアピールした今月10日以来、激戦州で連日選挙集会を行ったトランプ大統領。
世論調査・支持率の平均(リアルクリアポリティクス)・トランプ、バイデン。
テイラースウィフト、ビリーアイリッシュ、マドンナなどがバイデン支持を声をあげた。
ホワイトハウスの映像。
ゲッティ。

10/19 03:45 TBSテレビ 【TBS NEWS】
米国大統領選挙まで2週間あまりとなるなか、トランプ大統領は激戦州で選挙集会を行い、民主党のバイデン候補を批判すると共に自らへの支持を訴えた。
トランプ大統領は17日、激戦州の中西部ミシガン州を訪れ、民主党のバイデン候補について「彼が税金を引き上げることで、米国で歴史上、最大の景気後退が起きる」などと攻撃した。
その上で「私に投票してくれればさらに繁栄する」と強調し、支持を訴えた。
集会では、トランプ氏が新型コロナ対策などで対立する民主党のウィットマー・ミシガン州知事を批判する発言をしたのをきっかけに参加者が熱狂。
「刑務所に入れろ」と繰り返し、トランプ氏がそれをあおる場面も。
知事をめぐっては、「ミリシア」と呼ばれる自警団の男ら13人が誘拐を計画していたことが明らかになったばかり。
それだけに知事は、過激な行動をあおるようなトランプの言動によって「自分や家族が危険にさらされる」と非難している。
なりふり構わぬともいえる姿勢で選挙集会を続けるトランプ。
この日はミシガン州の後にウィスコンシン州も訪れた。
大統領選まで2週間あまり、最新の世論調査では、これら激戦州の平均支持率でバイデンに5ポイント以上の差をつけられている。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.