テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【ビッグニュース】
池江璃花子が白血病を告白] (193件/週)

02/13 08:52 フジテレビ 【とくダネ!】
きのう水泳・池江璃花子がツイッターで白血病を公表。
女優・吉井怜も18歳のときに急性骨髄性白血病を発症。
吉井は「夏風邪のような症状が出た」と話した。
吉井怜のコメント。

02/13 08:47 フジテレビ 【とくダネ!】
水泳・池江璃花子が白血病を公表。
がん遺伝子治療専門クリニック院長・濱元誠栄によると、白血病は若い方が完治する可能性が上がるという。
きのう日本水泳連盟は会見を行い、上野広治副会長は「私も本人もまさかこのような病名を言われると誰も考えていなかった。
1時間もしない間に前向きな姿勢が出てきたので、この病名を発表するということも彼女なりの決断とご判断いただければ。
池江も来年の選考会に特別な猶予があるという状況は考えていないと思っている。
そのくらいの覚悟で病気とまず闘っている」と語った。
三木コーチは「早く治してまた(三木)二郎と一緒に練習ができるということを含めて頑張りたい」と話していたと述べた。
三菱養和スプリント水泳競技大会、リオデジャネイロ五輪の映像。
がん遺伝子治療専門クリニック院長・濱元誠栄、ロンドン五輪競泳銅メダリスト・立石諒、獨協大学特任教授・深澤真紀のスタジオコメント。
骨髄バンクに言及。

02/13 08:39 フジテレビ 【とくダネ!】
白血病について解説。
リンパ球の元になる細胞ががん化するのがリンパ性白血病。
一方、赤血球などの元になる細胞ががん化するのが骨髄性白血病。
急性の場合は、がん細胞が急激に成長し数カ月で急に発症。
急性リンパ性白血病の多くは小児に発症。
急性骨髄性白血病は小児でも成人でも発症。
慢性は数年にかけて発症。
悪くなるまで症状がでない。
慢性リンパ性白血病は主に50歳以上で発症。
慢性骨髄性白血病は主に50歳以上で発症。
症状:出血、倦怠感、貧血、息切れ、あざができやすいなど。
治療法:抗がん剤治療、骨髄移植。
副作用:吐き気、発熱、貧血、だるさ、脱毛、手足のしびれ。
リオデジャネイロ五輪の映像。
がん遺伝子治療専門クリニック院長・濱元誠栄、デーブスペクターのスタジオコメント。

02/13 08:31 テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】
東京オリンピックに出場するには今年、韓国・世界水泳で金メダル。
そのためには、今年の日本選手権で派遣標準記録を突破&2位以内。
または2020年の日本選手権で派遣標準記録を突破&2位以内で、東京オリンピック代表になる。
池江璃花子は「今は少し休養を取り、治療に専念」。
ナビタスクリニック新宿院長・濱木珠恵は「色々な葛藤があると思う」とスタジオコメント。
浜田敬子のスタジオコメント。

02/13 08:30 フジテレビ 【とくダネ!】
きのう水泳・池江璃花子が白血病を公表した。
池江は先月、三菱養和スプリント水泳競技大会・100mバタフライで優勝したが、タイムは自己ベストから4秒以上遅かった。
レース後、池江は「体のだるさを感じることが多くなっている」と話していた。
スポーツニッポンの記事によると、去年11月以降、池江は体が重い、だるい、眠くなると言っていたという。
先月18日から池江はオーストラリアの合宿に参加。
合宿前も「1カ月近く調子が悪くてしっくりこない泳ぎがずっと続いていた」と話していた。
ルネサンス・三木二郎コーチによると、合宿では今まで見たことのないような肩で呼吸するような場面もあったという。
今月4日にオーストラリアの病院で血液検査や心電図検査を行ったところ、再検査を勧められたという。
そのため今月10日予定の帰国を早め8日に帰国し、日本で再検査を行い白血病と診断された。
これを受け、きのう日本水泳連盟が会見を行った。
リオデジャネイロ五輪、三菱養和スプリント水泳競技大会の映像。
ロンドン五輪競泳銅メダリスト・立石諒、がん遺伝子治療専門クリニック院長・濱元誠栄、獨協大学特任教授・深澤真紀のスタジオコメント。

02/13 08:24 日本テレビ 【スッキリ】
女優・吉井怜は18歳で急性白血病に診断された。
風邪っぽい症状、熱があるなというだるさがあった。
その後、芸能活動を休止し、約1年間抗がん剤治療や放射線治療を受けた。
2001年7月に骨髄移植を決断。
母親から骨髄を移植。
入院中は、気分的に追い詰められた時はあった。
告知の時に「今は治る病気なんだ」と言った言葉が大きかった。
日本医科大学付属病院血液内科・猪口孝一大学院教授は「白血病は総合的に治りやすい」とコメント)。
吉井は約1年2か月後に退院。

02/13 08:23 TBSテレビ 【ビビット】
池江璃花子選手が、白血病を公表。
元白血病患者・吉井怜が、白血病に打ち勝つ道のりについて語った。
吉井は、約2年間の闘病生活を乗り越え白血病を克服。
池江はTwitterで「白血病は、完治する病気」と前向きなコメントもしている。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.