テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる芸能・芸術】
吉田拓郎・がん闘病明かす「もう歌えないと何度も思った」] (8件/週)

03/26 07:44 フジテレビ 【めざましテレビ】
シンガーソングライター・吉田拓郎が自身のラジオ番組で、5年前にのどのがんを患い放射線治療を受けていたことを初告白。
吉田は2014年にのどの声帯に白板症という異物が発見され、全身麻酔で手術を行い異物を取って調べたところ、がんが発見されたと話した。
2003年に肺がんを患い、摘出手術を受けたことは公表していた。
手術後は2カ月間、毎日通院して10分間の放射線治療を受け、後遺症で半年間苦痛の日々が続き、「もう歌えない」と何度も思った吉田を支えたのは妻で女優・森下愛子。
吉田はラジオで「カミさんが黙々と日常生活をおくりながら静かに僕を支えてくれて、『必ず完治するから一日一日だから』と励ましてくれた」と涙声で妻への感謝を語った。
所属レコード会社によると、詳細な病名は公表しないががんはすでに完治しており、5月23日からのツアーは予定通り開催するという。

03/26 04:33 日本テレビ 【Oha!4】
シンガーソングライターの吉田拓郎が5年前にのどにがんが見つかっていたことを自身のラジオ番組で告白した。
2か月間放射線治療を受けたという。
拓郎は2003年に肺がんを患い、その後、慢性気管支炎などたびたび病と闘ってきた。
拓郎は「もう歌えないというふうに何度も思いました」と語った。
拓郎はことし5月からライブツアーを開催する予定。

03/25 23:26 日本テレビ 【news zero】
シンガーソングライターの吉田拓郎が5年前にのどにがんが見つかっていたことを自身のラジオ番組で告白した。
2か月間放射線治療を受けたという。
拓郎は2003年に肺がんを患い、その後、慢性気管支炎などたびたび病と闘ってきた。
拓郎は「もう歌えないというふうに何度も思いました」と語った。
拓郎はことし5月からライブツアーを開催する予定。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.