テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる芸能・芸術】
藤井聡太七段「次につなげる」ひふみん&師匠・棋聖戦W解説] (83件/週)

藤井七段「棋聖戦」第3局敗れる 最年少タイトルは持ち越し(再生)

07/10 12:40 テレビ朝日 【大下容子ワイド!スクランブル】
藤井聡太七段がスランプから抜け出す転機となったのが、コロナの外出自粛期間だったという。
4月から約2カ月間、対局は延期となった。
練習対局もできず、休校で学校にも行けないため、自宅で過ごす時間が多くなった。
先月30日、藤井七段は「2カ月間対局が空いたことで、今までの自分の将棋を見つめなおすことが出来た」と話した。
先月4日、棋聖戦挑戦者決定戦でタイトルへの挑戦権を獲得した。
将棋棋士・杉本昌隆八段は「休むと強くなる、負けると強くなるタイプ」と解説。
将棋棋士・加藤一二三九段のスタジオコメント。
棋聖戦五番勝負第2局の写真。
NIAID-RML、日本将棋連盟、AIの記載あり。
ステイホーム、話題に言及。

07/10 12:32 テレビ朝日 【大下容子ワイド!スクランブル】
2019年7月の竜王戦への決勝トーナメントで、藤井聡太七段は豊島将之名人(当時)に敗れた。
2019年11月の王将戦(挑戦者)決定リーグで、藤井七段は広瀬章人竜王(当時)に敗れた。
いずれもタイトル戦への挑戦権を逃した。
敗戦後、将棋棋士・杉本昌隆八段は藤井七段と食事をした。
そこで藤井七段は珍しく弱音を吐き、「手が見えない」と話したという。
杉本八段によると「手が見えない」とは、「対局中に自分が打つべき最善の手が分からない」こと、「調子のいい時には浮かばない悪手が見える」こと。
元将棋棋士・加藤一二三九段のスタジオコメント。
ジャーナリスト・柳澤秀夫の中継コメント。
豊島将之二冠、広瀬章人八段の写真。
富岳、コロナ、ステイホーム、大山に言及。
日本将棋連盟の記載あり。

07/10 12:27 フジテレビ 【バイキング】
藤井聡太七段が史上最年少でのタイトル獲得に挑戦。
タイトル獲得年少記録は3位が渡辺明で20歳8ヵ月5日(第17期竜王戦、2004年12月28日)、2位が羽生善治で19歳3ヵ月0日(第2期竜王戦、1989年12月27日)、1位が屋敷伸之で18歳6ヵ月14日(第56期棋聖戦、1990年8月2日)。
藤井七段の今後のスケジュールを紹介。
7月13~14日、王位戦七番勝負第2局(北海道)。
16日、棋聖戦五番勝負第4局(大阪)。
19日、18歳の誕生日。
21日、棋聖戦第5局(東京)。
棋聖戦に加えて王位戦でのWタイトルもかかっている。
将棋棋士九段・屋敷伸之、土田晃之、女流二段・山口恵梨子、東国原英夫のスタジオコメント。
中原棋聖、司法試験に言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.