テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【食と健康】
レシピの紹介] (14件/週)

09/21 14:48 NHK総合・東京 【ごごナマ おいしい金曜日】
きょうのテーマは「非常時こそ“おいしい食事”を!役立つレシピと備え」。
ゲストは日本災害食学会顧問・奥田和子、防災クッキングアドバイザー・鈴木佳世子。
備蓄について。
奥田は主食(アルファ化米)、野菜(スープ、ポテトサラダ)、おやつを分けて、リビングに置いている。
ローリングストック(災害食を日頃から食べて補充)をする。
災害食は最低1週間分。
視聴者からのメッセージを紹介。
ポリ袋調理で加熱する場合、ポリ袋ならなんでも使えるのか質問。
半透明のポリエチレン製であればほぼ大丈夫。
スーパーのレジにあるポリ袋は薄い。
濱田マリ、藤井隆のスタジオコメント。
蒸しケーキ、カレー、だし巻き卵に言及。

09/21 14:36 NHK総合・東京 【ごごナマ おいしい金曜日】
きょうのテーマは「非常時こそ“おいしい食事”を!役立つレシピと備え」。
ゲストは日本災害食学会顧問・奥田和子、防災クッキングアドバイザー・鈴木佳世子。
ポリ袋で出来る「血液さらさらサバ缶カレー」のレシピを紹介。
サバ油で血流が良くなる。
カレーのスパイスで代謝がアップする。
材料はサバ缶、トマトペースト、カレールー、たまねぎ、ショウガ、ニンニク、水、七味とうがらし。
ツナ缶でも代用可能。
卵は常温での保存も可能。
災害時の貴重なタンパク源。
ポリ袋で出来る「簡単だし巻き卵」のレシピを紹介。
材料は卵、めんつゆ、水。
ご飯も湯せんで炊ける。
材料は米1合、水同量。
湯せんで作った「黒豆の蒸しケーキ」を紹介。
材料はホットケーキの素、抹茶、砂糖、マヨネーズ、牛乳、黒豆。
北海道地震、野菜に言及。

09/21 14:27 NHK総合・東京 【ごごナマ おいしい金曜日】
きょうのテーマは「非常時こそ“おいしい食事”を!役立つレシピと備え」。
ゲストは日本災害食学会顧問・奥田和子、防災クッキングアドバイザー・鈴木佳世子。
アルファ化米のアレンジ術を紹介。
アルファ化米とは、お湯や水を注ぐだけで作れるご飯。
野菜ジュースでアルファ化米を戻す。
野菜ジュース以外にも使えるものは好きな飲み物。
濱田マリ、藤井隆のスタジオコメント。
トマト、熊本地震、カップ麺に言及。

09/21 14:21 NHK総合・東京 【ごごナマ おいしい金曜日】
きょうのテーマは「非常時こそ“おいしい食事”を!役立つレシピと備え」。
ゲストは日本災害食学会顧問・奥田和子、防災クッキングアドバイザー・鈴木佳世子。
ポリ袋は被災地で大活躍。
ポリ袋のメリットは手が汚れないこと。
袋のまま食べられるので食器がいらない。
切り干し大根を使った便秘対策「食物繊維たっぷりの乾物サラダ」のレシピを紹介。
おいしい災害食のポイントは、長期保存できる万能食材、乾物を使う。
手軽に味付けできるすし酢を使う。
材料は、切り干し大根、乾燥ひじき、ツナ缶、コーン缶、水煮大豆缶、ごま、すし酢、塩、オリーブオイル、コショウ。
ポリ袋で出来る「食物繊維たっぷり乾物サラダ」の完成。
JA、よしもと、北海道地震に言及。

09/21 14:17 NHK総合・東京 【ごごナマ おいしい金曜日】
きょうのテーマは「非常時こそ“おいしい食事”を!役立つレシピと備え」。
ゲストは日本災害食学会顧問・奥田和子、防災クッキングアドバイザー・鈴木佳世子。
災害食の3つのステップを紹介。
ステップ2「1週間後」(ライフラインが回復し始める時期)は温かい物が食べたくなる。
レトルトや缶詰など。
大事なのは栄養のバランス。
ステップ3「1か月後」は新鮮な物が食べたくなる。
生野菜や肉、魚など。
大事なのは普段の食事。
西日本豪雨災害での炊き出しの映像。
岡山・倉敷・真備、免疫力に言及。

09/21 14:13 NHK総合・東京 【ごごナマ おいしい金曜日】
きょうのテーマは「非常時こそ“おいしい食事”を!役立つレシピと備え」。
ゲストは日本災害食学会顧問・奥田和子、防災クッキングアドバイザー・鈴木佳世子。
被災地での食事で大切なことは「とにかく“おいしい”が大切」、「おいしい食事がストレスを和らげる」。
被災地で食事を楽しむ秘けつは「自分らしくおいしく」。
災害食の3つのステップを紹介。
ステップ1「発災直後」は、封を開けたらすぐ食べられる物。
乾パン、ビスケット、栄養調整食品など。
準備のポイントは「大好物を入れておく」。
フルーツみつ豆を紹介。
濱田マリ、藤井隆のスタジオコメント。

09/21 14:05 NHK総合・東京 【ごごナマ おいしい金曜日】
非常時に役立つ災害食を紹介。
ドライカレー、牛丼、まつたけご飯、さばのみそ煮を紹介。
まつたけご飯とさばのみそ煮はお湯だけでできる。
牛丼は水も火も使わずに、発熱剤で具材を温めることができる。
温め方を紹介。
きょうのテーマは「非常時こそ“おいしい食事”を!役立つレシピと備え」。
視聴者からのメールやFAXを募集。
テーマは「被災地へのメッセージ」「もしもの時の疑問質問」。
ゲストは日本災害食学会顧問・奥田和子、防災クッキングアドバイザー・鈴木佳世子。
奥田は阪神淡路大震災で被災したことをきっかけに災害食を研究し、各地で講演を行っている。
鈴木も阪神淡路大震災で被災し、避難所で自炊支援活動を行っている。
阪神淡路大震災の時の状況を聞く。
阪神淡路大震災をきっかけに災害食が進化。
アレルギー対応、高齢者用の災害食も広がった。
災害食と非常食の違いを説明。
熊本・益城町での自炊支援の映像。
濱田マリ、藤井隆のスタジオコメント。
自然災害、スーパー、コンビニ、液状化現象、地震、野菜に言及。

09/21 11:16 NHK総合・東京 【ひるまえほっと~関東~】
中高生向け「おもてなし親善大使」育成講座を取材。
弘中耀大は去年抽選漏れし、今年は念願の受講となった。
この1年学校の授業の他にラジオの英会話講座などで必死に勉強し、英会話の力を鍛えてきた。
研修では観光地を周りながら英語で案内する方法を学ぶ。
移動のバスでも英語漬け。
まずはプロのガイドから自己紹介を学ぶ。
続いて都庁を訪れ、ベテランのボランティアアイドから声のかけ方を実戦で学ぶ。
東京都と組織委員会で想定される専門スタッフというものもある。
医療、通訳、ドライバー、警備、清掃、飲食サービスがあり、中でも料理人の不足が心配されている。
そこで今、料理に携わる人に技術を尽くして参加して貰おうという取り組みも始まっている。
日本を代表するフランス料理シェフ・三國清三は2020年東京五輪パラリンピック組織委員会で顧問を務める。
三國が今年6月に始めたのは、自らの調理手順を動画で配信する有料のサービスで、オリジナルのレシピと調理の技をプロの料理人にむけて公開している。
この取り組みには食の世界を牽引する者としての使命感があった。
三國の師匠は前回の東京五輪で総料理長を務めた村上信夫。
多くの料理人が五輪に関われるよう若手の育成に力を注いだ。
三國はその姿に習いたいと考えている。
弘中耀大、ボランティアガイド・長谷川紀夫、フランス料理シェフ・三國清三のコメント。
都庁の映像。

09/20 11:38 フジテレビ 【FNNプライムニュース デイズ】
宅配便取り扱い個数のグラフ(国交省)を紹介。
過去5年間の宅配便取り扱い個数はネット通販の影響で年々右肩上がりに増加し、昨年度は42億5100万個にのぼっている。
このうち再配達は全体の15%。
再配達だけでもトラック運転手9万人の労力に相当するとのデータもある。
その中で注目され始めているのが、インターネットで購入した品を近所の店(酒店、カラオケ店、ジム、カフェなど)で受け取れるシステム。
新サービスを始めたのはレシピサイトの運営会社「クックパッドマート」。
アプリで注文、生鮮食品の受け取りが可能で、ユーザーにレシピと食材を同時に提供するのが狙い。
食材提供は地元の精肉店、鮮魚店、農家など。
受け取り側の店は客の“ついで買い”に期待を寄せる。
クックパッド買物事業部・福崎康平部長、鶏肉専門店「信濃屋」・石坂佳容子、なんでも酒やカクヤスBtoC商品販促部・泊将誉課長のコメント。
鶏肉店「信濃屋」(東京・品川区)、酒店「カクヤス」(東京・目黒区)の映像。

09/20 09:34 NHK総合・東京 【あさイチ】
洋食レストランオーナーシェフ・大宮勝雄が「巻かずにつくるロールキャベツ」のレシピを紹介。
上村海成、小関裕太のスタジオコメント。
たんぱく質、ギター、電子レンジ、トマトジュースに言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.