テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる出来事】
(NEW)撤回求める・電気グルーヴ“自粛”に] (8件/週)

“ピエール瀧作品” 音楽聞く自由を求め署名6万超(19/04/15)(再生)

04/15 21:39 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
ミュージシャン・俳優・ピエール瀧被告が、コカインを使用したとして逮捕、起訴された事件。
レコード会社が、瀧被告が活動している電気グルーヴの作品の出荷停止などを行っていることについて、対応の撤回を求める6万4000人余りの署名が集まり、レコード会社に提出された。
発起人の1人は「作品は作り手だけでなく、受け手の財産でもある。
好きな音楽選ぶ自由を回復してほしい」と述べた。
署名の提出を受けたソニーミュージックレーベルズは「たくさんのファンの方々に愛されていることを改めて認識した。
今後の裁判の行方などを見守りながら、次の判断を検討していきたい」とコメントしている。

04/15 20:56 BS1 【BSニュース】
ミュージシャンで俳優のピエール瀧被告がコカインを使用したとして逮捕、起訴された事件を受け、レコード会社が作品の出荷停止などを行っていることについて、対応の撤回を求める6万4000人余の署名が提出された。
瀧被告が活動してきた電気グルーヴのCDやDVDなどについて、レコード会社・ソニーミュージックレーベルズは出荷を停止し店頭からも回収するなどの対応を取っている。
これに対して撤回を求める署名がレコード会社に提出された。
インターネット上で署名活動が行われ、今月10日までの間に世界79か国から集まった6万4606人の署名がレコード会社に提出された。
ソニーミュージックレーベルズは「電気グルーヴがたくさんのファンに愛されていることを改めて認識しました。
出荷停止などの措置については捜査や裁判の行方を見守りながら、次の判断を検討していきたいと考えています」とコメントしている。
発起人の1人・社会学者・永田夏来は「リスナーが好きな音楽を選ぶ自由を回復してほしい」とコメント。

04/15 18:54 フジテレビ 【Live News it!】
コカイン使用の罪で起訴されたピエール瀧被告が所属する電気グルーヴのCDなどが回収・出荷停止されたのを受け、学者らが「作品は受け手の財産でもある」として、回収撤回を求めるおよそ6万4000人の署名をソニーミュージックレーベルズに提出した。
ピエール瀧被告、東京・千代田区・ソニーミュージックレーベルズの映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.