テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる出来事】
白血病などの新薬・保険適用・国内最高額] (20件/週)

【報ステ】保険適用へ・・・白血病治療1回3349万円(19/05/15)(再生)

「投与1回3349万円」白血病治療 何故こんなに高い(19/05/15)(再生)

白血病新薬「キムリア」 1回3350万円 保険適用に(19/05/15)(再生)

05/15 23:44 フジテレビ 【FNN Live News α】
最先端のがん免疫療法による白血病治療の新薬キムリア。
米国での価格は約5000万円。
国内価格約3349万円で了承された。
従来の治療が効かなかった一部の白血病患者を対象とした薬で、1回の投与で効果が期待できるという。
治験では呼吸困難などの副作用が見られるも約8割の患者に効果があったという。
22日~保険適用で自己負担に上限を設ける「高額療養費制度」が利用可能になる。
70歳未満で年収約370万~770万円の場合、自己負担は約40万円。
残りの約3300万円は公的保険で賄われるため財政への影響が懸念されている。
健康保険組合連合会はきょう「医薬品の保険給付範囲のあり方を根本的に見直す時期に来ているのではないか」とした。
一方厚労省は投与が見込まれる患者数は年間216人(ピーク時)と多くはないため費用負担の影響は限定的としている。
悪性リンパ種を患い3年前に治験に参加した女性、健康保険組合連合会・幸野庄司理事のコメント。
厚労省、ノバルティスファーマ提供の映像。
ボストンコンサルティング・森田章のスタジオコメント。

05/15 23:21 NHK総合・東京 【ニュースきょう一日】
ことし、国に承認された最新のがん免疫療法による白血病などの新薬について中医協・中央社会保険医療協議会は、臨床試験で高い効果が報告されているなどとして公的な医療保険を適用することを決めた。
1回当たりの薬の価格はおよそ3350万円。
現在、国内で保険が適用されている薬で最も高くなる。

05/15 22:51 BS1 【BSニュース】
医療保険が適用されるのは大手製薬会社・ノバルティスファーマが申請していた白血病などの新薬「キムリア」。
がん患者の体内からT細胞と呼ばれる免疫細胞を取り出し、がん細胞を攻撃する力を高める遺伝子を組み込んで体内の戻す「CAR-T細胞療法」に使うもので、一部の白血病などの治療に効果があるとして、今年3月国の承認を受けていた。
厚生労働相の諮問機関・中医協(中央社会保険医療協議会)はきょう総会で協議し、「米国やヨーロッパなどではすでに承認され、臨床試験で高い効果が報告されている」などとして、今月22日から医療保険を適用することを決定。
対象は標準的な治療法の効果が期待できなくなった25歳以下の一部の白血病などの患者で、国内では年間200人余と見込まれる。
中医協では1回あたりの薬の価格を3349万円と決めた。
厚生労働省によると現在、国内で保険適用の薬では最も高額。
患者が医療費として払う額には上限が設けられ、超過分は保険料と税金などで賄われるため、専門家などからは「高額な医薬品への保険適用が相次げば医療保険財政に影響を与えかねない」と懸念も出ている。
ノバルティスファーマのホームページより。
中医協の総会の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.