テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる出来事】
事故を繰り返さないために] (8件/週)

05/15 23:25 NHK総合・東京 【ニュースきょう一日】
大津市で保育園児の列に車が突っ込み、2人が死亡した事故からきょうで1週間。
事故を繰り返さないためにどうしたらいいのか。
おととし交通事故で死亡した人のうち、歩行中または自転車に乗っていた人がほぼ半数を占める(警察庁)。
人口10万人当たりに換算した場合、先進7か国の中で最悪。
ガードレールやポールの設置には課題がある。
国土交通省によるとガードレールは車線を逸脱する車を防止するため設置される。
国土交通省は、今回のような交差点に設置する場合、真正面から衝突することも考えられるほか、横断歩道を渡る人の障害になるため設置は難しいとしている。
国土交通省によるとボラードと呼ばれるポールは特定の場所への車の進入を防ぐために運転手に注意を促すもので、突っ込む車を止めるような目的は想定されていないとの答え。
ボラードを製造しているメーカーによるとテロ対策用ボラードは1本何十万円。
大津市での事故を受け、各地で保育園周辺を改めて調べて対策を考える動きが進んでいる。
市民が声を上げたことで、対策が進められたケース。
ネットに言及。

05/15 21:03 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
保育園児2人が犠牲になった滋賀・大津市の交差点では、容疑者が立ち会い警察が当時の状況を確認した。
車の進入を防ぐガードレールが設置できない交差点付近で、車が歩道にいた園児と保育士の列に突っ込んだ。
交差点の安全対策として今、注目されているのが車止めのポール。
滋賀県・三日月知事は「速やかに対策を実施したい」、岡山・岡山市・大森市長は「スピード感を持ってやりたい」とコメント。
犠牲を防ごうと、交差点付近にポールを設置しようという動き。
ポールについて国土交通省は「ポールは事故防止の目的は想定されていない。
ガードレールのように設置基準もない」と回答。
ガードレールは、事故を防ぐ道路施設の一部として、国が強度や構造、材料について一定の設置基準を定めている。
ポールについてはそれがない。
ポール製造会社「帝金」・奥田浩也営業統括部長は「車を止めること自体を考えていないもの。
“抑止”という形がほとんど」と述べた。
メーカーには大津市の事故のあと、事故防止に使えないかという問い合わせが寄せられている。
画像提供・国土交通省国土技術政策総合研究所。
「ガードレール強度」実験、「帝金」のホームページの映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.